未分類

保湿化粧品はどう選ぶ?選び方を徹底解説!

投稿日:

昨今、肌の潤いを保つ保湿力を強化した保湿化粧品がいろいろ発売されています。

保湿はスキンケアの基本なだけに、化粧品選びも自分に合ったものを選ぶようにしたいものです。

そこで今回は、保湿化粧品の種類や成分を中心に保湿化粧品の選び方についてご紹介します。

 

 

保湿化粧品とは

保湿化粧品はその名の通り、保湿機能を強化した化粧品のことです。

基礎化粧品には化粧水や乳液、クリーム、などがあり、それぞれに目的がありますが、スキンケアで最も大切なのは保湿となりますので、各化粧品においても保湿を強化したものが多く出回っています。

また最近ではこれらをひとつにまとめたオールインワンタイプの化粧品も人気となっています。

ここでは、各化粧品の目的や特徴についてご紹介します。

 

化粧水

洗顔後に真っ先につけるのが化粧水です。

化粧水は美容成分を含む「水」であり、つけた時に肌の表面が潤うものであって、長時間潤いを保持するものではありません。

元々保湿のためにつけるものではなく、肌表面の角質層に浸透させて肌のキメを整え、後につける美容成分が浸透しやすい状態にするのが本来の目的です。

このように化粧水自体の保湿力は高くないのが一般的ですが、最近は技術の進歩に伴い保湿に優れた成分も配合できるようになり、化粧水らしからぬ保湿レベルを持つ製品が現れています。

 

美容液

美容液は様々な美容成分を肌に浸透させ、美容効果を得るために用いられます。

年齢を重ねるにしたがい気になるシミやシワ、たるみなどを予防・改善する働きがあります。

また乾燥肌に悩む方向けなど、保湿機能を強化した保湿美容液もあります。

美容液は化粧水の後につけるのが一般的ですが、化粧水の前につける美容液もあるので、それぞれの使用方法を確認する必要があります。

 

乳液

乳液は自身が持つ水分により肌に潤いを与えるとともに、含まれる油分により化粧水の成分や水分の蒸発を防ぎます。

また美容成分も含まれていることから、水分以外に美容成分も肌に浸透していきます。

肌表面を油膜で覆うことによって、水分の蒸発を防ぎ内部に水分を封じ込める役割を果たし、皮脂膜が作られる間、その代役となります。

 

クリーム

クリームには油分含まれており、肌の水分蒸発を防ぐ働きがあります。

また栄養成分も含まれ、肌の保湿や保護、栄養供給を同時にこなしてくれます。

このため乾燥肌や敏感肌で肌が弱く、化粧水を使うのが困難な方でもクリームなら使うことができます。

油分が含まれるという点において乳液と共通していますが、乳液に含まれる油分は15~20%程度、クリームに含まれる油分は30~50%程度というように、クリームの方が含まれる油分は多いため、水分減少を防ぎ肌を保護する能力はクリームが上です。

 

オールインワンゲル

オールインワンゲルは化粧水、美容液、乳液、クリームの機能をひとつに詰め込んだ化粧品です。

化粧品を個々に使ってスキンケアするのは時間や手間がかかるのに対し、オールインワンゲルはこれ1本で済んでしまうため、忙しい方の時短アイテムとして人気があります。

スキンケアの時間や手間が省けるだけでなく、個々の化粧品を揃えるよりも安上がりになるケースが多く、また何度も肌に触れなくていいため肌への刺激も少なくて済むなどのメリットがあります。

 

保湿化粧品の選び方:タイプで選ぶ

保湿化粧品は、化粧水、美容液、乳液、クリームを単品でそれぞれ使うケースと、オールインワンタイプの保湿化粧品を使うケースが考えられます。

保湿化粧品を選ぶ際にはそれぞれの特徴を理解する必要があります。

手軽さで選ぶならオールインワンタイプ

オールインワンタイプの強みは何といっても、スキンケアかかる手間が圧倒的に少なく手軽に使える点にあります。

化粧水からクリームまでの工程が1ステップでできてしまうので、朝の忙しい時間などにはとても便利な化粧品といえます。

コスト的にも単品の化粧品を揃えるより安上がりとなるのもうれしいポイントです。

ただしオールインワンタイプはオールラウンドプレーヤーであり、一人一人の状態に合わせたスキンケアには向いておらず、保湿を含めた様々な効果面も、専門の化粧品に比べると多少劣る傾向があります。

