未分類

手のシミを消したい!手にできるシミの原因と予防対策とは

投稿日:

自分からも他人からもよく見える、手の甲。ここにシミがあると老けて見られますし、何よりしょっちゅう目に入る部分なので気になってしまいますよね。なぜ、手にシミは出来てしまうのでしょうか?また、手にシミが出来るの防ぐ対策はないのでしょうか?この記事では、手のシミの原因と対処法、予防のためのケアについてお話していきます。

 

手に出来るシミの原因

手のシミには種類がある

露出の多い部位である手に出来るシミの原因は、基本的には紫外線によるものが多いです。手の甲に出来るシミは大きく分けると2種類ありますので、ここでご紹介します。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

紫外線が原因のシミで、肌に溜まったメラニン色素が時間の経過でシミとして現れます。手、顔、腕、デコルテなどの露出の多い部分に出来やすいシミで、紫外線によるダメージに対する防衛機能が働き、メラニン色素が過剰生成されてそれが排出しきれなくなるとお肌にはメラニン色素がしみとなって残るのです。

また、紫外線は肌のハリを保つために必要なエラスチン、コラーゲンを傷つけ、肌の老化現象にも繋がります。

メラニンが肌に残る原因は主に2つで、1つは紫外線や肌への刺激などによる過剰生成。もう1つはターンオーバーの乱れによってメラニンが排出しきれなくなったことによります。

 

<老人性色素斑の特徴>

輪郭がはっきりしており、褐色で楕円形。40代前後で現れやすくなります。色白、アウトドア好きの人だともっと早いタイミングで出やすくなります。

 

炎症性色素沈着

ケガ、やけど、にきび、虫刺されなどの肌の炎症が跡として残りシミになったもののことを指します。

<炎症性色素沈着の特徴>

褐色をしており、原因となった炎症の跡に出来ます。時間経過によりだんだんと薄くなっていくといった特徴があります。

 

手のシミを消すための対処法

すぐに消したいときはメイクアップ

一時的にでも早く消したいときにはボディ用のファンデーションが便利です。ボディ用のものは水や汗、摩擦に強く作られているので、衣類にも色移りしにくくなっています。

スキンケア成分が含まれているものなら、隠すと同時にお肌のケアもできて一石二鳥ですよ。

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤と呼ばれ、美肌成分の中で最も効果の高いと言われているハイドロキノン。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑え、分解もしてくれるので、手のシミには特に多い老人性色素斑には効果抜群です。

 

トレチノイン

ハイドロキノン同様、シミに効果的な成分です。クリニックでは外用薬として処方され、使い方はシミのある部分に塗るだけ。効果はだいたい1~3か月程度で現れると言われています。定期的に診察を受ける手間はありますが、医師のフォローもあるのでその点はあんしんですよね。ちなみにトレチノインは妊娠中には使えないため注意してください。また、塗った跡には必ず日焼け止めを重ねるなど使用する際にはルールがあるのでその部分も確認して使用するようにしましょう。

 

クリニックでのレーザー治療

短時間ですぐに消したい、またはシミが濃くてセルフケアだと治すのが難しそうな場合はレーザー治療が適しているでしょう。費用が高く、保険が適用されないのが懸念点ですが、即効性であればダントツでレーザーが効果的です。

 

栄養成分を補給する

手のシミの原因の一つに、ターンオーバーの乱れでメラニンの排出が出来なかったことが挙げられます。理想的なターンオーバー周期が28日なのに対し、30~40代だと50日、50~60代になると100日かかると言われています。これを解消できるのが「L-システイン」という成分で、ターンオーバーの促進とメラニンの排出を促します。内側からのケアは効果が出るまでに時間がかかるものの、外側からのケアや治療と並行すれば相乗効果が期待できるでしょう。

 

手のシミを予防!効果的なケアについて

まずは日焼け対策

出来てしまった手のシミをこれ以上悪化させない、また、新しくシミが出来てしまうのを防ぐためにも、日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。手は摩擦や洗浄などで日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗ると安心です。

 

紫外線カットグッズを利用する

シミに紫外線は必ずといっていいほど関係しています。気が付かない間、知らず知らずのうちに紫外線は浴びてしまっている可能性がありますので、日焼け止めはもちろん、ショールを羽織ったりアームカバーをしたりして紫外線対策をするのが得策です。

 

美白効果のあるハンドクリーム

ハンドクリームには、美白効果のあるものもあります。ハンドクリームに関しても前述同様、手を洗った後などはこまめに塗りなおすのが効果的でしょう。また、手にも化粧水を塗ってからハンドクリームを塗ると、顔のスキンケアと同じで効果的です。クリームを塗ったついでにマッサージをしてあげれば血行も促進されて美肌に繋がりますよ。

 

乾燥を避ける

こまめな保湿はもちろん、水にぬれた際にはしっかりタオルやハンカチなどで指の間まで水分を拭き取りましょう。水分は、蒸発していく過程で肌に本来必要な水分までもっていってしまうことがあります。乾燥してしまったら、すぐに保湿ケアをしてくださいね。

 

洗剤は出来るだけ触らない

洗剤には合成界面活性剤が使用されているものが多く、その成分が手荒れや乾燥の原因になります。洗い物などで洗剤を扱う際には、ゴム手袋などでなるべく洗剤には触らないような対策をしましょう。敏感肌の方には特に意識していただきたい部分です。

 

まとめ

顔や首と同じくらい、もしかしたらそれ以上に露出していることの多い手の甲。シミが出来やすくなってしまう部分なのに、なんとなくケアは行き届かなかったりしますよね。ですが、その主な原因は日焼けによるものですので、対策次第で手のシミは減らし、予防することが可能です。またケアをしていないあなたは、まずはハンドクリームによる保湿ケアから始めてみてはいかがでしょうか?スキンケアをする際に、手にも化粧品を伸ばすのも効果的でしょう。ちょっとずつでもケアをしてあげて、美しい手肌をゲットしてくださいね。

 

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.