未分類

そばかすとは何?その原因や対策に迫る!

投稿日:

そばかすで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そばかすはシミの一種であることに間違いはありませんが、一般的なシミと比べると発生原因において明らかに異なる違いがあります。

ここではそんなそばかすについて、その原因や対策についてご紹介したいと思います。

 

●●そばかすとは何か?

そばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」というシミの一種です。

数mm程度の大きさで、目の下から鼻にかけて多く見られるのが代表的なそばかすの姿ではないでしょうか。

一般的にそばかすは遺伝の影響が大きいと言われており、そばかすを持つ両親や家族がいる場合、そばかすの現れる確率は高いとされています。

このためそばかすは幼少の頃から見られるケースが多く、子どもの頃は薄くても思春期にかけてだんだん濃くなり、大人になると徐々に薄くなっていく傾向があるのが一般的です。

しかしそばかすは遺伝だけで決まるものでもなく、紫外線などの刺激の影響を受けることも指摘されており、適切なケアをすることがそばかす対策のカギとなっています。

 

●●そばかすの対策すべき原因はどこにある?

そばかすはシミの一種ですが、他のシミとの一番の違いはその発生において遺伝的要素があるということです。

遺伝なので親がそばかす持ちの場合、その子どももそばかすができやすいということになります。

そばかすの特徴としては、通常のシミよりも小さな数mmほどのシミがたくさん現れることにあります。

現れやすい場所としては鼻から頬にかけた目の下部分によく見られる傾向にありますが、顔以外に現れることも珍しくありません。

年齢的に見てみると、そばかすは子どもの頃から見られるのが普通で、思春期あたりをピークに濃くなっていき、その後は次第に薄くなっていくケースが多いようです。

ちなみにそばかすを形成しているのは、他のシミと同様にメラニン色素です。

したがってそばかすは紫外線の影響を受けやすく、紫外線を浴びると症状が悪化し濃くなってしまうので注意が必要です。

また過度に肌に刺激を与えることもそばかすを濃くしてしまう原因となるので、こちらも禁物です。

 

●●そばかすの対策と紫外線の関係

そばかすは遺伝の影響を受けるため、その発生については自分でコントロールすることはできません。

しかし運悪くできてしまったそばかすをそれ以上悪化させない、改善するための対策を施すことはできます。

そのそばかす対策として最も大きなことと言えるのが紫外線対策です。

紫外線対策をきちんと行うことでそばかすが濃くなるのを抑えることができます。

紫外線を抑えることは肌内部のメラニン色素の増殖を抑えるだけでなく、コラーゲンの破壊に代表される肌の劣化も防いでくれます。

紫外線は肌の乾燥やシワの原因にもなりますし、とにかくお肌の大敵とも言える存在なので、そばかすもさることながらお肌の健康を保つためにも、しっかり紫外線対策をすることが大切です。

外出の際には日傘やサングラスを用意するとともに、日焼け止めもしっかりと塗って紫外線からお肌を守りましょう。

 

●●そばかす対策に有効な美容成分


そばかすはメラニン色素からできていることは前述の通りです。

通常、お肌の内部でできたメラニン色素はお肌の新陳代謝のサイクルであるターンオーバーによって徐々に外側に押し出され、体外に排出されます。

このためターンオーバーが正常であれば、自然にメラニン色素は無くなってくれます。

しかし何らかの原因で色素沈着してしまったり、肌のターンオーバーが乱れてしまったりすると、メラニン色素の排出がうまくいかず残ってしまうことになります。

一般的にそばかすを100%消し去ることは難しいと言われていますが、薄く目立たなくすることは可能です。

ここではそのそばかす対策として有効な美容成分についてご紹介します。

◆チロシナーゼ酵素を抑制する成分
メラニン色素はメラノサイトという色素細胞によって生成されますが、メラニンはチロシンと呼ばれる物質がチロシナーゼという酵素の働きにより生成されます。

