未分類

シミって消せる?シミの予防・ケア対策について

投稿日:

顔や身体などの、他人から見えるところに限って現れてしまう、シミ。化粧では隠れないこともあり、せっかくオシャレなどをしてもこれがあるとテンションがさがってしまいますよね。

そんな「シミ」とはどのようなもので、予防や改善にはどのような対策があるのでしょうか。この記事では、シミとはどのようなものであるか、また、どういった対策が出来るのかをお伝えしていきます。

シミとは?

シミの種類

一言にシミといっても、実はいくつもの種類があることはご存知でしょうか?

まずは、シミにはどういった種類があるのかご紹介させて頂きます。

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

「日焼け記憶じみ」とも呼ばれているしみです。一般的に言われるのはこのシミのことで、シミの中では最も多いとされています。老化現象の一つと考えられており、骨格の高い位置に出来やすく丸い形をしていることが多いです。最初は薄い色から始まり、だんだんと濃くなっていきます。「老化現象」だけあって、対策はなるべく若いうちからした方が効果的です。

・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

「肌荒れ記憶じみ」とも呼ばれており、皮膚の炎症や傷が色素沈着したものです。にきび跡、傷跡、虫刺されや脱毛後など、肌の炎症が治る過程で消えていくはずの痕跡が残ってしまったものになります。炎症を鎮め美白していくことにより、薄くなることが期待できます。

・肝斑(かんぱん)

別名、ぼんやりじみとも言われています。目の下などに左右対称に現れることが多く、色は茶色や灰色など様々です。シミの現れ方が肝臓の形に似ているので「肝」という漢字が入っているものの、肝機能が起因するものではありません。このシミの原因は実は解明されておらず、憶測としては妊娠や閉経時などのホルモンバランスの変化ではないかと言われています。

・雀卵斑(そばかす)

名前の由来は漢字の通り、スズメの卵に似ているということから。目の下に細かく現れることが多いです。遺伝子が原因であることが多いため、このシミの対策は難しいとされています。白人に多く見られるように、色白の人に多く見られます。

・脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

別名「出っ張りジミ」と呼ばれており、皮膚表面に膨らみが伴います。医学的には、良性腫瘍と呼ばれているため、紫外線に当たったり放置をすると大きくなっていきます。

こちらのシミはセルフケアでの対策は難しいとされており、医療レーザーなどが有効です。

・花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

強く浴びてしまった日焼けが原因で、顔、首、肩、腕などに現れる「花びら状」のシミになります。海などでの日焼けはもちろん、雪焼けなどの強い紫外線も原因になります。

このシミに関しては、メラニンが肌の奥底である真皮という部分まで到達してしまっているために、セルフケアの効果は期待できません。

 

 

シミの原因

・老人性色素斑の原因:紫外線、加齢

「日焼け記憶じみ」とも呼ばれているくらいですので、一番の原因は紫外線などによる日焼けになります。

・炎症性色素沈着の原因:ニキビ跡、傷跡、虫刺され、脱毛などの炎症

「肌荒れ記憶じみ」という呼び名からもわかる通り、肌の炎症が原因になります。

・肝斑の原因:原因不明

肝斑に関しては公にされた原因は分かっていません。ですが、先述の通りホルモンバランスとの関連性があると考えられています。

・雀卵斑の原因:遺伝子(体質)

そばかすは遺伝子により現れることが多いため、化粧品などによる効果は薄いとされています。

・脂漏性角化症:紫外線

紫外線により大きくなる可能性があるものの、一般的なシミとは違い美白ケアは効果がありません。

・花弁状色素斑:強烈な紫外線

強く浴びてしまった日焼けが原因になります。海水浴やウィンタースポーツの際は是非紫外線対策をおすすめします。

シミを予防するには

日焼け止め

当たり前のお話にはありますが、日焼け止めによる対策は重要です。

あなたのお肌に相性が良く、かつ生活スタイルに寄り添ったものを選びましょう。

例えば、日中殆ど室内で過ごすOLさんなどは紫外線に触れる時間は短いため肌への優しさを優先したほうが良いですし、屋外で過ごすことの多い方は紫外線防止効果の高いものを選ぶのが適当でしょう。また、紫外線にはUVAとUVBというものがあるので、その双方を遮断してくれるものを選んでください。

・SPFとPA値

【SPF】

UVBを「どれほどの時間」カットできるのかというものです。1SPFにつき15~20分カットになるので、例えばSPF30という表記であれば最大10時間日焼け止め効果が見込めます。

【PA値】

UVAを「どのくらい(の定量で)」カットできるかというもの。

日焼け止め商品などのSPFの右隣に表記されている「+」と書かれている値のことです。

また、日焼け止めの塗り漏れもあるのでこまめに塗りなおし、室内でも日が射すところでは対策をするようにしましょう。

食生活に気を遣う

シミ対策には、内側からのケアも効果的です。

【シミ対策に効果がある成分】

・ビタミンA、C、E

鶏肉、豚肉、牛レバー、アボカド、カボチャ、人参など

・オメガ3系脂肪酸

鮭、まぐろ、ホウレンソウ、大豆など

・ポリフェノール

りんご、ぶどう、チョコレート、ブルーベリー、ワインなど

出来てしまったシミの対策

セルフケアが効果的なシミの種類

先述でシミには種類があるとお伝えしましたが、実は、セルフケアに効果があるシミとそうでないシミとがあります。セルフケアで薄くできる可能性の高いシミは下記になります。

・老人性色素斑

・炎症性色素沈着

・肝斑

基本的には、紫外線やケガなどの刺激により後天的に出来てしまったものは治しやすいものの、遺伝子や体質など内的要素が起因して出来てしまったものは治すのが難しいといえます。

 

シミ対策化粧品

ハイドロキノンや美白有効成分を配合している化粧品が有効となります。

特に、医薬部外品として認められているものは国の基準をクリアしているものになります。

美容医療

セルフケアに効果がない場合、高額にはなりますが医療の力を借りてみるのも一つの手です。即効性や効果を求めるのであれば医療レーザー、徐々に治したい場合やお悩みがそれほど深刻でない場合は塗り薬や飲み薬を処方してもらいましょう。

ただし、レーザーの場合「ダウンタイム」と呼ばれる肌再生期間を見る必要があります(3~6か月程)ので、イベントごとに備える場合は早めの治療を検討してください。

まとめ

環境の変化などで、紫外線対策が以前よりも懸念されているこの時代、シミは多くの方の悩みの種になっています。とはいえ、あまり気にしすぎてもストレスにより肌状態は悪化してしまうので、気にしすぎないようにお手入れを楽しんでみてくださいね。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.