未分類

首のシミを消すにはどうしたらいいの?

投稿日:

気が付いたらポツポツと出来ている、首のシミ。首って結構他人から見える部分なので、そんな部位に出来てしまったシミは気になりますよね。そうはいっても、首のスキンケア情報はそんなに多くはないし、顔ほどは気にならないから放置しがち。今回は、そんな方に分かりやすいように首のシミとその対策についてお話していきます。

首のシミにも種類がある

シミの種類とその原因

一言にシミといっても、いくつかの種類や原因があります。それぞれ、原因と対策が異なってきますので、あなたがシミを治したいならば、まずはご自身のシミがどのタイプのものなのかを知る必要があります。

老人性色素斑(一般的なシミ)

紫外線や肌の老化が主な原因で、シミといえばまずこのタイプが一番多いです。シミを保持している人の100%がこのタイプのシミを持っているというのですから、どれほど肌に起こりやすいのかがわかりますよね。首は顔と違いメイクもしないですし、ケアも疎かになりがちなのでこのタイプのシミは出来やすいです。

炎症によるシミ

あせも、虫刺され、アトピー性皮膚炎などの炎症によっても、シミは出来る可能性があります。首まわりの皮膚は他の部分に比べると薄く、汗腺や皮脂腺も少なめになっています。そのため、比較的敏感で乾燥のしやすい部分でもあるのです。また刺激に弱い部分であるために、摩擦が原因の色素沈着を起こす可能性があるのです。

そばかす

別名、雀卵斑と呼ばれ、先天性の遺伝により出来るシミのことを指します。セルフケアで治すことは出来ず、レーザー治療など医療機関の力が必要です。もしハイドロキノンなどを使用し治まったとしても、時間が経つと再び現れる厄介なシミのため、レーザー治療をせず美白ケアをするのであれば、常に美白ケアをする必要があるのです。

首のシミの治し方

美白化粧品を使用する

首は顔に比べ、スキンケアが疎かになりやすい部分です。顔と同じようにまではいかなくとも、ほどよくスキンケアをしてあげることでシミは薄くなったり、治る場合があります。

オススメは、美白美容液を用いたコットンパック。美白効果のある美容液を肌にたっぷりとつけて、一定時間放置するのです。1回だけではあまり効果はないものの、続けていくうちにだんだんとシミが薄くなっていきますよ。

また、首はメイクもしなければ、露出されていることの多い部位です。日焼け止めはちゃんと塗ってあげましょう。

美容液にしろ、日焼け止めにしろ、お顔に塗る際についでに塗ってあげるだけでも十分効果はありますので、あまり身構えせずに続けてみてください。

シミを消す薬の服用、または塗布

皮膚科に行けば、美白成分を含んだ内服薬や外用薬をあなた向けに処方してもらうことが出来ます。シミの原因は人それぞれのため、皮膚科医に診断してもらい適切なお薬を処方してもらうのは一つの手段といえます。

医療機関での治療

そばかすや、肌の奥底まで根付いてしまったシミを除去するのには医療の力が必要になってきます。ただ、レーザー治療やビタミン導入などの美容治療は基本的に保険適用外となりますので、自費が高額となる点、治療に一定期間かかることが難点です。ですので、ご自身で出来ることをやりつくした場合や、長期的な治療になっても問題のない場合に選択すると良いでしょう。

首のシミの予防対策

シミに効く成分

首のシミをケアするにあたり、下記の成分が効果的といわれています。化粧品などを選ぶ際の参考になさってください。

・プラセンタ

シミの原因となる黒色メラニンの素、チロシナーゼが活性化することを防ぐのがプラセンタです。また、新陳代謝を活性化させるため、しみを防ぐことが出来ます。

・ビタミンC誘導体

メラニン色素の生成を抑えたり、出来てしまった色素をもとの状態に戻す働きがあると言われている成分であるビタミンCを吸収しやすく改良されたもの。皮膚に浸透すると、ビタミンCに変化します。

・ハイドロキノン

唯一、国内で使用が認められているシミを消す効果をもつ成分です。化粧品はもちろん、医療でも使用されています。

・カンゾウ根エキス

プラセンタ同様、チロシナーゼの働きを抑えシミの原因を作りにくくする効能を持っています。

ターンオーバーを整える

シミの原因の一つとして、過剰に生成されてしまったメラニンが肌に残ってしまうことが挙げられます。

・保湿をする

・身体を温め(新陳代謝を上げる)

・栄養バランスなど食生活を整える

上記の3点に気を付けると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのリズムが整います。また、保湿をする前にはお肌を清潔な状態に保ってくださいね。

日常生活で気をつけること

首のシミは生活習慣で防げることが殆どです。今一度普段の首ケアについて見直してみるのもいいかもしれません。日常生活で気を付けるべき点は下記です。

・顔と同等のスキンケアをする

・日焼け止めをしっかり塗る

・ストールやハイネック、帽子などの小物で首を紫外線から守る

・日差しの強い時間帯の外出には注意をする

・摩擦をさける(密着するネックレスや衣類を避ける)

とにかく紫外線と肌への刺激を避けることが、首のシミを防ぐ対策になります。一つ一つはとても簡単なことですので、出来ることから続けてみるのも良いでしょう。

まとめ

身体の中でも敏感で、かつ顔ほどケアの行き届かない首元。日ごろのケアをしているかどうかで、年齢を重ねたときの美しさは変わってきます。日差しが強い日にちょっとだけ日焼け止めを念入りに塗ってみたり、ストールで首を覆ったり、顔へのスキンケアのついでに首元もケアしたり。そんな簡単なことを少しずつでも重ねていくほどに、首のシミは出来にくくなったり、治ることもあります。

普段見落としがちな部分だからこそ、ケアさえしっかりとすれば必ず応えてくれるのが首のシミともいえます。もしあなたが首のシミでお悩みなのであれば、身近で手がまわりやすいところからケアしてあげるのが、続けやすく効果のでる方法なのではないでしょうか。

ぜひ、あなたに合った首のシミケア方法を見つけて、美しいデコルテラインを目指してみてください。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.