未分類

大人ニキビがあごにできるのはなぜ?その原因と対処法を解説!

投稿日:

大人になってからあごにニキビができやすいのはどうしてなのでしょう?

ニキビを防ぐためには、まずその原因を知る必要があります。

ここでは大人ニキビと思春期ニキビの違い、あごにできる大人ニキビの原因とその予防方法についてご紹介します。

 

大人ニキビは思春期ニキビとどう違う?

大人になってからできるニキビは、思春期の頃にできるニキビとは原因が異なります。

ニキビは毛穴が詰まることでできるものなので、その点では大人も思春期も変わりません。

しかしその毛穴が詰まる原因が大人と思春期にできるニキビとでは違うのです。

思春期ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まりやすくなることにあります。

思春期はとにかく皮脂が多く分泌され、毛穴もまだ小さいので毛穴が詰まりやすい状態にあります。

このため思春期は皮脂分泌の多いTゾーンにニキビができやすい傾向となります。

一方大人ニキビの原因は、肌のターンオーバーが乱れにより古い角質が残り、毛穴を塞いでしまうことにあります。

このため大人ニキビは肌が薄くて乾燥しやすいあごや頬などの部分にできやすいのが思春期ニキビと異なる点です。

 

大人ニキビがあごにできる原因はさまざま

大人ニキビはターンオーバーの乱れが主な原因なのですが、そのターンオーバーの乱れを引き起こす原因はいろいろあります。

ここではその代表的な原因についてご紹介します。

 

ホルモンバランスがあごのニキビに影響

大人のあごニキビができる原因のひとつとして、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

特に女性ホルモンと男性ホルモンのバランスは、肌荒れやニキビと密接に関係しています。

総じて女性ホルモンは皮脂の分泌を抑え、男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあります。

両方のホルモンのバランスが取れてこそ、肌は健全な状態を維持できます。

このバランスが崩れると、皮脂の過剰分泌または肌の乾燥につながるので、いずれもニキビができやすくなってしまうのです。

 

男性ホルモン

男性ホルモンには皮脂の分泌を活発化させる働きがあり、何らかの理由で男性ホルモンが増えると、皮脂が多く分泌されニキビができやすくなります。

特にあご周辺は男性ホルモンの影響を受けやすい場所で、かつ女性の場合はあご周りの毛穴が男性に比べ未発達で小さいので、一層毛穴が詰まりやすくニキビができやすい環境となっています。

男性ホルモンが増える原因としては、ストレスや不規則な生活などが挙げられます。

ストレスや生活習慣の乱れは自律神経の乱れを引き起こし、男性ホルモンの増加につながるのです。

 

女性ホルモン

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲンは皮脂の分泌を抑え、プロゲストロンには皮脂の分泌を促す働きがあります。

皮脂は肌を守る役割を持ち、肌には必要なものなのですが、皮脂の分泌は多くても少なくても肌にとってはよくなく、ニキビの原因となってしまいます。

生理や妊娠によってニキビができやすくなるのは、この女性ホルモンのバランスが崩れることによります。

 

あごは手で触りやすくニキビができやすい

あごは顔の中でも手で触れることの多い場所と言えます。

場所的に手が届きやすくて触りやすいため、無意識のうちに触っていることも多いのではないでしょうか?

また頬杖やあご杖をつくことで触れるケースもありますよね?

手で肌に触れることは、肌へ刺激を加えることになります。

肌への刺激はターンオーバーを乱す要因にもなりますし、さらに手は目には見えませんが雑菌の温床と言ってもいいほど汚れているものです。

汚れた手で顔を触ることは顔に汚れをつけているようなものであり、肌にとっては余計に刺激となりニキビをできやすくしてしまいます。

 

胃腸の調子の悪さもあごニキビを招く


体調不良、特に胃腸が調子悪い場合、肌荒れやニキビを引き起こすことにつながります。

消化吸収がうまくいかなければ肌に必要な栄養も行き届きにくくなり、肌の新陳代謝、ターンオーバーがうまくいかなくなります。

また便秘は古い便が残っていることにより血液が汚れるため、なおさら肌の調子も悪くなってしまいます。

内臓の不調は肌の調子にも影響を与えます。

ニキビを防ぐには身体の中から健康に気をつけることが大切です。

 

大人のあごニキビ対策は?

大人になってできるあごニキビは、ホルモンバランスをはじめ様々な原因によってできます。

ここではあごニキビを防ぐための予防策についてご紹介します。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとることは心身の疲れをとり、体調を整えるためには欠かせません。

ホルモンバランスを整えるためにも質の良い睡眠をとることは大切です。

また睡眠は肌のターンオーバーを促進させ、肌を正常な方向に導いてくれます。

ニキビ対策としてははもちろんのこと、何より健康でいるために毎日ぐっすりと眠ることが必要となります。

 

栄養バランスの良い食生活

食事は栄養を身体に摂り入れる行為ですから、おろそかにすることはできません。

人間はしっかり栄養を摂らなければ健康でいることはできませんし、栄養バランスが悪かったり不足したりするとホルモンバランスも乱れ、肌の調子も悪くなりますしニキビなどのトラブルも発生してしまいます。

ニキビ対策として女性ホルモンのバランスを整えるためには、かつおやまぐろ、バナナなどビタミンB6を含むものや、アーモンドなどのナッツ類やアボカドなどビタミンEを含む食品などが効果的です。

またヨーグルトや豆腐などの大豆食品もホルモンの働きを正常化してくれるので、積極的に摂りたいところです。

しかし栄養は偏ってとってもいいことはなく、バランスよく摂ることが大切です。

深く狭くではなく、浅く広くを心がけて摂るようにしましょう。

 

むやみに触らない

あごは手で触りやすいことがニキビができやすい原因であると説明しました。

ですので、ニキビを防ぐためには触らないことが大切です。

ついつい癖で触ってしまう方もいると思うので、あごを触る癖がないか自身でチェックしてみることをおすすめします。

頬杖などは見た目的にもよろしくないので、しないように心がけましょう。

肌への刺激はニキビなど肌トラブルの原因です。

あごをはじめ顔を触るのは極力避けましょう。

 

身体を温める

身体が冷えてしまうと血液の循環も悪くなり、全身に酸素や栄養が行き渡りにくくなります。

新陳代謝も衰えてしまうので、肌のターンオーバーにも影響を及ぼします。

また自律神経やホルモンバランスは冷えによって乱れてしまう恐れがあるため、身体は冷やさないように気をつけることが大切です。

バスタイムはシャワーで済ませるより、しっかり湯船につかって温まるようにしましょう。

また冬場は何かと身体が冷えやすい季節ですが、防寒に努め温かくして過ごすことが大切です。

さらにショウガやねぎなど身体を温めてくれる食材を摂り、とにかく体を冷やさないように気をつけましょう。

 

スキンケアでしっかり保湿

大人ニキビ対策として日頃のスキンケアは非常に大切です。

大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れが原因であることが多く、特に肌が薄くて乾燥しやすい頬やあご、口周りに出やすい傾向があります。

このためスキンケアでは保湿が何より大切となります。

保湿のためにスキンケアを行うといっても過言ではありません。

クレンジング、洗顔後は化粧水、美容液、クリームで肌を保護し、しっかり保湿することが大切です。

 

まとめ


大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れでできることが多い点で思春期ニキビとは異なります。

このため、あごなど肌の乾燥しやすい場所にできやすく、予防のためにはスキンケアでしっかり保湿することが必要となります。

またターンオーバーの乱れはホルモンバランスの乱れから生じやすいため、日頃の睡眠や食生活など健康的な生活習慣を過ごすよう心がけましょう。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.