未分類

塗るのと飲むの、どっちがいいの?セラミドサプリメントの効果とは?

投稿日:

セラミドは肌のバリア機能や肌の水分を守るための重要な成分の一つです。

 

最近では、セラミドが配合された化粧品以外にも、セラミドが摂取できるサプリメントも数多く発売されています。

 

肌に直接セラミド配合の化粧品を塗るのと、セラミドが配合されたサプリメントを飲んで体の中から補うのは、一体、どちらに効果があるのか疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、セラミドサプリメントに配合されるセラミドの種類やセラミド配合のサプリメントの効果、化粧品とサプリメントは、どちらに効果が期待できるのかについてご紹介します。

 

 

肌に重要な“セラミド”の働きとは?

 

セラミドが摂取できるサプリメントやセラミド配合の化粧品など、多数発売されています。一体、セラミドは肌の中でどのような役割を果たすのでしょうか?

 

セラミドは細胞間脂質の主成分

 

セラミドは表皮の中でも一番上の“角層”にあります。角層にある細胞と細胞の間を満たして、外からの刺激から肌を守るバリア機能をはたしている“細胞間脂質”の主成分です。

 

このバリア機能が弱ってしまうと、外からの刺激に弱くなり、肌トラブルが起こりやすくなります。また、細胞と細胞の間に隙間ができることによって、肌の水分も外へ逃げやすくなり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

つまり、細胞間脂質の主成分であるセラミドは、肌の水分を保持するために大変重要な役割を担っています。それと同時に、外からの刺激から肌を守るバリア機能を正常に働くためにも欠かせない成分なのです。

 

セラミドには種類がある

 

肌にあるセラミドにはいくつか種類があります。それぞれに働きも少しずつ異なっているのです。主な種類と働きは、次のようになっています。

 

 

セラミド1 水分保持機能、バリア機能を果たす
セラミド2 高い水分保持能力を持つ
セラミド3 水分保持とともに、しわを軽減する
セラミド4・セラミド5 角層にバリア機能を作り、それを維持する
セラミド6・セラミド6Ⅱ 水分保持とともにしわを軽減、ターンオーバーを促す

 

 

セラミドサプリメントに配合されるセラミドの種類

 

セラミドサプリメントに配合されているセラミドは、パイナップルや米、小麦、トウモロコシやこんにゃくなどを原料とした“植物性セラミド”があります。植物由来のセラミドは、比較的安全性が高いといわれています。

 

そのほか、牛乳由来のミルクセラミドや馬由来の動物性セラミドなどがあります。

 

セラミドサプリを選ぶときは、配合されているセラミドの種類や原料、配合量に注目しましょう。とくに食物アレルギーがある方は注意が必要です。

 

また、セラミド以外にも、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を同時に配合しているサプリメントも多くあります。配合されているセラミドの種類や配合量などをチェックするとともに、一緒に配合されている美容成分にも注目して選ぶのがおすすめです。

 

セラミドサプリメントを選ぶ時には、配合されているセラミドの種類や原料を必ずチェックしましょう。特に食物アレルギーがある方は注意が必要です。

 

セラミドサプリメントの効果は?

 

セラミド配合のサプリメントを飲むとき、一番気になるのが、“効果があるのかどうか?”という点ではないでしょうか?実際に、セラミドが配合されたサプリメントには効果があるのでしょうか?

 

ある実験結果によると、セラミドが配合されたサプリメントを一定期間、毎日摂取して体の中から補うことによって、肌の保湿効果がアップし、肌の水分量蒸発も減少したという結果が報告されています。セラミド配合のサプリメントを飲むことによって、肌の水分保持力が高まる効果が得られたという結果になります。

 

しかし一方で、そのメカニズムなどに関しては、完全には明らかになっていない部分があるのも事実です。

 

せは、セラミド配合化粧品の方はどうでしょうか。セラミドは表皮の角層に存在しています。通常、化粧品は角層まで浸透することができるため、セラミドが配合された化粧品を使うことによってダイレクトに肌にセラミドを届けることができます。

 

セラミドは塗る?飲む?化粧品とサプリメントはどちらが効果的なのか

 

セラミド配合のサプリメントは、摂取してから効果があらわれるため時間がかかります。しかも、サプリメントから摂取したセラミドが、すべて肌のセラミドとして補われるとは限りません。

