未分類

シミを増やさないためには何といっても紫外線対策が大切!

投稿日:

シミのできる原因はいろいろありますが、紫外線はその代表格と言っていい存在なので、シミを増やさないためにはまず紫外線対策は必須となります。

ここではシミを増やさないために、紫外線対策をはじめ日頃気をつけるべき点についてご紹介します。

 

シミはなぜできる?


シミの種類やシミができる原因にはいろいろあります。

肌への刺激や遺伝、加齢など様々な要因が絡み合ってシミは作られてしまうのですが、その中でも一番大きなウエイトを占めていると言っていいのが紫外線です。

紫外線が肌に当たると肌の防衛機能が働き、色素細胞であるメラノサイトがメラニン色素を生成して肌を紫外線から守ろうとします。

生成されたメラニン色素は肌のターンオーバーによって皮膚の外へ押し出され、最後は角質と一緒に剥がれ落ちることで体外に排出されます。

しかし紫外線の刺激が強すぎると過剰にメラニン色素が作られ、皮膚内部にとどまってしまいます。

これが色素沈着した状態であり、ターンオーバーで取り除くことができなくなってしまいシミとして肌に残ることになります。

できてしまったシミを消すのはそう簡単なことではありません。

シミ消しのためのスキンケアやクリニックでの施術などが必要となることもあります。

シミは治す・消すより、作らない・増やさないように努めることが大切です。

 

シミを増やさない紫外線対策

紫外線はシミを増やす大きな原因となります。

シミを増やさないためには、紫外線を浴びないように対策を講じることが必要となります。

紫外線対策として最もポピュラーなのは日焼け止めを塗ることです。

そこでここでは、紫外線対策を行う上で知っておきたい紫外線と日焼け止めに関する基本的な情報をご紹介します。

 

紫外線の種類

何気なく普段から紫外線という言葉を使うことも多いと思いますが、そもそも紫外線とは何なのでしょうか?

紫外線はざっくりいうと太陽光線中の波長の短い光のことです。

太陽光線は波長の長い順に赤外線、可視光線、紫外線の3つに分類されます。

紫外線は目に見えず、波長が短いことから強いエネルギーを持っていて、日焼けや殺菌作用など物理的に強い作用を及ぼします。

太陽から放たれた紫外線のうち、地上に届くのは以下の2種類です。

・UV-A(波長=320~400nm)
・UV-B(波長=280~320nm)

さらに波長の短いUV-Cは地球のオゾン層で吸収されるので、地上までは到達しません。

光は波長が短いほど高エネルギーなので、波長の短いUV-Bのほうが日焼けやシミ、皮膚がんなど人体に対して悪影響を及ぼします。

UV-AはUV-Bほど強くはないものの、波長が長い分物質を通り抜けやすく、肌の奥まで届く性質があります。

紫外線対策はUV-A、UV-Bどちらに対しても行う必要があります。

紫外線は必要?

ビタミンDが体内で作られたり、殺菌効果があるなど、紫外線を浴びることはデメリットばかりでなくメリットもあります。

特にビタミンDは骨の成長に欠かせない栄養素であることから。

以前はよく日光浴が推奨されたものです。

しかし現在では日光浴でビタミンDを作らずとも食事で摂取できてしまうため、健康上日光浴をしなければならない理由はほとんどなくなっています。

現在の考えでは、紫外線は肌及び健康にとって有害でしかない存在になっているようです。

紫外線対策は常に必要

紫外線は晴れているときに降り注ぐものと思われがちですが、曇っていても降り注ぎます。

季節的には、春から夏にかけて紫外線量は増え、秋から冬にかけては減っていきます。

しかし冬の紫外線量は少ないとは言え、雪の影響で雪焼けを起こすなど冬でも日焼けをするくらい紫外線は人体に強く影響を与えます。

このため紫外線対策は夏場だけ行なえば良いわけではなく、1年365日必要と考えておきましょう。

 