したがってチロシナーゼを抑制すればメラニン色素の生成を抑えることができます。

このタイプの主な成分としては、ビタミンC誘導体、リノール酸、プラセンタ、コウジ酸、アルブチンなどがあります。

◆メラノサイトそのものを抑制する成分
メラノサイトは表皮の一番奥、基底層に存在する色素細胞で、ここからメラニン色素は作り出されます。

色素を作り出す工場とも言うべきメラノサイトは、表皮細胞の約8%、すなわち1割近くを占めていることから、このメラノサイトの活動を抑えることはシミやそばかすを悪化させない対策としてとても有効です。

メラノサイトの活動を抑える成分としてはトラネキサム酸が有効です。

トラネキサム酸と言えば歯磨き粉に含まれる止血成分として耳にしたこともあるのではないでしょうか?

トラネキサム酸の持つ抗炎症作用がメラノサイトの活動を抑え、メラニン色素の増殖を防いでくれます。

◆メラニンを還元する成分
今までご紹介した成分はメラニン色素を増やさない働きを持つものであり、メラニン色素をなくすものではありませんでした。

これに対しメラニンの還元成分は、酸化して黒くなったメラニン色素を還元作用によって無色化する働きがあるので、そばかすを消したり薄くしたりする効果が期待できる成分です。

この代表選手とも言える存在がハイドロキノンです。

強い還元作用を持ち、そばかすを無色化する効果とともにチロシナーゼやメラノサイトの働きを抑えてメラニン色素の生成を抑える効果も持ち合わせています。

またビタミンC誘導体にも還元作用があるのでシミ消しに役立つとともに色素沈着も防いでくれます。

 

●●そばかすの日常的な対策について

そばかすは遺伝と関係していることは何度もご紹介してきました。

遺伝は何ともしがたいものですが、そばかすを発生・悪化させる要因はそれだけでなく、日頃のスキンケアや生活習慣なども大きく関わっています。

ここでは、日頃からできるそばかすの対策についてご紹介します。

◆紫外線対策
そばかすは紫外線の影響を受けて増えたり濃くなったりするため、紫外線対策は必須です。

また、紫外線はお肌にとっては諸悪の根源とも言えるもので、肌にダメージを与え老化を早めます。

自分に合った紫外線対策用の化粧品や日焼け止めクリームなどを選び、紫外線からお肌を守ることが何より大切です。

◆スキンケア
スキンケアをしっかり行ない、健康な肌を保つことはシミやそばかす以前にとても大切です。

健康な肌はターンオーバーが正常に行なわれ、シミやそばかすの元になるメラニン色素も排出しやすい状態となっています。

ターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素の排出もうまくいかないため、そばかすが残ってしまいます。

肌に刺激を与えないように優しくしっかりと汚れを落とし、化粧水、美容液を用いてしっかりと保湿するように努めましょう。

スキンケアは何といっても保湿が大切です。

◆健康的な生活習慣
肌の健康を維持するためには、まずは身体そのものが健康でなければいけません。

そのためには栄養バランスの取れた食事を摂り、睡眠もしっかり取ることを心がけましょう。

寝不足がお肌の大敵であることは言うまでもありません。

こうした生活習慣は肌の状態にとても影響を与えるので、ぜひとも健康的な生活を送るようにしたいものです。

また、ストレスを抱え込んでしまうのも禁物です。

ストレスはホルモンバランスを崩し、体調不良を誘発します。

心身共に健康体でいられるよう生活習慣を見直してみましょう。

 

●●まとめ

そばかすはシミの一種ですが、その発生は遺伝と関係のあることが知られています。

しかしそばかすは遺伝だけではなく、生活環境によっても影響を受けることがわかっています。

特に紫外線はそばかすを悪化させるため、その対策はしっかり行うことが大切です。

またそばかすを消したり目立たなくする化粧品などもありますが、一番大切なのは毎日のスキンケアと健康的な生活習慣です。

シミやそばかすを対策するためには、まずは健康な身体、健康な肌でいることを心がけましょう。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.