未分類

マスクをすることで肌にどんな影響がある?

投稿日:

かつて新型インフルエンザが流行したのを機に、マスクをする人が大幅に増えました。

季節を問わず日常的にマスクをしている人も見受けられ、最近ではファッション感覚でマスクをする人もいるようです。

そんな大流行とも言えるマスクですが、マスクは美容にも良いという意見がある一方で、実は肌への悪影響を及ぼす危険性も指摘されています。

そこで今回はマスク着用のメリット・デメリット、肌へ与える影響についてご紹介します。

 

マスクによる肌への悪影響

マスクは風邪や花粉症には必須とも言えるアイテムです。

また、中には美容効果を求めて続けてずっとつけている人も見かけます。

しかしマスクをつけることは良いことばかりではなく、むしろお肌にとって悪影響になることが多いことをご存知ですか?

これから、マスクをつけることによって生じる肌への悪影響について見ていきましょう。

 

マスクは雑菌の温床に

吐き出す息によってマスクの中は温かく湿った状態となり、寒い冬などには冷たく乾燥した空気から口、喉を守ってくれるメリットがあります。

しかしマスクをずっとつけていると、マスクの中は高温多湿ゆえに蒸れてしまい、特に唾液による雑菌が繁殖しやすい状態となります。

また温度が高いので汗をかきやすく、皮脂も分泌されやすくなるので、なおさら雑菌が好む環境となってしまいます。

こうなると後述するニキビなどの肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

 

マスクの肌への刺激

マスクのひもやふちの部分が肌に触れたりこすれることは肌への刺激となるため、肌荒れやシミなどの肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

マスクはつけ始めると長時間つけることが多いので、肌の同じ部分が長時間マスクに触れ、刺激を受け続けることになります。

また触れたりこすれたりといった物理的な刺激だけでなく、マスクの素材による肌への悪影響を懸念する声もあります。

ポリエステルなどの化学繊維、耳にかけるゴムひもなど、マスクの材質や肌に触れることで肌荒れを引き起こす恐れがあることから、特に肌の弱い方にとっては注意が必要です。

 

マスクはニキビの原因にも

ニキビは毛穴が塞がることで発生する肌トラブルの代表的な症状です。

マスクをしているとマスク内の温度・湿度が上がるため皮脂も分泌されやすく、その影響により毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

また、温度・湿度が高い状態では雑菌の繁殖も旺盛なので、ニキビが悪化し炎症を起こしやすくなります。

さらにできてしまったニキビがマスクに触れることで刺激を受け、症状が悪化する可能性もあります。

マスクをすると保湿によるメリットはあるものの、それ以上にニキビなど肌に悪影響を及ぼす恐れのあることを認識しておきましょう。

 

マスクによる肌への好影響

マスクをすることは風邪や花粉症対策として有効であることは知られていますが、特に最近はオシャレや美容のためにマスクをする女性も増えています。

マスクをすると肌にどんな良い影響があるのか見てみましょう。

 

マスクは肌の乾燥を防ぐ

マスクをすると自分で呼吸し吐き出した空気がマスク内にとどまるため、マスク内は周りより湿度が高い状態となります。

この湿度の高い状態は口や喉の乾燥を防ぎ、風邪やインフルエンザウイルスの活動を鈍らせ予防につながるとともに、肌の乾燥を防ぐ保湿効果もあります。

マスクをすることで乾燥した外気の刺激から肌を守り、乾燥や肌荒れを防いでくれるメリットが期待できます。

 

マスクで唇の美容効果

唇も肌の一部であり、美しい唇を保つためはしっかりとケアする必要があります。

触るこするなどの刺激、紫外線による刺激、乾燥させるなどの行為は、唇の美容にとっては良くありません。

マスクをすることはこれらを防止することにつながり、唇の美容に一役買ってくれます。

 

