未分類

シミはなぜできる?体質面など原因を探る!

投稿日:

できてほしくない、できるとイヤなシミですが、その原因にもいろいろあります。

遺伝や体質、生活習慣など、シミができる原因は我々の身の回りに多く存在しており、原因がわかれば、対処もしやすくなるというものです。

そこでここでは、体質などをはじめとするシミのできやすい原因についてご紹介します。

 

シミのできるメカニズム

シミは肌に存在するメラニンという黒い色素が沈着してできたものです。

メラニンは表皮の基底層にあるメラノサイト細胞によって作られます。

メラノサイトは紫外線など肌の刺激に反応し、肌細胞を守るためにメラニンを生成します。

メラニンは肌の角化サイクルであるターンオーバーによって次第に肌表面に押し出され、最終的には体外に排出されていきます。

しかし肌が必要以上に刺激を受けると多量のメラニンが生成され、ターンオーバーも乱れてしまいます。

その結果メラニンは色素沈着して肌にとどまってしまいシミとなるのです。

 

シミの種類

シミといっても色々な種類があります。

ここでは代表的なシミの種類についてご紹介します。

 

老人性色素斑

その名の通り、加齢によって現れるシミです。

その原因となるのは紫外線です。

紫外線が当たる箇所に発生し、大きさは大きいものだと5cmほどになるものもあります。

予防としては紫外線によるシミなので、日焼け止めが必須となります。

治療にはハイドロキノンなどの美白成分が有効ですが、重症化した場合は皮膚科でのレーザー治療やフォト治療が必要になります。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)は30~40代の女性に発生するシミで、左右の頬のあたりにもやっと現れ、輪郭がはっきりしないのが特徴です。

原因としては紫外線の他にホルモンバランスの乱れなど、体内の要因が大きいと考えられ、トラネキサム酸の内服薬が治療に使用されます。

ホルモンバランスが影響すると言われるので、予防のためには必要以上にホルモンバランスが乱れないよう、なるべくストレスをためないなど生活面での工夫が必要となります。

また紫外線によって悪化するケースもあることから、日焼け止めなどの紫外線対策も当然ながら必要になります。

 

そばかす(雀卵斑)

そばかすは頬から鼻にかけて見られる数ミリ程度のシミです。

そばかすは遺伝的な要素が強く、親がそばかす持ちの場合、子どもにも発生しやすいと言われています。

多くは幼少期から発生が見られ、思春期をピークに濃くなり、その後は次第に薄くなっていく傾向が見られます。

遺伝の要因が大きいとは言え、紫外線を浴びることで濃くなることもあるので、紫外線対策は必須です。

専門医での治療はレーザー治療が行われます。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症は「年寄りいぼ」とも呼ばれ、年齢を重ねることによってできる老化現象の現れです。

紫外線の当たる箇所に多くできますが、基本的には全身いたるところに発生する可能性のあるシミです。

大きさは数mm程度のことが多いのですが、少しずつ大きくなりまた増えてくるので、ひどくならないうちに治療するのが賢明です。

レーザー治療や電気焼灼法治療で除去することができます。

 

シミのできやすい体質


シミは紫外線の影響によるところが大きいとも言われますが、体質的にシミができやすい人もいるようです。

ここではシミのできやすい体質についてご紹介します。

 

女性はシミができやすい

女性は男性に比べシミができやすいと言われています。

その理由は女性ホルモンにあります。

女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)のうち、プロゲステロンにはメラニンを生成するメラノサイト細胞に働きかける作用があります。

その結果メラニンが多く作られシミとなってしまいます。

生理や妊娠によってシミができやすくなるのは、こうした女性ホルモンの働きによるものです。

 

色白の人

色白な人は肌のメラニンの数が少ないため色が白く見えます。

メラニンが少ないということはそれだけ肌は刺激に弱いということであり、紫外線などの刺激を受けると肌を守るために普通の人よりもたくさんのメラニンが生成されます。

過剰なメラニンの生成は色素沈着につながり、ターンオーバーによる肌再生によっても排出されないシミとして肌に残ってしまいます。

肌の色が白いのは遺伝によるところが大きく、シミができやすいのは体質的なものと言えます。

 