しっかり保湿するなら単体タイプ

まず個々の化粧品を単品で使う場合は、時間や手間がかかります。

単品ごとに揃えるのはコスト的にも高くつきがちですし、何度も顔に触れることになるため、肌に与える刺激も大きくなってしまいがちです。

それでもオールインワンタイプに比べると、それぞれの化粧品の効果は高いことが多く、確実に効果を得たい方にはおすすめと言えます。

また、使う方の肌質や肌の状態によって、スキンケアのアレンジがしやすいことも単品化粧品を使うメリットになります。

肌の気になる悩みなど、自分に合わせた化粧品選びができる強みがあります。

 

保湿化粧品の選び方:成分で選ぶ


保湿化粧品の選び方で大切となるのが配合成分です。

保湿力に優れた成分の配合された化粧品を選ぶことはもちろんですが、避けるべき成分もあります。

ここでは保湿化粧品を選ぶ際に参考となる保湿成分と避けるべき成分についてご紹介します。

セラミド

セラミドは表皮の一番外側に位置する角質層にある保湿成分です。

細胞と細胞の間に存在する細胞間脂質と呼ばれる物質の4割を占めるのがセラミドです。

セラミドは例えるならスポンジのような存在であり、自分自身の中に水分や油分を含めることができ、みずみずしく潤いのある肌を保つためには欠かせない成分のひとつです。

セラミドには天然セラミド、植物性セラミド、バイオセラミド、合成セラミドがあります。

中でもバイオセラミドはヒト型セラミドと呼ばれ、人間が持つセラミドと同じ構造を持ち、保湿力も優れているため、おすすめのセラミドです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は皮膚や関節など身体の色々な場所に存在している物質でですが、肌に関して言えば、角質層の内側にある真皮層に存在しています。

ヒアルロン酸の最も大きな特徴はその保水力にあります。

1グラムのヒアルロン酸で水6リットルを保持することができ、まさに貯水槽のごとく水を貯えることができます。

ヒアルロン酸はその保水力によって肌にハリ、弾力を与えてくれます。

化粧品に含まれるヒアルロン酸は真皮まで到達するわけではありませんが、主に角質層の保湿に効果を発揮します。

コラーゲン

コラーゲンは身体の中に多数存在するタンパク質の一種です。

肌の真皮層の7割はコラーゲンであり、ヒアルロン酸とともに肌のハリを生み出す大切な成分です。

コラーゲンは真皮層の中に網目状に存在し、真皮を支える重要な役割を果たしています。

コラーゲンを肌に塗っても真皮層まで浸透することはありませんが、角質層の保湿に効果を発揮してくれます。

避けるべき成分

化粧品には美容効果のある成分が配合されている反面、肌や健康を害する恐れのある成分が配合されていることもあります。

乾燥肌を引き起こしやすいアルコールを筆頭に、肌トラブルを起こす界面活性剤や油性成分、ホルモンの働きに影響を及ぼす防腐剤や香料、発がん性が指摘される色素など、石油から合成された成分が含まれる化粧品は避けたほうが良いでしょう。

 

まとめ


保湿化粧品は肌に潤いを与えてくれる化粧品として、スキンケアに必要なアイテムです。

保湿化粧品の選び方としては、化粧水や美容液、乳液、クリームを個別に選ぶ、またはこれらがひとつになったオールインワンタイプを選ぶ選択肢がありますが、それぞれ一長一短な面もあるため、ご自身の肌や使い方に合わせて選ぶようにしましょう。

また保湿化粧品には保湿に有効な成分だけでなく、有害となり得る成分も含まれている可能性があるため、配合成分にも気をつけて選ぶようにしましょう。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.