未分類

毛穴悩みの方におすすめ!毛穴汚れをしっかり落とせるクレンジング方法

投稿日:

 

鏡に近づいて見ると、メイクでも隠しきれていない毛穴の黒ずみ。

あなたもお悩みではないですか?毛穴は一度開いてしまうと改善に時間がかかり、すぐにメイク汚れなどが溜まって黒ずみがちです。

この記事では、そんな毛穴汚れがしっかり落とせる、おすすめのクレンジングについてご紹介します。

毛穴汚れはなぜ溜まってしまう?対策は?

毛穴が詰まるメカニズム

小鼻や頬に多く見られる毛穴詰まり。大人になればなるほどお悩みの方は増えていきます。そんな毛穴詰まりですが、実はいくつかの原因があります。

あなたはどれに当てはまるでしょうか。

・皮脂の過剰分泌

お肌はストレスや月経などにより、ホルモンバランスの乱れることで皮脂分泌が増える傾向にあります。皮脂が増えてしまうと、毛穴を詰まらせる原因となります。

また、顔の毛穴は約20万個あるとされているのですが、いわゆるTゾーン(額から鼻にかけて)に多く集中しています。鼻の毛穴悩みを持つ方が多いですが、実は毛穴の密度が高いためなのです。

・乾燥が原因による、皮脂の過剰分泌

肌の水分量が少ないと、皮膚の油分:水分のバランスが崩れてしまったり、お肌の防衛本能が働き皮脂を分泌したりと、結果的に皮脂過剰になります。一般的にいう「混合肌(=コンビネーションスキン)」と呼ばれる方はこちらに当てはまります。

・毛穴に詰まった皮脂や古い角質などの酸化による黒ずみ

皮脂の酸化や紫外線の影響により、毛穴詰まりは黒ずみます。酸化は老化の原因にもなりますので注意が必要です。

・老化現象による、肌の弾力の低下

加齢やお肌へのダメージなどで、ハリや弾力がなくなることで毛穴が影に見えてしまい、黒ずみに見えることがあります。

また、肌のたるみにより毛穴は大きくなったり垂れてしまうので、それが原因で詰まりやすくなることもあります。。

毛穴詰まりを防ぐ対策とは

先述では毛穴が詰まる原因をお伝えしましたが、どのような対策を取れば毛穴の詰まりや黒ずみに良いのでしょうか。

<皮脂過剰の場合>

・こまめにあぶら取り紙で皮脂を取り除く

・砂糖や油ものの摂取は控える

・ビタミンC、もしくはビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体、ビタミンB3(ナイアシンなど)を配合したスキンケアを日々にとり入れる。

<乾燥の場合>

・保湿ケア(化粧水やローションパックなど)

・ピーリングで古い角質をケアする

<酸化の場合>

・日焼け止めなどのUVケア

・こまめにメイク直しやあぶらとり

・保湿ケア(肌に優しいクレンジング)

<老化の場合>

・美顔器を使って皮膚を引き締める

・顔の体操をして筋肉を鍛える

・レチノールや幹細胞コスメを使う

・ピーリングで毛穴を引き締める

基本的に、クレンジングでしっかり洗浄し、保湿ケアをしっかりしてあげればそれだけで毛穴の詰まりや黒ずみのケアに繋がります。また、クレンジングはしっかり落とせるほうがいいものの、あまり潤いを奪っていかないものがいいでしょう。

毛穴の種類

一言に「毛穴」といってもその種類は様々。大切なのは、あなたの毛穴がどのタイプが把握し、対策を練ることです。

・詰まり毛穴

触るとざらつきがある。角栓が原因。

・たるみ毛穴

毛穴が涙型になっており、影が出来る。主な原因は老化により、真皮層が崩れてしまったこと。

・ひらき毛穴

皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が開いてしまっている状況。オイリー肌や赤ら顔の方に多くみられます。

毛穴汚れに良いクレンジングのタイプとは?

クレンジングにも様々なタイプがある!

クレンジングには大きく分けると4つのタイプがあります。

ここではそれぞれどのような特徴があるのか、ご紹介していきます。

オイル

洗浄力:かなり高い

メリット:ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクでもしっかり落ちる洗浄力

デメリット:界面活性剤が含まれていることが多く、肌負担やダメージがあるものが多い。敏感肌や乾燥肌だと洗顔後に突っ張りを感じることもある。

ジェル

洗浄力:やや低め

メリット:肌に優しく、潤いを保ってくれる。

デメリット:洗浄力が高くないため、W洗顔が必要なことが多い。

ミルク、クリーム

洗浄力:高い

メリット:肌負担が少ない、毛穴が開きにくい

デメリット:ウォータープルーフなどは落としにくいことが多い

ローション(リキッド)

洗浄力:普通

メリット:手軽に使える。

デメリット:肌への摩擦が大きい。アルコールを含むものが多く、刺激が強い。

毛穴悩みへのおすすめの声が多いのは、ジェルとミルク(クリーム)。

お肌への負担が少ないとそれだけで乾燥や皮脂過剰などには繋がりにくくなります。

毛穴汚れに効くクレンジング&クレンジング方法

自分の毛穴悩みに合ったクレンジングの選び方

・詰まり毛穴

洗浄力の強すぎるものは控える。角質が溜まりにくくなるように、保湿ケアをしっかりする。

<おすすめクレンジング>

ジェル、クリーム

・たるみ毛穴

こちらも洗浄力は優しめのものを選ぶ。たまにスペシャルケアとしてピーリングをしてあげるとよい。

<おすすめクレンジング>

ミルク、クリーム、ジェル

・ひらき毛穴

とにかく、毛穴がつまらないようにクレンジングはしっかりする。毛穴を引き締め、皮脂もコントロールしてくれるビタミンCやビタミンAを配合しているコスメでケアすると効果的。

<おすすめクレンジング>

クリーム、ジェル

「おすすめ」の声が多いクレンジングのタイプ

・無添加

合成界面活性剤などが使われていないものは、低刺激になアレルギーも起こしにくいです。無添加でかつ毛穴クレンジングをしたい場合は、刺激の低い美容成分や非イオン系界面活性剤が使用されているものがいいでしょう。

・W洗顔不要

洗いすぎることにより、肌は乾燥しやすくなり皮脂過剰の原因にもなります。出来るだけ、肌負担を抑えるためにW洗顔は不要であるものが良いでしょう。

・ピーリング効果

毛穴詰まりの原因の一つが、古い角質です。これを取り除き肌の生まれ変わりのリズムを整えることで、毛穴悩みの改善に繋がります。

まとめ

一言に「毛穴」といっても、様々なタイプと原因があるのが難しい毛穴悩み。クレンジングの選び方も、大切なのはあなたのお肌とお悩みに合っている、ということです。

今回おすすめさせて頂いたものを参考にしながら、あなたに合った毛穴ケアクレンジングを探してみてくださいね。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.