マスクは紫外線を防ぐ

マスクをすると紫外線からお肌を保護することができます。

最近では夏の暑い時期にマスクをしている人を見かけますが、紫外線対策が大きな理由のひとつと言われています。

マスクには紫外線防止効果のあるものもあり、あくまでマスクをしている部分のみとなりますが、確実に紫外線をブロックしてくれるので、紫外線対策として効果的な方法と言えます。

しかし夏場にマスクをつけるのは、汗をかいたり蒸れたり肌にとっては過酷な環境となるため、肌にとってはいいことばかりではなく、悪影響もあります。

 

マスクをする際の注意点


マスクをすることは、肌にいい影響を与えることもあれば、悪い影響を与えることもあります。

なるべく肌への悪影響を避けるためにはどうすればいいのか、ここではマスクをする際に注意すべき点についてご紹介します。

 

常に新しいマスクを使う

無用な肌トラブルを避けるため、マスクは常に新しく清潔なものを使うようにしましょう。

マスクは雑菌が付着してしまうため、1日のうちでも何回か取り替えるのが理想的です。

同じマスクを数日使い続けることはもちろん、1日中同じマスクをつけるのも避けたいところです。

使い捨てのマスクであれば適度に新しいものに交換し、使い捨て以外のマスクであれば替えのマスクを用意しておくなど、いつでも交換できるように準備しておきましょう。

 

マスクの素材に注意

肌への刺激を避けるために、マスクの素材や形状、大きさにも気を使いましょう。

化繊で作られたマスクなどは肌に合わず肌荒れを起こす可能性もあります。

なるべく綿などの天然素材で作られた、肌への刺激が少ないマスクがおすすめです。

耳にかけるゴムひもの部分も、長時間の使用によって肌に食い込み痛くなったりするので、つけ心地の良いものを選ぶことが大切です。

大きさや形状もマスクによって様々なので、肌に無用な刺激を与えないためにも、自分の顔の大きさや形に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

大き目のマスクを使う

マスクをつけて肌に刺激を与えたり、ストレスを感じるようではいけません。

マスクはなるべくつけていることが気にならないものを選ぶことが大切です。

そのためには少し大きめのサイズで立体形状のマスクがおすすめです。

これなら肌がこすれたりして刺激を受けることも少なく、ゆったりサイズで息苦しさもありません。

大きく、自分の顔にフィットするものを選びましょう。

 

マスクをつけっぱなしにしない

喉やお肌の保護を目的として、夜マスクをして寝る方がいるかと思います。

寒い冬は部屋の空気も乾燥するため、マスクをして寝るのは風邪予防の観点からもメリットはあります。

しかし、ニキビなど肌トラブルを抱えている方は、あまりマスクをして寝るのはよろしくありません。

マスクは保湿効果が得られる反面、雑菌が繁殖しやすいため、長時間の使用を避けマスク内の空気を入れ替えするのが理想的です。

もし肌や喉、口の乾燥が気になるのであれば、加湿器などで部屋の湿度を上げるのがおすすめです。

無理に部屋全体を加湿することはなく、顔の近くに設置しておくだけでも十分効果は得られます。

 

まとめ


最近はマスクをするのがブームと言っていいほど、多くの人がマスクをしています。

風邪をひきやすい冬場だけでなく、暑い夏場など年中通してマスクをしている人の姿を見かけます。

マスクをする目的は、風邪や花粉症対策、美容のため、ファッションのためなど様々です。

マスクは肌や唇にとっても潤いを保つことができますし、紫外線を防ぐこともできます。

しかしマスクをし続けることはいいことばかりではなく、肌への悪影響を及ぼすこともあります。

マスクをすることは肌への刺激となりやすく、また雑菌も繁殖しやすい環境となるため、ニキビをはじめとする肌トラブルの原因となります。

これを防ぐためには、マスクをこまめに取り換えるなどの対策が必要になります。

これまでマスクはいいことずくめのように思われてきましたが、実は肌へ悪影響を及ぼす恐れがあるということを認識して使用することが大切です。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.