未分類

年齢肌にはオールインワンゲルがおすすめ!その理由を解説!

投稿日:

年齢肌と言えば、シワやシミなど肌の衰えを連想します。

歳を取り肌の老化が進んでいくのは避けられないことですが、きちんと対策すればその進行を遅らせることは可能です。

ここでは年齢肌のケアにオールインワンゲルをおすすめする理由についてご紹介します。

 

年齢肌とは

年齢肌という言葉をよく耳にしますが、どういった肌を指すのかご存知ですか?

何となくイメージはつくかと思いますが、簡単に言えば加齢で衰えてきた肌とでも言いましょうか。

加齢肌と言えばわかりやすいのでしょうが、ちょっと角が立つ表現なので「年齢肌」とやんわした表現を使っているのかもしれません。

年齢肌に厳密な定義はないももの、だいたい30代を過ぎた辺りから年齢肌という表現が使われ始める印象があります。

しかし20代では既に年齢肌という指摘もあります。

 

20代で年齢肌は始まる

肌の状態は歳を重ねるとともに変わっていきます。

いわゆる老化現象ということなのですが、20代、30代になるにつれ肌のターンオーバーの周期は次第に長くなり、肌の再生に時間を要するようになります。

「年齢肌=30代以降」というイメージがありますが、実は20代、特に後半ともなると肌の老化は始まり、年齢肌は始まっています。

個人差はあるでしょうが、早めにケアをすることが若々しい肌を保つことにつながります。

 

年齢肌の特徴

このように20代には始まると言われる年齢肌ですが、その症状にはいくつかの特徴があります。

ここでは年齢肌の代表的な症状についてご紹介します。

 

保水力の低下によるシワ

年齢を重ねるに従い、肌には水分を蓄える力が低下してきます。

肌の表面にある角質層には水分を蓄えた角質細胞があり、セラミドなどの細胞間脂質がその角質細胞をがっちり抱え込んで水分を保持しています。

しかし歳を取るとセラミドが減少し、水分を保持することができなくなるため、肌は乾燥しシワができてしまいます。

さらに真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、肌の表面にとどまらない深いシワができてしまいます。

 

コラーゲンの減少によるたるみ

加齢や紫外線の刺激などにより、真皮層内にあるコラーゲンは次第に減少していきます。

コラーゲンは肌のハリや弾力を生み出す基となる物質で、このコラーゲンが減ってしまうと、肌はまるで空気の抜けてしまった風船のようになり、深いシワやたるみができてしまいます。

 

新陳代謝の低下によるシミ

紫外線など外部から刺激を受けると、肌を守るためにメラノサイトという色素細胞からメラニン色素が作られます。

通常このメラニン色素は、肌のターンオーバーによって外に押し出され剥がれ落ちてしまうのですが、たくさん作られ過ぎたりターンオーバーがうまく機能しなくなると体外に排出されず、色素沈着して肌の中に残ってしまいます。

これがシミです。

加齢によって身体の活動が鈍くなると、肌のターンオーバーのサイクルも長くなり、また乱れやすくなるので、メラニン色素も排出されにくくなってしまうため、シミができやすくなります。

 

血行不良によるくすみ

加齢より血行が悪くなると顔色が悪くなり、肌もくすんでしまいます。

血行不良の他にも、肌の乾燥やターンオーバーの乱れによって角質が剥がれ落ちず厚くなることもくすみの原因となります。

何となく肌の色がくすんで見えたり、顔色がすぐれない、老けて見えると感じたら、それは年齢肌によるくすみです。

 

オールインワンゲルについて


近頃話題のオールインワンゲル。

いろいろな化粧品の機能がひとつになって、若い方にも年齢肌を感じる方にも人気となっています。

ここではそんなオールインワンゲルのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

オールインワンゲルのメリット

オールインワンゲルの最も大きなメリットは、とにかくスキンケアが簡単にできて短時間で済ませることができる点です。

年齢を問わず忙しい方の強い味方となってくれます。

化粧水からクリームまでの機能がひとつになっているので、すべての化粧品の効果を一度の手間で得ることができます。

そして何度も肌に触れなくて済むので、肌への刺激が少ないこともオールインワンゲルの優れている点と言えます。

 

