未分類

化粧水がべたつく!その原因と化粧水の必要性

投稿日:

 

オイリー肌や肌トラブル、保湿成分の高すぎる化粧水など、何らかの原因で化粧水後にべたついてしまうことがあります。このべたつき、一見不快なこともありますが、お肌にはどんなことが起こってしまっているのでしょうか?もしかすると、肌にとってはプラス効果であることもあります。この記事では化粧水などのスキンケアによりお肌がべたついてしまう原因と、べたつきはあってもいいのか?という点に関してお伝えしていきます。また、実際にあった化粧水によるべたつきに関するQ&Aを交えながら、その必要性について考えていきます。

スキンケアがべたつく原因

べたつく原因は様々

肌がべたつく原因は人それぞれです。オイリー肌の場合もあれば、乾燥が原因による皮脂過剰、または、化粧品が原因となっている場合もあります。ここで、あなたのべたつきの原因を探るべく、懸念されるべたつき要因をお知らせします。

肌に馴染みづらい成分が入っている

ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの成分は肌表面に残りやすく、べたつきの原因になります。特にヒアルロン酸に関しては、肌表面にはない(奥にはある)成分かつ分子が大きいためにはじかれることがあります。

ちなみに、肌に馴染みやすいのはセラミドという成分で、私たちの肌にもともと備わっている成分で、保湿成分の中では最も保湿効果が高いと言われています。セラミド分子は水分を挟み込む役割があり、肌自体の水分を保ってくれます。

化粧品のつけすぎ

よく「油で蓋をしないと、水分が逃げる」という声がありますが、実はこれは古典的な考えで、保湿成分の開発研究が進んでいる現在には関係のないものになります。

必要なのは、保湿美容液などでしっかり水分を肌に残らせることで、油が本当に必要なのは、肌が固くなり荒れてしまっているレベルの状況下になります。肌馴染みの良く保湿してくれる美容液を見つけ使用するのが対策になるでしょう。

乾燥している

乾燥は一見べたつきとは無縁にも見えますが、実はお肌は乾燥すると皮脂を出そうとして油分が過剰になってしまうことがあります。これを防ぐには、肌が乾燥しないように、適度な保湿をすることが重要です。

生活習慣が原因のべたつき

食生活で栄養が高まっていたり、ストレスや睡眠不足を抱えていたりなど、生活習慣が原因で身体の健康状態が悪化し肌のべたつきに繋がることがあります。食事は、脂っこいものを摂りすぎず、糖分やアルコールなど皮脂分泌に繋がるものを控えると良いでしょう。また、ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの分泌が過剰になり、皮脂分泌が活発になります。男性ホルモンは肌を固くしニキビの原因にもなりますので、不規則な生活や睡眠不足などのトラブル原因は出来るだけ避けましょう。

多少のべたべたは必要!

 

化粧水での多少のべたつきは肌表面のバランスを整える

肌がべたつくと、どうしても保湿は避けたくなってしまいますよね。ですが、もしあなたのお肌が皮脂によりべたついているのであれば、化粧水でのべたつきはむしろ必要なものになってきます。というのも、肌は乾燥しすぎると自分で肌を潤そうとして皮脂を放出してしまいます。

スキンケアで、肌にある水分と油分のバランスを整えてあげることで、結果的に皮脂過剰を抑えることに繋がるのです。

ただし、つけすぎは厳禁!

では、肌のべたつきは良いとして、化粧水は沢山つければお肌が潤うのでしょうか。実は化粧水をつけすぎることも、それはそれで肌トラブルに繋がってしまうのです。

・乾燥などの肌トラブルの原因に

化粧水をつけすぎると、お肌には必要以上の水分が浸透しきれずに残ってしまいます。こうなるとあとは蒸発していくしかないのですが、この際に本来必要だった水分まで蒸発させてしまうのです。また、ここで過乾燥になってしまうと肌のバリア機能が低下しますので、肌トラブルの原因になります。

・逆にべたつく

化粧水はつけなくてもべたつき、つけすぎてもべたつきます。化粧水をつけすぎると肌表面に保湿成分が残ってしまい、結果的に肌がべたついてしまうことがあるのです。また、化粧水がさっぱりしていたとしても、水分の蒸発で乾燥が始まるとそれを補うために皮脂過剰になることがあるのです。

化粧水はする必要があるのか?Q&A

ネットでの質問とその回答

<質問>

化粧水をつけるとべたつきます。化粧水をつけてから時間が経つとべたつき、とはいってもつけないとカサカサして痒いのです。これは化粧水が合っていないのでしょうか?

<回答>

化粧水の成分は「肌に悪影響があることが早急には分からないもの」に関しては使用して良いことになっています。つまり、使用する化粧水があなたの肌のバリア機能などを壊している可能性もあるのです。実際に、尿素は角質を溶かすことが実験で明らかになっていますが、これを顔に使った時に「ぷるぷる」に感じたとしてもそれは溶かしているのですから当然ぷるぷるしますよね。使ったその時には潤ったように感じさせる化粧品も、長期的にみるとお肌に悪影響を与えている可能性があるのです。

実際に、私は化粧品の使い過ぎにより皮膚病を発症しました。「上から塗ること」よりも、「しない」という選択肢もありだと思います。

つまり、断言はできないが「必ずつけなければいけない」ことはない

このQ&Aでは、必ずしも化粧水などで保湿をする必要があるとも言っていませんし、保湿をしてはいけないともいっていません。問題とされているのは、化粧品に配合されている成分のことであり、ものによっては肌トラブルを生み出してしまっている可能性があることを示唆しています。

まとめ

化粧水などのスキンケアによるお肌のべたつき。実は、化粧品の成分だけでなく、つけすぎなどの使用方法が原因で現れてしまっている可能性もあるのです。そして、化粧水だけではなくあなたの生活習慣が原因となりべたつきを悪化させている場合もあります。大切なのはべたつきを気にしすぎることではなく、あなたの生活やスキンケア方法、化粧品の質など全てを一度見直すことでしょう。ご自身に合ったケアや健康的な生活習慣を追求して、お肌がべたつくなどといったお悩みの解決を目指しましょう。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.