 

そのような点からみても、セラミド配合のサプリメントを飲むより、化粧品で肌に直接セラミドを補うことのほうが、即効性を期待できます。効果を得たい部位(顔)に直接セラミドを補うことができるため、ピンポイントでセラミドを補うことができます。

 

ですから、肌(顔)にセラミドを補うという目的なら、サプリメントよりも化粧品の方に軍配が上がるといえるでしょう。セラミドが配合されたサプリメントを取り入れるなら、セラミド配合の化粧品を使いつつ、それをサポートする意味合いで飲むのがいいのではないでしょうか。

 

また、セラミドは肌だけではなく、髪の毛などにも含まれています。顔以外に、全身の肌や髪の毛などの部位にも効果を求めるのなら、セラミドが配合されたサプリメントを飲むのもいいかもしれません。

 

セラミド配合のおすすめの化粧品はコレ!

 

バランシングゲル 150g 3,725円

 

セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱの3種類のセラミドが高濃度に配合されたオールインワンゲル。

乾燥肌や敏感肌の方には、とくにおすすめです。

 

□ 小じわが目立ってきた

□ 肌がカサカサ乾燥する

□ 手触りがゴワゴワかたい

□ 顔色がくすんでいる

□ 肌荒れが治らない

 

肌のバリア機能を高め、ハリ・ツヤ・透明感を実感します。石油系界面活性剤、アルコール、合成着色料、合成香料、シリコン、鉱物油など、肌の負担になる成分が配合されていないので、肌が弱い方でも安心して使うことができます。

 

このページからお届け定期便で申し込むと、定価5,250円が3,725円とお得に購入することができます。何回以上続けるなどのお約束もないので、肌に合わなかったらすぐに停止することもできますし、

 

商品と一緒にサンプルも送られてくるので、まずはサンプルを使って肌に合わなかった場合は、返金もしてもらえます。

 

肌を水分・油分を理想のバランスに整えてくれるセラミド配合のオールインワンゲルです。

 

 

セラミドは食品にも含まれる

 

セラミドは、こんにゃくやひじき、わかめ、黒豆、ごぼうなどに多く含まれているといわれています。とくにセラミドが豊富だといわれているのが、こんにゃく。セラミドが配合された化粧品でセラミドを補うとともに、これらの食品を普段から意識して食べるようにしましょう。

 

ただし、食品からセラミドがどのくらい吸収されるのかということに関しては、まだはっきりと解明されていない部分もあるようです。

 

セラミドは、こんにゃくやひじき、わかめ、黒豆、ごぼうなどに多く含まれていると言われます。特にセラミドが豊富なのがこんにゃくです。セラミド化粧品で肌にセラミドを補うとともに、これらの食品を意識して摂取してみましょう。

 

セラミド配合のおすすめサプリメント3選

飲む肌ケア 60粒 1,944円 【機能性表示食品】

 

 

こんにゃく由来のグルコシルセラミドを配合。こんにゃく由来のグルコシルセラミドは、顔やからだ(頬、背中、ひじ、足の甲)の肌の水分を逃がしにくいことが報告され、肌の乾燥が気になる方におすすめのサプリメントです。

 

ピュアプラス 美容SP 14包 3,700円

 

芸能人やモデルに愛用者も多いサプリメント。4大美容成分である、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドが1包に入っています。

 

美容SPはサプリメントには珍しい生サプリで、クール便で届きます。また、低温加熱で保存料を入れていないため賞味期限が45日ですが、新鮮な状態の成分を摂取するができます。

 

 

DHC セラミド 30日分 1,566円

植物性セラミドにコラーゲン、ビタミンC、ビタミンEなどを配合したサプリメント。た、加齢やストレスの影響で減少してしまうので、乾燥や刺激が気になる方で、手軽にサプリメントでセラミドを摂取したい方におすすめです。

 

 

乾燥肌や敏感肌で困っているようなら、やはりセラミドはいごうの化粧品で直接肌にセラミドを補ったほうが効果を期待することができます。セラミド配合の化粧品とサプリメントでは、断然、化粧品のほうがおすすめです。

 

もちろん、肌の外、体の内部と両方からセラミドを補うことができれば、より効果を期待することができます。セラミド配合の化粧品と並行して、セラミドが配合されたサプリメントを取り入れてみるのもいいかと思います。

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.