日焼け止めについて

紫外線対策には日焼け止めを塗るのが最も効果的であることは言うまでもありません。

ところで日焼け止めには「SPF」「PA」と言った表記があるのを見たことがあるかと思います。

ここではこの「SPF」「PA」表記についてご紹介します。

SPFはUV-Bに対する効果の指標

SPFとはSun Protection Factorの頭文字を表しており、どれだけ紫外線(UV-B)をカットすることができるのかを示す、日焼け止め効果の強さの指標です。

この値が大きければUV-Bをカットする能力が高いことを意味し、日本では最大でSPF50と決められていますが、SPF30でも90%のUV-Bをカットすることができます。

紫外線対策として、SPF値の高い日焼け止めを塗るのも良いですが、汗により落ちたり効果にも限度があるので、こまめに塗り直すことが大切です。

PAはUV-Aに対する効果の指標

SPFはUV-Bに対する指標でした。

それに対しPAはProtection Grade of UVAの頭文字を取ったものであり、UV-Aをカットする能力を表す指標となっています。

PAはPA+、PA++、PA+++、PA++++、の4段階でその効果を表し、+が多いほどUV-Aをカットする能力が高いことを示しています。

UV-Bはガラスなどをすり抜けやすいので、家の中にいても対策するのが望ましいと言えます。

 

シミを増やさないために

シミを増やさないためには紫外線対策以外にも行うべきことは色々あります。

ここではシミを増やさないために気をつけるべきことについてご紹介します。

肌に優しいスキンケアを

紫外線は肌に対する刺激のひとつであり、肌への刺激は他にもあります。

そのひとつはスキンケア時に力を入れてゴシゴシやってしまうこと。

これではシミを増やさないどころか増えてしまいます。

肌に触るの必要最小限にとどめ、触る際にはこすったり叩いたりせず、極力刺激を与えないようにしましょう。

また、化粧を落とさないまま寝てしまうのは、メイク汚れが刺激となるので禁物です。

肌への刺激はメラニンの生成を促しシミができやすくなるため、とにかく刺激を与えないようにしましょう。

活性酸素を作らない

紫外線を浴びるとメラニンが作られるのは、発生した活性酸素から細胞を保護するためです。

活性酸素が発生するのは紫外線の他にも酒やたばこ、ストレス、栄養バランスの悪い食生活などが大いに関係しています。

活性酸素は細胞を酸化させ、シミをはじめシワやたるみなどの老化の原因となります。

活性酸素を作らないような健康的な生活習慣を過ごすように心がけましょう。

ターンオーバーを促進

シミを増やさないためには、肌のターンオーバーを促進させ、生成したメラニンの排出を助けてあげましょう。

ターンオーバーを促すためには肌への刺激を避け、睡眠や栄養をしっかりとることが大切です。

またピーリングもターンオーバーの正常化には有効なので、週1回程度から始めてみるのもいいでしょう。

ビタミンやたんぱく質をバランス良く

肌に良いとされる栄養素と言えばビタミンです。

中でもビタミンCは活性酸素を抑え、メラニンの生成も抑えてくれる優れものです。

野菜や果物に多く含まれているので、ぜひとも毎日摂ることを心がけましょう。

またすべての細胞の基となるのはタンパク質であり、これ無くして肌の生成はあり得ません。

タンパク質には動物性、植物性がありますが、どちらも摂取するようにしましょう。

タンパク質は肉や魚、大豆などに多く含まれています。

野菜と一緒に摂れば、ビタミン、タンパク質をバランス良く摂取することができます。

 

まとめ

シミを増やさないためには紫外線対策をはじめとする色々な対策を講じる必要があります。

紫外線対策としては日焼け止めを使うのが最も簡単かつ効果的ですが、使用に際してはその表記の意味をしっかり理解した上で使うよう心がけましょう。

また紫外線対策以外にも日頃のスキンケアや生活の中で気をつけること、できることが色々あるので、ぜひシミを増やさないで済むように取り組んでみてください。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.