未分類

シミのできる原因とは?シミのメカニズムと予防対策

投稿日:

一般的に老化で出来ると言われているシミ。実は、遺伝や生活習慣など様々な要因でできるため、一概になにが原因かを断定するのが難しい肌トラブルになります。この記事では、シミのできる原因とその種類、シミを予防する方法についてお話していきます。

 

シミのできるメカニズム

シミの原因

シミは肌のメラニンという色素が排出しきれずに肌に残ってしまっている状態のことを指します。原因は様々ですが、主に紫外線(UVA)やストレスによる身体への刺激が原因になります。

 

シミが出来る過程

シミはどのように出来るのでしょうか。お肌は、何かしらの刺激が原因で、肌の奥底にあるメラノサイトという細胞から信号を送ります、この信号が届き「メラニン」という色素が生成されるのですが、このメラニン色素が過剰になったり排出が間に合わずにお肌に残ってしまうと、シミになるのです。

また、このメラニン色素がお肌に残りやすくなる原因の一つに「ターンオーバーの乱れ」があります。人の肌は、ターンオーバーといって生まれ変わりの周期があるのですが、正常な状態は約28日と言われており、これよりも遅れてしまうとうまくメラニンが排出できずにシミになりやすくなります。

 

シミの原因「メラニン」はどんな時に増加する?

メラニンの存在がシミに深く関与していることは分かりました。ではこのメラニンはどのような時に増えてしまうのでしょうか。

 

・紫外線

メラニンの増える一番の原因が紫外線です。紫外線を浴びると、お肌はターンオーバーで排出しきれないほど大量にメラニンを作ってしまいます。それがお肌の中に滞り沈着すると、シミとなって現れるのです。

・炎症、ニキビなど肌トラブル

肌は炎症を起こしたときに色素沈着を起こしやすくなりシミの原因になります。

 

・肌への摩擦

肌への過剰な摩擦はメラノサイトを刺激してメラニンを増やします。

 

・女性ホルモン

プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが刺激誘引物質としてメラニンを増加させてしまいます。

 

・活性酸素

ストレスや喫煙、睡眠不足などが原因で活性酸素が発生するとメラノサイトが作動し、メラニンは増えます。

 

ちなみに、メラニンが排出されにくくなる原因は紫外線、加齢、睡眠不足です。睡眠不足は意外なところですが、睡眠時に生み出されるエストロゲンという女性ホルモンが不足することによりターンオーバーの乱れを引き起こすと言われています。

 

シミの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

別名「日光黒子(にっこうこくし)」とも呼ばれ、紫外線が主な原因となるシミの種類です。シミの多くがこの老人性色素斑と言われています。顔や手、背中、前腕など露出の多い場所に出来やすく、中年以降に増えます。

 

<原因>紫外線

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「そばかす」と言われる遺伝性のシミです。これはスキンケアなど自力で消すのは難しいタイプで、思春期に目立つようになります。頬や鼻の周りの多くみられます。

 

<原因>遺伝

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

やけど、ニキビや虫刺されなどによるお肌の炎症が治った跡に残るシミです。時間経過で徐々に薄くなっていくことが多いです。

 

<原因>やけど、ニキビ、虫刺され、かぶれ、化粧品荒れなど

 

肝斑(かんぱん)

女性の顔に多く生じます。妊娠などのホルモンバランスの変化により悪化することが多く、紫外線で悪化します。頬骨に沿って左右対称に出来ることが多いです。高齢者には見られないのと、レーザーを当ててしまうと悪化するのが特徴。

 

<原因>ホルモンバランスと言われている

 

 

このように、一言にシミといっても様々な種類とその原因があります。そばかすに関しては遺伝性のものになるので、セルフケアでの改善は難しいと言われています。また、あなたのシミがもし肝斑の場合は、レーザー治療は逆効果になりますので、しっかりと見極めた上で対策を練りましょう。もちろん、医師に相談するのも一つの手です。

 

シミの予防対策

ターンオーバーを促す

お肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり周期)が遅れることで、メラニンが排出されにくくなりシミの原因に繋がります。裏を返せば、新陳代謝が上がりターンオーバーが正常化すればシミは出来にくくなります。

 

肌への刺激を出来るだけ避ける

間違ったスキンケア方法で肌の摩擦を起こしてしまったり、衣服などで刺激を与えすぎるとメラノサイトは刺激されてしまいます。

 

スキンケアをしっかりとする

お肌のシミの原因の一つになる乾燥は必ず防ぎましょう。洗顔では不要な角質を取り除き、こすらないように優しく洗ってください。洗顔後はすぐに保湿をして乾燥を防ぎます。また、シミ対策であれば美白・美容成分をしっかり配合しているものがおすすめです。

 

ストレスを溜めないように工夫する

ストレスはメラノサイトを刺激し、シミの原因を作り出してしまいます。またストレスが溜まることは美容だけでなく健康にも被害が及びますので、適度に発散するように心がけましょう。

 

生活習慣を見直す

偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れはシミの原因になります。食生活では出来るだけビタミンやミネラルを摂取して健やかなお肌を作りましょう。寝る時間が遅くてずらすことが出来ない場合、深い眠りにつけるように寝る直前はスマートフォンなどは控え、読書などでリラックスできるように心がけると睡眠効率が上がります。

 

サプリメントをとり入れる

シミの対策になる栄養素をサプリメントから補給するのも良いでしょう。基本的には食事からの方が栄養は摂りこみやすいのですが、毎日完璧な食事をするのは難しいので、サプリメントなどからの補給をおすすめします。シミに効く成分としては、ビタミンC、コエンザイムQ10、L-システイン、リコピンなどが挙げられます。

 

まとめ

様々な原因と種類があるシミ。どんなシミだとしても、やはりあると気持ちは下がりますし、出来ることなら予防したいものですよね。一番の対策としては、シミの主な原因になる紫外線とストレスを避けることが有効。今あるシミを悪化させないため、またこれからのシミを作りにくくするためにも、あなたにあったシミ対策をとりましょう。

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.