未分類

こめかみのシミを消す方法と、予防対策

投稿日:

こめかみをはじめ、顔の至るところに出来てしまうシミ。とても目立つし気になるものの、出来てしまったシミを消すことは出来るのでしょうか?また、シミが出来にくくなる方法はないのでしょうか?この記事では、シミを消すのに有効な手段と、シミの予防対策についてお話していきます。

 

シミが出来てしまう原因

こめかみに多いのは老人性色素斑

シミの原因として一番多いのが、紫外線が原因で出来てしまう、老人性色素斑。日光黒子とも呼ばれます。人の肌は、紫外線などの刺激を受けるとメラニンというシミの素が沢山作られてしまいます。このメラニンが過剰に作られてしまうと分泌が遅れてしまい、肌に残りシミとなるのです。こめかみや、頬骨にできやすいシミがこの老人性色素斑です。

 

紫外線とストレス

紫外線やストレスはシミの主な原因となるのですが、共通して言えるのは、メラニン色素がお肌に残ってしまう原因になること。お肌は、紫外線など刺激を受けたときに肌が異常を察知し、メラニン色素を生成する命令を出します。この時、普通であればこのメラニン色素はターンオーバー(お肌の生まれ変わり)で排出されていくのですが、ストレスが溜まっていたり何らかの原因でターンオーバーが遅れてしまうとメラニン色素が排出されずに肌に残ってしまうのです。紫外線によりメラニンが増え、ストレスによりその排出が滞ることでシミに繋がるのです。

 

こめかみのシミを消すには?

シミ効果的な成分を使用する

・プラセンタエキス

プラセンタエキスとは、豚や馬、羊などの胎盤から抽出される美容成分。お肌のターンオーバーの促進、抗酸化作用などの美肌効果があります。また、このプラセンタエキス、シミの元になるチロシナーゼという酵素の働きを抑えます。このチロシナーゼはメラニン色素を生み出す役割を持っており、この働きを抑えるとシミの元の発生を止められるのです。また、プラセンタは成長因子、アミノ酸など美肌に効果的な成分を多く含んでいるため、シミだけでなくお肌自体が美しくなるサポートをしてくれます。

 

・ビタミンC誘導体

ビタミンCには抗酸化作用があり、シミや老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。こちらもプラセンタ同様、チロシナーゼの働きを抑えるためシミの原因を作りにくくなります。このビタミンCを吸収しやすくしたものがビタミンC誘導体で多くの種類があるのですが、中でもAPPSという種類のものは一般的なビタミンC誘導体の約100倍の浸透力があると言われています。

 

・ハイドロキノン

医療機関でも処方される美白成分であるハイドロキノン。その強力さは「肌の漂白剤」と呼ばれるほどで、美白成分の中でも一番効果が高いです。ハイドロキノンはメラノサイトの働きを抑えてメラニンの発生を抑えるため、すでに出来てしまったシミを薄くしたり消してくれる効果があります。

 

・トレチノイン

肌のターンオーバーを早める作用があり、メラニンが肌に残ってしまうのを抑制します。ハイドロキノンの併用すると効果的なのですが、肌が弱い方には少々刺激が強いようです。

 

食べ物での改善方法

シミは栄養素によっても改善することが出来ます。

<シミに効果的な野菜>

・トマト

・人参

・カボチャ

・ブロッコリー

・ホウレンソウ

 

<シミに効果的な果物>

・レモン

・グレープフルーツ

・柿

・イチゴ

上記の食べ物はビタミンを始めとした美容成分が豊富で、シミを薄くしたり消してくれます。

 

馬油がシミに効果的

浸透力が高く、人の皮脂に近い性質を持っている馬油はシミに効果的と言われています。馬油はお肌の新陳代謝を高め、古い角質を上へ上へと押し上げてくれます。軽いシミであれば、古い角質が剥がれていく過程で徐々に薄くなっていきます。ちなみに、今まで表面には出てこなかったシミが現れることがあり、シミが濃くなることもありますが使い続けることによりシミが消えていくことが期待できます。

ちなみに馬油はシミ以外にも効果効能が多く、

 

・皮膚の酸化(老化)防ぐ

・火傷や日々などの炎症を抑える

・血行を促進する

・高い保湿力

上記のように様々な美肌効果が期待できます。シミ以外に複合的なお肌悩みを抱えている方には、馬油はかなり強い味方になってくれるでしょう。

 

シミの予防対策

美白化粧品

ハイドロキノンなど、先述したような美容・美白成分を含んでいる化粧品を使用することでシミの原因を作りにくくすることは非常に大切です。継続は力なりという言葉もあるくらいですから、毎日のお手入れで対策が出来ればシミの対策にはかなり強力でしょう。

 

ピーリング

乱れやすいお肌のターンオーバーを正常化してあげるためにも、ピーリングはおすすめです。ピーリングとは古い角質を取るスキンケアのことで、ジェルやウォータータイプのものなどがあります。この際、注意していただきたいのが、やりすぎないこと。ピーリングはしすぎるとお肌に負担になり、ひどい場合はシミが悪化してしまうこともあります。優しいピーリングケアを、メーカー指示の頻度を目安に続けてみてください。

 

医療機関でのレーザー治療

すぐに消したいなら、医療の力を

シミは肌の奥底から出来てしまっている場合があり、濃くなってしまうとセルフケアでの対策が難しいこともあります。すぐに治さなければならない事情があったり、セルフケアでは手に負えない場合は医療の手を借りるのも得策でしょう。

 

レーザー治療

レーザーによるシミ治療は、照射だけでなくホームケア用品や診断料、薬代などもかかるため、費用はかさみます。保険も基本的に適用外になります。1回の治療にかかる総額は、小さいシミであれば5000~1万円が目安となります。

 

 

まとめ

なかなか消すことが難しく、しかも目立ってしまうこめかみなど顔のシミ。メイクで隠せたとしても、すっぴんになった瞬間現実に引き戻されてしまいますよね。ですが多くのシミは紫外線などのお肌への負担が原因であることが大半。シミを消す近道として、毎日のスキンケアで保湿してダメージを受けにくくする、日焼け止めを塗るなどといった、非常にシンプルな予防が最も大切になってきます。出来てしまったシミを治すためのケアをしつつ、日ごろのスキンケアや食生活でシミの原因を取り去っていくことが、一番のシミ対策になるでしょう。

 

 

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.