未分類

シミをできにくくするための体質改善について調査!

投稿日:

誰にとってもシミはいやなものですが、できてしまってから何とかしようと思うより、シミを作らないよう防ぐことが得策と言えそうです。

シミ対策と言えば紫外線対策を思い浮かべますが、それ以前にシミができやすい体質というのもあるので、その体質を知ることも対策する上では欠かせません。

そこで今回は、シミができやすい体質とその体質を改善する方法についてご紹介します。

 

●●シミができる体質とメカニズム

シミはたくさんのメラニンが色素沈着してできたものです。

このためメラニンの生成を抑えることはシミを防ぐことにつながります。

メラニンは肌の表皮部分の基底層にあるメラノサイトという色素細胞によって生み出されます。

表皮が紫外線を浴びると、メラノサイト活性因子という情報伝達物質によってその情報がメラノサイトへ伝達されます。

するとメラノサイト内ではチロシンと呼ばれるアミノ酸がチロシナーゼ酵素の働きによってドーパキノンという物質に変化し、最終的にメラニン色素が生成されます。

メラノサイトで生成されたメラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバーによって体外に排出されてしまうのですが、何らかの原因により過剰に生成されてしまうと、排出されず表皮細胞であるケラチノサイトに蓄積・沈着することとなってしまいます。

シミはこうして作られます。

 

●●シミの主な種類

一口にシミと言っても色々な種類のシミがあります。

ここではシミの種類についてご紹介します。

◆肝斑(かんぱん)
肝斑は目の下から頬、または口の周りなどにできる、左右対称に現れるシミです。

このシミは高齢になってからというより、30~40歳辺りの年代にできることが多いシミです。

肝斑は妊娠やストレスなどホルモンバランスが乱れるとできやすいと言われています。

◆老人性色素斑
老人性色素斑は40代以降に発生の多いシミで、色は褐色でシミの境界線がハッキリしているのが特徴です。

このシミは紫外線の当たるところに発生し、過去十数年前に受けた紫外線のダメージによって作られるものです。

老人性色素斑は日光黒子とも呼ばれます。

◆そばかす
そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれるシミの一種で、主に頬から鼻にかけてできる1~4mm程度の小さなシミの集まりです。

そばかすは遺伝の要因があり、親にそばかすがあると子どもにも表れる確率が高くなることが知られています。

幼少の頃から発生したそばかすは思春期をピークに濃くなり、その後薄くなっていく傾向も見られます。

◆炎症後色素沈着
炎症後色素沈着は、皮膚が何らかの強い刺激を受けて炎症を起こし、色素沈着してしまった状態を指します。

主な原因としてはニキビや火傷、虫刺されなどが挙げられます。

基本的には肌のターンオーバーによって治るシミなのですが、ターンオーバーが乱れた状態ではそうもいきません。

 

●●シミができやすいのはどんな体質の人?


シミのできやすさは外的な要因だけでなく、人それぞれが持つ体質も関係しています。

ここではシミのできやすい人はどんな体質の人に多いのか、その一例をご紹介します。

◆色白な人
肌の色が白いのはメラニン色素が少ないということになりますが、裏を返せば紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されやすいということになります。

メラニン色素が多ければそれだけシミができるリスクが大きくなります。

◆冷え性・肩こり持ちの人
冷え性や肩こりの原因はずばり血行不良です。

血行が悪いと体温調節がうまくいかず手足が冷たくなったり、肩こりを生じたりします。

血流が滞ってしまうと、肌に栄養や酸素が行き渡らず新陳代謝も鈍るため、肌の健康にとって非常に重要なターンオーバーと呼ばれる再生サイクルもうまく機能しなくなります。

ターンオーバーが乱れた状態では、シミの原因であるメラニン色素はうまく体外へ排出されず、表皮に残ってしまうことになります。

◆遺伝によるシミ
シミのできやすさは元々のメラニンの量など、肌の性質も大きく影響を及ぼします。

肌質をはじめとする体質は遺伝によって親から引き継がれるケースも多くみられます。

シミのできやすさそのものが遺伝するわけではありませんが、肌質・体質が遺伝することで結果的にシミのできやすさも遺伝の影響を受けることになります。

シミは基本的には紫外線などの後天的な要因によって発生するものですが、そばかすなど遺伝によって生じるシミもあります。

◆男性より女性にできやすい
男性と女性を比べると女性の方がシミができやすい傾向にあります。

その理由は女性ホルモンにあります。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の 2種類があり、このうちプロゲステロンは色素細胞であるメラノサイトを刺激してメラニン色素の生成を促す作用があります。

このためホルモンバランスが崩れてプロゲステロンが過剰に分泌されると、シミができたり濃くなったりする現象が見られます。

妊娠中にシミができやすいと言われるのは、このプロゲステロンの影響によるためです。

 

●●シミをできにくくするための体質改善法

これまでシミができやすい体質についてご紹介してきました。

体質だからといって諦めてしまっては防げるシミも防ぐことができません。

体質を改善することができれば、余計なシミも作らずに済みます。

ここではシミを作りにくい体質となるための改善方法についてご紹介します。

◆栄養をしっかり摂る
シミに限らず体質を変えるためには、まずは何といっても食事です。

必要な栄養をしっかり摂る食事を心がけましょう。

特に肌の老化はシミを促進させてしまいますから、肌の老化を防ぐ栄養を摂取するようにしましょう。

老化の元となるのは活性酸素ですから、ポリフェノールやビタミン類などの抗酸化作用を持つ栄養素はとても有効です。

またビタミンCはメラニン色素の沈着を押さえてくれるとともに、ハリのある若々しい肌へと導いてくれる栄養素なので、しっかりと摂るようにしましょう。

◆睡眠を十分にとる
「寝不足はお肌の大敵」と言われるほど、睡眠は身体や肌の健康にとって欠かせない大切なものです。

睡眠中はメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

このホルモンは抗酸化作用が強く、老化防止・シミ予防などに効果を発揮します。

また睡眠不足は肌のターンオーバーを狂わせる要因にもなるため、肌の状態を悪化させることにもつながります。

健康な肌を保つために夜は最低でも6時間、しっかりと睡眠をとることが大切です。

◆運動を行う
適度な運動は健康を維持するためには欠かせません。

運動することによって身体の新陳代謝が促進され、血行も良くなるので肌にとってもいいことずくめです。

無理に激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなど手軽にできることを少しづつ行いましょう。

大切なのはそれを習慣づけて長く続けることです。

無理のない範囲で身体を動かすようにしましょう。

◆血行の促進に努める
血行を良くすることは肌を健康な状態へと導いてくれるため、シミもできにくくなります。

血行を良くするためには、まず食べ物に気を配りましょう。

例えば、納豆は血液中の血栓を予防・改善してくれますし、玉ねぎには血液サラサラ効果、人参には血管拡張の効果などがあり、血行を良くしてくれる食材は身近にたくさんあります。

また食べ物以外にも適度な運動や睡眠なども血行を良くすることにつながるので、規則正しい生活習慣を身につけるように努めましょう。

 

●●まとめ


シミにはいくつかの種類がありますが、その元となっているのはメラニン色素で、これが沈着するとシミとなります。

シミは紫外線などの外的な要因で作られますが、色白であったり血行が良くないなどといった体質の人はシミができやすいと言われています。

こうしたシミのできやすい体質は遺伝的なものもありますが、食生活や睡眠、運動など、生活習慣を見直すことで改善することができます。

また、こうした体質改善はシミのためだけでなく、自分の健康そのものに関わることでもあります。

体質だからとあきらめないで、ぜひともシミのできにくい体質改善を目指して頑張ってください。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.