オールインワンゲルのデメリット

すべてのスキンケアが一度に済んでしまうメリットと裏腹に、個々の化粧品に比べると効果の面で劣ってしまう傾向があります。

個々の化粧品は言ってみれば、その道の専門商品ですから、それも仕方ないことかもしれません。

また、ひとつにまとめられている分、肌の状態にあわせて自分で調整しながら使うなど、細かい使い方をすることはできません。

簡単で便利な分、応用が効かないということになります。

オールインワンゲルを使う際には、こういうデメリットもあるのだと理解する必要があります。

 

年齢肌にオールインワンゲルは相性が良い

それでは年齢肌にオールインワンゲルを使うのはアリなのでしょうか?

結論から言うと、年齢肌にオールインワンゲルの相性は良いと言えます。

その理由について、これからご紹介します。

 

肌に優しいスキンケアができる

オールインワンゲルは化粧水から美容液、乳液、クリームなど、すべての化粧品の機能をひとつにしたものなので、1回塗ればスキンケアは完了してしまいます。

個別の化粧品を使って何工程もケアを繰り返すことに比べ、肌に触れる回数が圧倒的に少なく、その分受ける刺激も少なくて済みます。

外部からの刺激の影響を受けやすい年齢肌にとっては、スキンケアによる肌への負担が少ないのは大きなメリットとなります。

 

手間いらずで楽々スキンケアができる

年齢肌になればなるほど、スキンケアにかかる時間は多くなりがちです。

化粧水、美容液、乳液、クリームと順番に塗ってケアしていくのは高い効果が期待できる反面、非常に時間がかかり面倒でもあります。

その点オールインワンゲルであれば、1回の塗るだけですべてが完了するので、時間もかかりません。

スキンケアは続けてこそ意味があるので、そのためには時間がかからず簡単にスキンケアができるオールインワンゲルは、何かとお手入れが大変となる年齢肌にフィットしていると言えます。

 

いろんな悩みをこれ1本でカバーできる

年齢肌は乾燥、シミ、たるみ、くすみといったいろいろな症状があります。

オールインワンゲルならこれらの肌トラブルをたった1本で対処できてしまいます。

 

オールインワンゲルを選ぶ際のポイント

年齢肌の方がオールインワンゲルを選ぶポイントとしては
・保湿にすぐれたもの
・自身の症状に合ったもの
・エイジングケア成分配合のもの

といったことが挙げられます。

それではこれらについて見ていきましょう。

 

保湿に優れたものを選ぶ

スキンケアの基本は何といっても保湿です。

保湿なくしてスキンケアはあり得ないと言っていいほど、保湿は最重要ポイントです。

まして、肌機能が衰える年齢肌ともなればなおさらです。

健康的で若々しい肌となるためには、とにかく肌の潤いを保つことが何より大切なのです。

 

悩みに応じたものを選ぶ

オールインワンゲルにもいろいろな商品があり、配合成分もいろいろです。

保湿に重点をおいたもの、シミ対策に重点をおいたものなど、商品によって特徴があるので、自身の症状や悩みに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

美白、エイジングケアのできるものを選ぶ

年齢肌にとって必要となるのは、保湿、美白、抗酸化といった効果です。

美白成分やエイジングケア成分、セラミドやコラーゲンなど肌の保湿、ハリとなる成分を含むものを選びましょう。

 

まとめ


年齢肌は20代以降から気になり始める肌の衰えであり、症状の悪化を食い止めるためにはきちんとした毛を行う必要があります。

オールインワンゲルは手軽に使えて肌への負担も少なく、年齢肌にもおすすめです。

自身の肌状態に合わせたものを選び、年齢に負けない肌を目指してください。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.