未分類

化粧水がベタベタする!本当にお肌に効果的な化粧水の使い方とは?

投稿日:

あなたは、化粧水を塗った後のべたつきを感じたことはありますか?その原因は様々で、つけすぎによる乾燥、成分が浸透していない、保湿のしすぎなど複合的な要因も考えられます。この記事では、化粧水がベタベタする要因と、その対策についてお話していきます。

なぜベタベタするの?

化粧水の使い方・種類により、ベタベタすることも

化粧水の使い方や使っている化粧水とお肌の相性によっても、お肌がベタベタする可能性はあります。たとえ同じものを使っていたとしても、使用方法によってはベタベタや乾燥などのトラブル原因になる可能性もありますので注意が必要です。

化粧水のつけすぎ

まず注意したいのが、どの化粧水を使うにあたっても、適切な量を使えているかということ。実は、化粧水をつけすぎることは肌トラブルの原因になるのです。これはどういうことかというと、肌にはバリア機能と呼ばれるものが存在するのですが、化粧水をつけすぎてしまうとその部分の水分が蒸発してしまい、乾燥の原因になることがあります。

また、肌の角質層がふやけてしまい、外的刺激に弱くなってしまうので、肌トラブルの原因にもなります。

肌が過乾燥になると、肌が潤いを取り戻すために過剰に皮脂を分泌します。そうすると、当然肌表面は余分な皮脂に覆われるため、ベタベタ悩みが現れるのです。

オイリー肌である

もともとオイリー肌の方が、保湿成分の高い化粧水を使うことによってベタベタを感じることもあります。オイリー肌は皮脂が多く膜を張っていて化粧水が浸透しにくくなることもありますので、洗顔をしっかりしてから保湿をすることをおすすめします。

ベタベタしやすい成分が入っている

化粧品に使われる成分の中には、粒子が粗く、肌表面に残ってしまいベタベタしやすいものもあります。例えば、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどは浸透がしにくく、肌表面に残ってしまうことがあります。気になる方におすすめなのは、セラミドという成分で、この成分は肌表面に備わっている成分のため肌馴染みがよく、かつ保湿効果も高いです。

多少はベタベタしていても大丈夫

肌のバリア機能は水分と油分で出来ている

ここまでベタベタの原因についてお話して参りましたが、そうは言っても、ある程度のべたつきはお肌のバリア機能になるので問題はありません。肌表面には水分と油分があり、このバランスが保たれることでお肌は外的刺激から守られるのです。ですから、多少のベタベタはむしろ健康的なのです。また、ベタベタが気になるからと保湿をやめてしまうと、肌は乾燥を避けるために皮脂を過剰に分泌してしまうので余計にベタベタすることになってしまいますので保湿は最低限してあげましょう。

特に女性の方は、日ごろメイクなどでお肌をある程度のダメージを受けていますので、それを補うためにも保湿はしてあげてくださいね。

大切なのは肌表面のバランスを整えること

先述したように、肌表面は水分と油分で守られています。つまり、どちらかがかけてしまえばそれだけで肌のバランスは崩れてしまうのです。肌の水分油分バランスが崩れることでベタベタや乾燥というものは起こりますので、化粧水をした後は、水分が蒸発しないよう乳液やクリームなどで蓋をしてあげてください。一見もっとベタベタしてしまいそうですが、お肌の水分と油分バランスが整えられて、逆にテカリなどが改善することもあります。

ベタベタにお悩みの方のQ&Aをご紹介

質問サイトに投稿された、化粧水のべたつきについてのQ&A

化粧水によるベタベタにお悩みの方は意外に多く、ある質問サイトでは化粧水をつけることにより肌がベタベタしてしまうとお悩みの声もあります。ここでは、そのQ&Aを取り上げていきます。

Q.化粧水をつけると肌がベタベタになります。

「これまでそんなにスキンケアをせずにおりましたが、最近年齢を気にしていることもあり、化粧水をつけ始めました。そしたら、肌がものすごくベタベタするようになりました。あっさり仕様のものにしてみても、メーカーを変えても同じ、ベタベタで気持ち悪くなります。化粧水を始めてみてから肌が変わった感じもないし、こんなに不快なのに続けていかなければならないのか疑問です。」

A.「化粧水がいけないのではなく、選んだ化粧水がまずかったのかも。私は乾燥肌なのですが、化粧水によっては肌の上で蒸発せずにいつまでも残っていることがあります。まずはさっぱりとした化粧水を選んでみるのが良いかもしれません。もしくは、もともとあなたのお肌が化粧水を必要としないほど、水分量のバランスが良いのかも。化粧水は潤すのが最大の目的なので、使わずとも潤うなら無くてもいいと思いますよ。化粧水~クリームまで、というのはあくまでも化粧品メーカーの言い分ですから。私の知人は、もともとスキンケアをしておらず、周りに促されて高級化粧品を揃えたものの、使い始めるとあっという間にお肌がきれいではなくなってしまいました。」

化粧水を使う=肌がきれいになる、ではない

このやりとりを見てわかるのは、人によって化粧品の必要性は変わるということ。

つまり、どんなに口コミなどで高評価の化粧品だとしても、それがあなたに必要かどうかはまた違う話になるということです。折角あなたのお肌がきれいでも、使い方や化粧品の種類によってはお肌に毒になってしまう可能性もあるので、無理には化粧品を使用しなくても良さそうです。ただ、多くの方はある程度保湿をした方がトラブルを妨げることが出来るので、まずは肌タイプを理解し、合う化粧品をさがすことがおすすめですよ。

まとめ

一言に、化粧水でベタベタするといっても、様々な原因や懸念点がありますよね。Q&Aでもあったように、一番大切なことはそのケア方法があなたに合っているということ。周りに促されて。折角キレイだったお肌が汚くなってしまっては勿体ないですよね。そうならないためにも、まずはあなた自身があなたのお肌について理解し、自分にあったスキンケアを探し出すことが大切。また、折角のスキンケアも使いようによっては肌トラブルの原因になりますので、適切な使用方法でケアをしてあげてくださいね。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.