未分類

美白オールインワンゲルが人気の理由とその効果について

投稿日:

世の中の美白ブームを反映するように、美白成分配合の化粧品は数多く出回っています。

その中でも美白オールインワンゲルは人気を呼んでいますが、人気に値するメリットがある反面、デメリットも当然存在します。

美白オールインワンゲルを使うにあたっては、こうした点を考慮することが大切であり、今回は白オールインワンゲルの人気の理由とその効果について、メリットデメリットを交えながらご紹介します。

 

美白オールインワンゲルが人気の理由

今化粧品業界では、オールインワンタイプの化粧品が人気を呼んでいます。

美白成分配合のオールインワンゲルも登場しており、化粧品の技術がどんどん進化していることを実感します。

オールインワンゲルは通常の化粧品に比べどのようなメリットがあるのか、ここではその人気の理由についてご紹介します。

 

手間いらず

オールインワンゲルの最も大きな人気の理由は、スキンケアに時間をかけずに済むことです。

普通は化粧水、美容液、乳液、クリームとスキンケアを何工程も行う必要があるのに対し、オールインワンゲルならたった1工程で終了してしまいます。

すなわち従来の1/3~1/4程度の時間でスキンケアを終わらせることができることになります。

化粧下地、化粧水、美容液、乳液、クリームの各機能がひとつにまとめられているので、たった1回のケアですべてのケアができてしまうのはありがたいですよね?

これは忙しい方、楽をしたい方にとっては非常に強い味方となってくれます。

美白効果や紫外線対策効果のあるオールインワンなら、なおさら一石二鳥で手軽に使えるのがうれしいところです。

 

肌への刺激が少ない

単品の化粧品でスキンケアを行うと、何工程もスキンケアの工程があるため、それだけ肌に与える摩擦・刺激は大きくなってしまいます。

その点、オールインワンタイプの化粧品であれば、1工程で済んでしまうので肌への刺激もそれだけ少なくて済みます。

肌への刺激は肌トラブルの原因になりますし、メラニンやシミの発生にもつながります。

美白のためのスキンケアのはずが、実はシミの原因となってしまっては目も当てられませんよね。

オールインワンゲルならシミなどの原因となる肌への刺激・負担を減らすことができるのです。

 

安上がり

基礎化粧品をラインで揃えるとなると、コスト的にかなりかかります。

高級な化粧品や、美白効果の高い成分が配合された化粧品など、少しでも良いものを選んでいくとなおさら高くついてしまいます。

その点オールインワンゲルであれば、たくさんの化粧品を揃える必要がなく1本で済んでしまうので、かなり安上がりです。

またオールインワンゲルは販促に力を入れているものが多く、定期購入などでさらに安く購入できたりするので、コストパフォーマンス的に見てとてもお得なのが魅力です。

 

持ち運びに便利

旅行や出張で出歩く機会の多い方にとって、オールインワンゲルはこれ1本で済むことから、化粧品をたくさん持ち歩く必要がありません。

出かけるときはやはり、荷物はなるべく少なく軽い方が移動も楽でいいですよね?

個々の化粧品を小さな容器に小分けにする手間も省けるので、手間もかからず楽です。

また、使い方も1回つけて塗るだけなので、間違えることがないのも助かります。

 

オールインワンゲルにも欠点はある


そんな便利なオールインワンゲルですが、良いことばかりではなく、残念ながら欠点もあります。

使用に関しては、ここでご紹介するデメリットについて理解した上で使用することが求められます。

 

スキンケア効果に劣る

一般論として、オールインワンゲルは個々の化粧品に比べるとスキンケアの効果は落ちると言われています。

もともと化粧水や美容液、クリームなど、個々の化粧品にはそれぞれ役割があり、その順序にも意味があります。

何工程もケアを行なうのは時間もかかり手間ですが、美白にしろ保湿にしろ、本来1工程ずつ丁寧にケアしてこそ最大の効果が得られるのです。

その点オールインワンゲルはひとつにまとめられているため、便利ではある反面、効果の面では少し劣る傾向にあるのが実情です。

 

