未分類

敏感肌に内側から対処する!バリアバランス保湿ジェルの効果の秘密は?

投稿日:

敏感肌に悩んでいる方に内側から基礎化粧品で敏感肌を改善していこう!と提案するのはバリアバランス保湿ジェルです。今回はバリアバランス保湿ジェルの仕組みや成分、評判などをチェックしていきます。

 

敏感肌から解放される!バリアバランス保湿ジェル

 

外部からの刺激や体調の変化などちょっとしたことで肌が荒れてしまう敏感肌。その場しのぎの対策ではなかなか敏感肌から解放されることができませんよね。

 

敏感肌自体を積極的に改善していこうと開発されたのが今回注目するバリアバランス保湿ジェルです。

バリアバランス保湿ジェルはティモティア化粧品という会社によって開発されたオールインワンジェル。実は開発者自身がアトピー肌に悩んでいた方でアトピーの方にも安心して使ってもらえる化粧品を提供しています。

 

バリアバランス保湿ジェルには他にもスキンローションや保湿クリーム、コンプリーションジェルなどの基礎化粧品ラインナップが揃っています。

バリアバランス保湿ジェルはより肌が敏感で肌ダメージが気になる方に向けられており、皮膚のバリアを補う役割があります。

 

バリアバランス保湿ジェルは8年間で15万個以上も売り上げている人気商品です。

パラベンやアルコール、紫外線吸収剤、鉱物油、着色料などはフリー処方されており肌にも優しく敏感肌でも安心して使うことができます。

 

 

敏感肌になる原因とは?

 

敏感肌を改善するために開発されたバリアバランス保湿ジェルですが、どのような効果を発揮するのかを知る前に敏感肌の構造を見ていきましょう。

 

 

肌に潤いが不足している

 

皮膚は主に表皮や真皮層、皮下組織でできています。

表皮ではセラミドなどの高保水機能を持つ成分が皮膚のバリア機能を保ち、肌内部の潤いを閉じ込めて外界からの刺激や紫外線ダメージなどに阻止します。

真皮層にはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが相互に組み合わさって潤いの層を作ります。皮膚の弾力を保つクッションのような働きをし、ハリのある肌へと導きます。

皮下組織では脂肪によって外界からのダメージから体の中を守りクッションのような働きをします。

 

このように皮膚の構造を見てみると肌への潤いが非常に大事な役割を果たすことが分かりますね。

事実、肌に潤いを与えることは健康でダメージに強い肌を作り出し美肌に貢献するのです。

 

敏感肌の場合表皮や真皮層での潤い不足などによってキメが整わず、皮膚表面が硬くなってしまいます。

 

 

バリア機能の低下

 

皮膚表面にある角質層が硬くなってしまうと整頓した細胞の並びで肌を守ることができなくなってしまい外部からの刺激や紫外線ダメージが肌の奥に届きやすくなってしまいます。

また正常なターンオーバーができないことから肌が荒れやすくなって肌トラブルを繰り返します。

 

表皮と真皮の間にはメラノサイトがありメラノサイトは肌への刺激を受けると肌を守ろうとメラニン色素を生成します。

このメラニン色素は過剰に生成されたり、きちんとターンオーバーで排出されなかったりすると色素沈着を起こし、くすみやシミ、そばかすの原因になります。

 

このように皮膚のバリア機能が低下することによって目に見える肌ダメージも引き起こしやすくなります。

 

 

バリアバランス保湿ジェルの成分

 

バリアバランス保湿ジェルではこのような敏感肌の構造を踏まえて、敏感肌を根本から解決できるようなオールインワン保湿ジェルを開発しました。

どのような成分が含まれているのかを確認していきましょう。

 

保水機能の高いセラミド配合

 

皮膚の潤いを保つために一役買っているのがセラミドです。セラミドは特に表皮の一番表面にある角質層で細胞間脂質の主成分を構成し、潤いの膜を作ることでバリア機能をアップするのに役立ちます。

 

皮膚が硬くなったりバリア機能を不能にしてしまったりするのはセラミドが不足してしまうことにも一因があります。

またセラミドは外界からの刺激や紫外線ダメージなど日常のちょっとしたことでもなくなってしまいますし、加齢によって減少していくことも分かっています。

 

保水機能の高いセラミドを肌に十分に補給するためにバリアバランス保湿ジェルではヒト型セラミドを配合しています。

ヒト型セラミドというのはヒトの肌にすでにあるセラミドとほぼ同じ化学構造を持っているもので、人間の肌に浸透していきやすい上に刺激が少なく保湿力も高いと言われています。

 

バリアバランス保湿ジェルに含まれているヒト型セラミドには3種類があります。

1つ目はセラミドEOPといい外部の刺激やダメージからのバリア機能をアップさせるための保水成分です。

2つ目はセラミドNPといい保湿機能に非常に優れており乾燥肌やシワなどの改善に役立ちます。

3つ目はセラミドAPといい水分を保持してターンオーバーを促進する役割があります。

 

 

皮膚を柔らかくするエモリエント成分

 

角質層を柔らかくすることでバリア機能の回復を図るためにバリアバランス保湿ジェルではエモリエント成分を配合しています。

エモリエント成分というのは油分で肌を保護するようなもので、肌内部の水分の蒸発を抑えて水分をしっかりと保つことで肌を柔らかくする効果のあるものです。

 

バリアバランス保湿ジェルには保湿効果とバリア効果に優れているホホバ種子油とオリーブスクワランの2種類のエモリエント成分を含んでいます。

 

 

リラックス効果のあるアロマオイル

 

バリアバランス保湿ジェルには香料は含まれていませんが代わりにリラックス効果を与えるアロマオイルを2種類含んでいます。

まずティーツリー油は抗菌化作用も強くリラックス効果を与えてくれることで知られています。

またセイヨウアカマツ葉油は疲労回復効果や自己否定感情を抑える働きがあると言われています。

 

 

バリアバランス保湿ジェルの実際の評価

 

バリアバランス保湿ジェルを実際に使った方はどのような効果を実感しているのでしょうか?実際に使った人の口コミをチェックしていきましょう。

 

 

ポジティブな評判

 

まず敏感肌で悩んでいた方にとってバリアバランス保湿ジェルで肌質が改善したと喜んでいる声が多数見つかりました。

 

「これまで敏感肌で肌が痒かったり赤みが出たりと大変でしたがバリアバランス保湿ジェルを使い始めて症状が和らいだように思います。肌の内部から改善していくって大事なことだったんですね!」

「オールインワンジェルと聞いてべたつかないか心配だったのですが、塗った後にすっとなじんでくれて肌がモチモチになるのを実感しました!」

「他にもいろいろな敏感肌用の化粧品を使ってきましたが肌の改善具合を見てもこのバリアバランス保湿ジェルでよかったんだなと思います。もう2年ほど愛用しています!」

といった口コミがありました。

 

 

ネガティブな評判

 

一方ネガティブな口コミで一番多かったのは匂いについてのコメントです。アロマオイルの香りが強すぎて続けられなかった方も結構いるようでした。

 

公式サイトでも書かれていますがアロマオイルの匂いには好き嫌いがありますし、1週間ほどしたら慣れてくるそうです。

 

 

まとめ

 

バリアバランス保湿ジェルは簡単に使えるオールインワンジェルですが、セラミドの補給やエモリエント成分など敏感肌を内側から改善するために非常に効果がありそうです。皆さんも是非バリアバランス保湿ジェルで敏感肌を克服してみてくださいね。

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.