血の巡りの悪い人

体質的に血行の悪い人はシミもできやすい傾向にあります。

血行が悪いと肌に必要な栄養や酸素が十分に供給されないため、新陳代謝が悪く肌のターンオーバーも乱れがちになり、メラニンの排出がうまくいかずシミができやすくなってしまいます。

また血行が悪いとシミだけでなく体調不良や様々な疾患にもつながるため、健康上よくありません。

冷え性の人はシミができやすいと言われるのも、こうした血行の悪さが原因であり、体質を改善して血行促進に努めることが大切です。

 

遺伝

シミは遺伝も関係しています。

そばかすなどは遺伝によって現れるシミのひとつとして知られています。

シミそのものが遺伝するわけではなく、例えば肌の色などシミのできやすい体質が遺伝によって引き継がれます。

しかし遺伝は100%引き継がれるわけではなく、遺伝ですべて決まるわけではありません。

シミは紫外線の影響など後天的な要因も大きいので、遺伝だからとあきらめることなく予防や対策に努めることが大切となります。

 

乾燥肌や敏感肌

シミは肌のバリア機能の弱い、乾燥肌や敏感肌の人に出やすい傾向にあります。

こうした肌の弱い人は紫外線などの外部からの刺激に弱く、ターンオーバーも乱れがちで肌の再生が遅れるためメラニンが残りシミとなってしまいます。

また、肌にできた傷跡がなかなか消えずいつまでも残っているような人は、肌の再生が遅いことを表しており、色素沈着しやすくシミが残りやすいです。

 

体質以外によるシミの原因

シミのできやすさは遺伝や体質が大きく影響するものですが、必ずしもそれだけで決まるものではありません。

遺伝や体質以外の部分でシミができやすくなる原因を見てみましょう。

 

スキンケアによる刺激

美しく潤いのある肌を保つためにはスキンケアは欠かせません。

しかしそのお肌のために良かれと思ってやっているスキンケアが、かえってシミを誘発してしまうこともあります。

その原因は肌に無用な摩擦を加えて刺激してしまうことです。

過度に肌をこすり過ぎてしまうと「摩擦黒皮症」と呼ばれる状態に陥り、メラニンが沈着して黒いシミとなってしまいます。

悪化すると専門医での治療が必要になるため、スキンケア時に肌をこすって刺激を与えることは禁物です。

 

睡眠不足などの生活習慣

睡眠不足は如実に肌の状態に影響を及ぼします。

肌の再生を行うターンオーバーは睡眠によって促されるため、睡眠が十分でないとターンオーバーが乱れシミができやすくなります。

また、栄養バランスを欠いた食事やタバコ、不規則な生活習慣は肌の状態を悪化させシミができやすくなるだけでなく、健康そのものを害することにつながります。

 

紫外線

シミの一番の要因と言えば何といっても紫外線です。

紫外線を浴びることでメラニン色素が作られ、シミができたり濃くなったりします。

紫外線はビタミンDを体内で生成するため、健康上浴びる必要がありあますが、浴び過ぎてしまうとシミができてしまうため注意が必要です。

紫外線は1日15分程度身体の一部で浴びればよいとされており、それ以上は浴び過ぎを防ぐため紫外線対策を行いましょう。

 

喫煙

喫煙すると体内に活性酸素が生じるため、この活性酸素から肌細胞を守るべくメラニンが生成されます。

このため喫煙はシミをつくる要因となります。

また喫煙はビタミンを破壊し血管を固くするなど、健康にとってはデメリットの塊とも言える存在であり、シミ以前に健康を考えれば禁煙することが求められます。

 

まとめ


シミはメラノサイトによって生成されたメラニン色素が沈着して肌に残ったものです。

シミにはいくつかの種類がありますが、その発生原因としては遺伝など体質的なもの、それ以外の生活習慣などによるものが挙げられます。

シミを予防、対策するためにも、その原因をしっかりと把握し、適切な処置をすることが大切です。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.