いろいろな使い方ができない

単品の化粧品でスキンケアをするのは何工程もあるため面倒ですが、肌の調子などに合わせて使う化粧品を調整するなど、キメの細かいスキンケアを行うことができます。

季節やその時々の肌の調子に応じて美白や紫外線、保湿など、重点的にケアできるのが単品化粧品のいいところです。

オールインワンゲルの場合、すべての機能が1本にまとめられているため、こうした融通を利かせることはできません。

簡単に使える分、細かい調整はできないので、自分の肌に合ったものを選んで使うことが求められます。

 

人気の美白化粧品、その美白効果とは

化粧品に含まれる美白成分とは、メラニンの生成を抑制したりシミなどの色素沈着を予防・改善する効果を持つ成分のことです。

ここではその美白効果について見ていきましょう。

 

美白効果その①:メラニン生成を抑える

メラニンの生成を抑えることはシミの予防につながります。

メラニン色素は紫外線などの刺激を受けて生成されますが、多量に作られてしまうとターンオーバーで処理しきれず肌に沈着しシミとして残ってしまいます。

このようにメラニン色素はシミの基となる物質なので、メラニンの生成を抑えることがシミの予防となります。

メラニンはメラノサイトという色素細胞によって作られるのですが、その生成を妨げる主な美白成分としては
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・コウジ酸
・エラグ酸
・アルブチン
・リノール酸

などが挙げられます。

 

美白効果その②:メラニンの排出を促す

ビタミンC誘導体、リノール酸、プラセンタエキスなどは肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを排出しやすくする働きがあります。

ビタミンC誘導体は他にもメラニンが生成されるのを防いだり、権限作用によってメラニンの色を無色化する働きもあるので、まさに美白効果の申し子と言うべき存在です。

 

美白効果その③:メラニンの色を消す

美白効果と呼ばれるものの中には、メラニン色素を還元して無色化する、すなわち漂白する効果もあります。

ビタミンC誘導体やコウジ酸などにこうした効果が見られます。

しかしこの還元作用を持つ代表的な成分と言えば、やはりハイドロキノンが何と言っても有名です。

ハイドロキノンは元々医療機関でのみ処方される漂白効果の高い成分でしたが、現在では市販の化粧品などにもある程度の配合が認められています。

 

美白化粧品にできること&できないこと

美白化粧品と言えば肌が白くなる効果を想像しがちですが、実際には地肌の色が今より白くなるわけではありません。

美白化粧品の効果として期待できるのは、シミをできにくくするまたは改善する、日焼け後の肌を元に戻す、と言ったことになります。

地肌の色を白くしたりする効果はないので、例えば色黒の方が美白化粧品を使って色白になるということはありません。

 

美白を目指すなら身体の中からも改善を

シミのない美しい肌を目指す場合、美白化粧品は効果的なアイテムと言えます。

しかしそれだけで美しいな肌を実現できるわけではありません。

肌は人体の営みの中で形成されていくものであり、美しい肌を実現するためには身体そのものが健康である必要があります。

不健康な身体からは健康的で美しい肌は生まれないということです。

美しい肌を得るためには、睡眠や食生活、ストレスなどに気をつけ、心身ともに健康体でいることが何より大切です。

 

まとめ


美白オールインワンゲルは便利かつ手軽ゆえに人気があります。

忙しい方の時短アイテムとして非常にメリットあるアイテムですが、その反面効果的には単体の化粧品に劣るデメリットもあります。

美白成分を配合したオールインワンゲルも見受けられますが、こうしたデメリットを理解した上で使用することが求められます。

そして本当に美しい肌を得たいと願うなら、化粧品によるスキンケアだけでなく日頃の生活習慣から見直し、身体の中から美白作りにチャレンジすることをおすすめします。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.