未分類

ブルーライトが肌にダメージ!気になる美容への影響とは?

投稿日:

スマートフォンやパソコンなど、私たちの生活にはなくてはならない電化製品。便利な一方で、これらが発するブルーライトの身体への悪影響は近年議論されてきました。ブルーライトは目から入ってくるため、視力が下がったり眼精疲労に繋がることなどは一般的にも懸念されていますよね。ですが、ブルーライトの影響は実は目だけにとどまらず、健康や美容にまで被害が及ぶ可能性があるのです。この記事では、ブルーライトの健康や美容への影響、美容では特に気になる、お肌との関係性、悪影響を抑えるブルーライト対策についてお話していきます。

 

ブルーライトは健康と美容の大敵?

スマホに起因する不健康状態の数々

今や現代人には欠かせないアイテムであるスマートフォン。そのスマートフォンの影響で、数々の身体の不調の原因が懸念されています。

 

・スマホ首(ストレートネック)

首の筋肉が凝り固まったり、本来曲線を描くはずの首がまっすぐに変形してしまう

・スマホ指

指が変形したり痛くなる

・スマホ巻き肩

肩の凝り、痛みにより方が前(内巻き)に出てくる

・スマホ不眠

ブルーライトの影響で寝つきが悪くなる

・スマホ腱鞘炎

指関節の腱鞘炎になる

・スマホブス

うつむくことが癖づくことにより、頬やあごの皮膚がたるむ

・スマホ老眼

近いものが見えにくくなる

・スマホ型口臭

唾液が減少し、口臭が強くなる

 

スマホブス、スマホ口臭などは強烈なワードですよね…。上記は全て、スマートフォンの影響でブルーライトを浴びすぎたり、スマートフォンを長時間使用し姿勢が悪化することにより起こります。

 

ブルーライトによる「スマホ焼け」

スマートフォンが影響する健康や美容被害についてはお話しました。ですが、ご紹介したものよりももっと恐ろしい影響があります。それは「スマホ焼け」と呼ばれ、スマートフォンのブルーライトの影響でお肌に色素沈着などが起こってしまう美容被害のことを指します。スマホによる具体的な美容への影響に関しては、後述を参考になさってください。

 

紫外線に近い強いエネルギー、ブルーライト

そもそもブルーライトとは何かというと、紫外線に次ぐエネルギーを持つ、青い可視光線(目に見える電磁波)のことを指します。ブルーライトを目にすると、目の奥の網膜まで到達するほど強いエネルギーを持っているので、眼精疲労や痛みなどを伴うこともあります。またこのブルーライト、ディスプレイだけでなくLED照明にも多く使われているため、都会に住んでいる方などであれば接触頻度はかなり高いです。

 

ブルーライトがお肌にダメージを与える!

ブルーライトを浴びることによる、お肌への影響とは?

目から入った紫外線は身体に吸収されて、肌にも悪影響を及ぼすと聞いたことはありませんか?実はブルーライトも同じで、目から入ったブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに直線的に網膜に届いてしまいます。

 

UVAに近い浸透性を持つブルーライト

紫外線には2種類あり、A波とB波というものがあります。A波は肌の奥深くまで届くもので、B波は肌表面で留まるものなのですが、ブルーライトが近い性質を持つのはA波。つまりブルーライトを浴びると知らず知らずのうちに、肌の奥までそのダメージが届いてしまうのです。

また、ある研究によればブルーライトは肌細胞を変色させる原因にもなるとの研究結果が発表されました。この色素沈着は、紫外線による日焼け以上に鮮明でかつ消えにくいことが分かっています。

 

ブルーライトの影響で起こり得る肌トラブル

・乾燥

身体がストレスを感じることにより、新陳代謝が悪化し肌のバリア機能が低下し乾燥に繋がります。

 

・酸化/色素沈着(くすみ)

目を酷使するストレスにより、副腎皮質刺激ホルモンが生成されて肌がくすむ原因になります。

 

・老化

ブルーライトは老化の2大原因ともなる活性酸素の中で、最も強力な「一重項酸素」の産生を促します。

 

・睡眠不足により肌の回復が行われにくくなる

ブルーライトは自律神経を狂わせ、睡眠不足に繋がります。また、ブルーライトの刺激により眼精疲労になることによっても質の良い睡眠は妨げられます。

 

・シワ

長時間目を酷使することにより目周りの筋肉が固くなってしまい、シワが出来やすくなります。

 

ご覧いただければわかるように、ブルーライトの影響は健康の土台が崩れることによるお肌への間接的な影響が多く見受けられます。健康に悪影響が及んでしまうということは、体調不良や病気なども懸念されるということですので、ブルーライトの浴びすぎは百害あって一利なしと言えるでしょう。

 

ブルーライトの影響を受けない対策とは

今すぐできること

・使っているスマートフォンやパソコンのディスプレイの明るさを下げる。または、青色光の輝度を下げる。

・ディスプレイに顔を近づけすぎなくて済むよう、文字を大きくしたりして距離をとる

 

便利なブルーライト対策グッズ

・ブルーライト対策の眼鏡を使用する

・ブルーライト対策用液晶フィルムをはり付ける

・ブルーライトカットの化粧品

・ブルーライト削減アプリやソフト

 

生活習慣で気を付けるべきこと

・就寝前のブルーライトとの接触は避ける

・なるべくスマートフォンやパソコンを使わなくていいような環境を整える

 

月並みの対策にはなりますが、一番はブルーライトに接触する頻度を下げることが大切です。例えば、時計代わりにスマホを見るよりも、時計を持ち歩く方がブルーライトに触れる機会は減りますし、スケジュール管理なども紙でした方が目には優しいです。日常では一瞬に感じられるようなことも、実は積み重なっていくと膨大な時間になってしまいますので、小さなことから始めてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

私たちの日常をより便利に効率的にしてくれる、スマートフォンやパソコン。それ自体には悪はありませんが、使いすぎると身体にとっては打撃となってしまう可能性があることがわかりました。ただ、まったく使わないと生活にストレスが出てきてしまったり、不便になって時間の損失になったりと、それはそれで悪影響になってしまうのが難しいところ。今回ご紹介したブルーライト対策を参考に、上手く付き合っていく方法を見つけだし、ブルーライトと上手く付き合っていきましょう。

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.