未分類

気になるシミを隠すには?その効果的な化粧方法を解説!

投稿日:

シミは作らないのが一番ですが、できてしまったシミはどうにかして消したり隠したいものです。

シミを消すにはお金や時間がかかることも多いことから、化粧でカバーしている方も多いかと思います。

そこで今回は、シミを上手に隠すための化粧方法についてご紹介します。

 

シミにも色々な種類がある

シミは元から作らない、消すのが一番ですが、どうしてもできやすく消しにくいものでもあります。

すでにできてしまい、消せないシミは化粧で隠すのがシミを目立たなくする現実的な方法と言えます。

しかしシミと一口に言っても、
・雀卵斑(そばかす)
・肝斑(かんぱん)
・老人性色素斑
・炎症性色素沈着

などがあり、その大きさや濃さ、現れる場所・範囲など様々です。

化粧でシミを隠すためには、シミの特徴に合わせた方法を用いることが大切です。

ファンデーションやコンシーラーを駆使して気になるシミをバッチリ隠してしまいましょう。

 

シミを隠す化粧品の選び方

シミを隠す化粧アイテムといえばファンデーションとコンシーラーと言うことになるかと思います。

ここではシミ隠しに適したファンデーションやコンシーラーの選ぶポイントについてご紹介します。

ファンデーションの選び方

ファンデーションには
・パウダー
・リキッド
・クリーム
・クッション

などのタイプがありますが、この中でシミを隠すのに適しているのはリキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションになります。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは保湿力があって肌にも馴染み、液状で伸びが良くカバー力に優れているため、シミを隠すのにおすすめです。

色は顔色だけで選んでしまうと顔だけが白くなりすぎてしまう恐れがあるので、顔から首にかけて違和感のない自然な色合いのものを選びましょう。

コンシーラーの選び方

ファンデーションで隠しきれないシミはコンシーラーを使って隠すのが普通です。

全てのシミをコンシーラーに頼ってしまうと、化粧が厚く不自然になる恐れがあります。

コンシーラーにはいくつか種類があるので、隠したいシミの状態によって使い分けするようにします。

部分的なシミを隠したい場合は、テクスチャが固くて伸びが悪いもののカバー力に優れるスティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。

クリームタイプは伸びが良いので、広い範囲をカバーするのに便利です。

リキッドタイプのコンシーラーは広く塗りやすいメリットはありますが、シミを隠すには少々カバー力不足かもしれません。

 

シミを隠す化粧の基本的な方法・手順

化粧の方法は人によってまちまちなことも多々あります。

特にシミを隠すための化粧方法としては
1.化粧下地
2.ファンデーション
3.コンシーラー
4.ファンデーション(オプション)
5.フェイスパウダー

の順番に行うのが基本となります。

ここではそれぞれの方法についてご紹介します。

1.化粧下地

化粧下地は肌のキメを整え、ファンデーションを密着しやすい状態にする役割があります。

また肌とファンデーションの間に存在することで、化粧崩れを防いだり、メイク落としがしやすい、外部やメイクによる刺激を防ぐなどのメリットがあります。

下地を塗る際には、適量を手のひらか甲に取って塗りますが、この時に手で温めてから塗ると伸びが良くなるので塗りやすくなります。

おでこ、頬、あご、鼻につけ、顔の内側から外側に向けて伸ばしていきますが、その際にはムラにならないよう気をつけながら均等に伸ばすのがコツです。

2.ファンデーション

ファンデーションは頬、あご、おでこの順につけて伸ばしていきます。

その際、顔の内側から外側に向かって伸ばすようにするのがポイントです。

次に目の周辺や鼻周りにつけて伸ばします。

最後に、顔だけでなく首筋もきちんとカバーしましょう。

ファンデーションを塗る際には、隠せそうなシミを隠すつもりで塗り伸ばすようにするのがポイントとなります。

薄いシミであればファンデーションで隠すことができます。

コンシーラーに頼ってしまうと厚く自然な仕上がりになりにくいので、ファンデーションを上手に使うことがシミ隠しのコツと言えます。

なお、ファンデーションはリキッドタイプまたはクリームタイプのものを使うようにしましょう。

3.コンシーラー

ファンデーションが終わったら、次はコンシーラーを塗ります。

コンシーラーでシミを隠すように塗っていくのですが、その際少し大きめに塗るのがコツです。

塗ったらコンシーラーの周辺部分をぼかし、自然な仕上がりに整えていきます。

この時、真ん中のシミ部分に触れてしまうとシミが顔を出してしまう恐れがあるので、中心部分には触れず周辺のみトントンと静かにぼかしていきます。

コンシーラーはシミの濃さや大きさなどによって、カバー力の高いスティックタイプやペンシルタイプ、広く伸びやすいクリームタイプなどを使い分けましょう。

4.ファンデーション

コンシーラーを塗り終えたら、カバーしきれないシミがないか確認します。

もし気になる部分があれば、再度ファンデーションを部分的に塗り、周囲と馴染ませるようにします。

もちろん気になるところが無ければ塗る必要はありません。

5.パウダー

ファンデーション、コンシーラーでの処理が終わったら、最後にパウダーで仕上げを行います。

パウダーはコンシーラーを塗った部分からのせて顔全体にのせていくと、ムラなく仕上がりますし、コンシーラー部分をはじめメイク崩れがしにくく安定してくれます。

パウダーはパフ、ブラシを使い分けることで、しっかり・ふんわりと好みの仕上がりにすることができます。

 

薄いシミの場合の化粧方法のポイント

シミは濃さや現れ方が様々であり、隠そうとするシミによって化粧方法も違ってきます。

ここではまず薄いシミの場合の化粧方法のポイントについてご紹介します。

薄くて広いシミの場合

薄いシミの場合はコンシーラーを使わずファンデーションのみで隠すようにします。

シミが広範囲にわたる場合は、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを顔の中央から外側に向けて、厚塗りにならないように塗り広げていきます。

一度塗り終えてからまだ気になる部分がある場合は、もう一度その部分に塗ります。

その際、ファンデーションは一度に厚く塗るのではなく、薄く何度も繰り返し塗るようにし、指やスポンジでトントンと叩くように馴染ませていきます。

最後にフェイスパウダーをパフ、筆でのせれば完成です。

薄くて狭いシミ場合

薄いシミをピンポイントで隠す場合、ファンデーションのみで隠しにくい場合はコンシーラーを使用して隠すようにしましょう。

コンシーラーをシミより大き目にのせて周りをぼかして周囲と馴染むようにします。

 

濃いシミの場合の化粧方法のポイント

ここでは濃いシミを隠す化粧方法のポイントについてご紹介します。

濃くて広いシミの場合

濃いシミが広範囲である場合、シミ隠しするには最も困難な状況と言えます。

基本的にはファンデーション後にコンシーラーを塗って隠していくことになりますが、一度に厚くのせないように気をつけながら、何度も繰り返すことを意識して丁寧に行いましょう。

濃くて狭いシミの場合

スポット的に濃いシミの場合は、ファンデーションを塗った後にスティックタイプなどのカバー力の強いコンシーラーを使用して隠します。

つけてから指でぼかすようにすると目立たず自然な仕上がりになります。

 

まとめ


シミを隠して目立たなくするためには、ファンデーションやコンシーラーを上手に使う必要があります。

シミ隠しの化粧方法の基本は、下地→ファンデーション→コンシーラーの順ですが、シミの症状によってファンデーションやコンシーラーの選び方や使い方が多少変わってきます。

上手くシミが隠せないとお悩みの方は、一度お試しになられてはいかがでしょうか?

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.