未分類

赤外線の美容への影響ってあるの?押さえておくべき赤外線についての豆知識

投稿日:

私たちの生活で、いたるところに使われている、赤外線。オーブントースターや暖房、電化製品のリモコンなど、私たちの生活を便利にするための必需品となっています。そんな赤外線ですが、身体への影響がどうやらあるようで、関わり方によってはなんと健康被害が出ることも。当たり前ですがもともと地球にある電磁波のため、直接的な毒性はないのですが、使用方法には注意が必要です。この記事では、赤外線が一体どういったものであるかも交えながら、美容や健康への影響についてお話していきます。

赤外線ってなに?

赤外線は「目に見えない光」

赤外線は「不可視光線」というものの一種で、この不可視光線は実は太陽の光にも混ざっています。ちなみに、目に見える光のことは可視光線と呼び、虹の色と言われる7色と同じ色をしています。赤外線の波長はこの可視光線よりも長くなっています。

赤外線にも種類がある

赤外線には種類があり、

・近赤外線

・中赤外線

・遠赤外線

上記の3種類に分類されます。不可視光線とは呼ばれているものの、実際には電磁波になります。

赤外線の特徴とその用途

温度を上げるものは赤外線を発している

赤外線はものに当たった時に物体の温度をあげます。地球に温度があるのは赤外線のおかげで、炭火など炎を出す物質は遠赤外線を沢山出しています。また、赤外線は物体の内部に浸透し温度を上げるものですので、低温火傷になりやすいのも特徴です。

赤外線に依存している私たちの生活

オーブントースターや、電化製品のリモコン、センサー式の照明などは全て赤外線を用いています。ガラケーが一般的だった時には、「赤外線通信」という通信方法がありましたが、あれももちろん赤外線で、近赤外線を利用したものになります。オーブントースターや遠赤外線の暖房を使用する際に、ヒーターが赤く光りますが、あの赤い部分から赤外線は出ています。

赤外線のメリットは多くはない

赤外線を使用するメリット

赤外線は治療器具に使われることもある、汎用性の高い光線です。その赤外線が健康にもたらす効果をご紹介します。

身体(患部)を温める

赤外線を利用した治療器具は多くあり、内部まで温めてくれるので肩こりや腰痛、関節痛などに効果的です。

実は赤外線には健康に関してメリットが少なく、患部を適切に温めること以外には基本的に身体への悪影響が懸念されます。また、遠赤外線に関しては肌表面にしか透過しないため、身体の内部を温めるのは不可能になります。

赤外線のデメリット

赤外線による健康被害がある

私たちの生活に寄り添い、とても便利な赤外線。ですがこの赤外線が影響して健康被害が出ることもあります。

・火傷

一番多いのは熱による火傷。赤外線による火傷の怖いところが、身体の深くまでダメージを与えてしまうことです。先述した通り、赤外線は物体の内部の温度を上げるので、赤外線による火傷は身体の内部にまで渡ってしまうのです。また、赤外線は低温でも温められるという特徴があるため低温火傷に繋がりやすいのも注意点。赤外線を浴びた結果、気が付くといつの間にか火傷になっていた、なんてこともありますので、感覚が鈍っている高齢者などは特に気を付けたほうが良いでしょう。

・白内障の原因にも

赤外線は見続けることも良くないと言われています。ただ、赤外線を見続けたからと言ってすぐにその被害があるわけではなく、赤外線は長期間で網膜を傷つけていく特徴を持っています。10年単位で赤外線を長時間見続ければ、白内障の発症率は上がってしまうそうです。強い日差しの下で長時間過ごしたり、赤外線を使った製品を作り続けたり赤外線を見続けると身体への影響が見込まれますので注意が必要です。ちなみに、赤外線を防ぐことのできる眼鏡があるそうなので、赤外線と距離を置くことが難しい方は活用してみると良いでしょう。

赤外線の肌へのダメージ

・赤外線は肌を老化させる

「光老化」という言葉を聞いたことはありませんか?これは太陽の光を浴びすぎることによる老化のことで、赤外線が関与しています。紫外線ケアだけでなく、IRカットアイテムといって、赤外線をカットしてくれるものを使うことにより、この光老化を予防することが出来ます。

・近赤外線による肌へのダメージ

ある専門家によると、近赤外線は紫外線よりも肌へのダメージがあるようです。しかも透過力が強いため、真皮に到達する確率が高い。紫外線のような発がん性については懸念されていないものの、「老化光線」と言われています。

・遠赤外線の肌への影響

暖房器具によく使用される、私たちにも馴染み深い遠赤外線。

遠赤外線の肌への効果としては、外側部分の冷えの抑制が挙げられます。ただ、ここで注意が必要なのは、低温火傷をしやすいことと、遠赤外線は肌の表面にしか影響を与えないために「赤外線により身体の芯から温まる」などの効果はないこと。もし、身体が中から温められるといったような宣伝文句を見かけても、騙されないように注意してください。

・中赤外線について

近赤外線か中赤外線、遠赤外線という順番で、赤外線の波長は長くなっていきます。同じ赤外線ではあるので、中赤外線については、近赤外線と遠赤外線の中間のような影響があると考えられます。お肌への良い効果は基本的には無いので、顔などにあまり当たらないようにしましょう。

細胞を活性化させるものではない

「赤外線の効果で細胞が活性化する、ガンが治る」などといった謳い文句の商品がたまにあります。これは事実無根で、赤外線には身体を温める効果はあっても細胞を活性化したり病を治す効果はありません。こういった商品を見かけても惑わされないようにしましょう。

まとめ

用途が多く、使い勝手も良く、様々なところで私たちの生活を便利にしてくれている赤外線。その利便性ゆえ、接触頻度はかなり多いものの、あまりに頼りすぎるとあなたの健康や美容にダメージを与えてしまう可能性があります。全て使用しない、頼ることを一切やめるということは難しいですし、逆にストレスになってしまうこともあります。ですので、無理をしない程度にメリハリをつけ、赤外線との程よい距離を見つけることが大切。あまり意識し過ぎず、でもあなたにとってマイナスにならないような赤外線の活用を工夫してみてくださいね。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.