未分類

ニキビにはどんな種類があるの?その原因や特徴は?

投稿日:

多くの人が何らかの形でニキビに悩まされた経験をお持ちではないでしょうか?

 

できればニキビのない人生を送りたいものですが、人として生きている以上、ニキビをゼロにするのは難しいのかもしれません。

 

しかし、なぜニキビができるのか、どう対処すればいいのかを知れば、今よりもニキビに悩まされることも減ってくることでしょう。

 

そのためにはニキビとはどういうものなのか、その種類や原因を知ることはとても大切です。

 

そこで今回は憎らしいニキビの種類やその原因、ケアなどについてご紹介します。

ニキビは年代によって大きく2種類に大別

ニキビは発生年代で分けると、思春期ニキビ、大人ニキビの2つに大別することができます。

 

思春期ニキビ

中学生、高校生など10代に多く見られるのが思春期ニキビと呼ばれるニキビです。

 

この年代は二次性徴によりホルモンバランスが崩れるため、皮脂の分泌がとても活発になる年頃です。

 

このため過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまい、それがニキビへとつながっていきます。

 

また、この時期は毛穴もまだ発達段階にあって小さいので、余計に詰まりやすくニキビができやすい傾向にあります。

 

思春期ニキビは皮脂の分泌量を抑えることが治療、予防のカギとなります。

 

大人ニキビ

大人ニキビは吹き出物とも呼ばれ、思春期を終え20歳を過ぎた大人にできるニキビのことを指し、思春期ニキビとは明確に区別されています。

 

思春期ニキビは身体の成長過程における過剰な皮脂分泌が原因で発生するのに対し、大人ニキビは睡眠不足や食生活などの生活習慣、肌のターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下などが原因で起こります。

ニキビは毛穴が詰まることで発生

ニキビは何らかの理由により毛穴が詰まることで発生します。

 

皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れなど、年代や生活習慣によって毛穴が詰まる原因は様々ですが、いずれ毛穴の詰まりがニキビを引き起こします。

 

ニキビは発生段階によっていくつかの種類があり、それぞれの種類に応じてきちんと対処しないとニキビを治すことができないどころか、悪化させてしまうことにもなります。

発生過程によるニキビの種類

ニキビはその段階によって、5種類に分けられます。

 

ここではニキビの種類ごとに特徴や原因、ケアなどについてご紹介します。

 

白ニキビ

ニキビの赤ちゃんとでも言うべき初期の状態が白ニキビで、コメドとも呼ばれます。

 

毛穴が塞がり、内部に皮脂や老廃物が溜りつつある状態です。

 

外から見ると白くぷっくり盛り上がっていて、触っても痛みはありません。

 

この段階はまだ炎症を起こしていない状態なので、白ニキビの状態できちんとケアしてしまえば、ニキビ跡も残さずにきれいに治ります。

 

白ニキビのケアとしては、きちんと洗顔して肌を清潔に保ち、肌に刺激を与えないよう化粧水や保湿クリームを使って潤いを保つことが大切です。

 

黒ニキビ

黒ニキビは、皮脂が毛穴内部に溜り、その溜った皮脂が内部から押し出され毛穴から顔を出した状態です。

 

皮脂は空気に触れると黒く酸化するため、毛穴が汚れたように見えるのが特徴です。

 

この段階でもまだアクネ菌は繁殖しておらず、炎症も起きていません。

 

白ニキビと見た目だけが違う状態なので、ニキビ跡を残さず簡単に治すためにもこの段階で何とかしたいところです。

 

黒ニキビは毛穴の汚れを落とすことを意識しながら洗顔を心がけることが大切です。

 

汚れた皮脂を強引に押し出して治す方法もありますが、下手に触るとつぶれて跡が残ったり雑菌が入ることもあるので、注意が必要です。

 

赤ニキビ

赤ニキビは黒ニキビの状態からアクネ菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こし赤く腫れ上がり、痛みも伴う状態です。

 

下手に触ってしまうと炎症が悪化するので、安易に触ったりすることは厳禁です。

 

悪化してしまった赤ニキビはケロイド化し、クレーターのようなニキビ跡が残る要因となるので、赤ニキビを治す上では、とにかく悪化させないことが大切となります。

 

赤ニキビに刺激を与えないように気をつけて洗顔を行い、しっかり保湿しターンオーバーの回復を待ちます。

 

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビが悪化して膿が生じた状態です。

 

膿を出す治療法もありますが、自分でつぶすと痛いのと雑菌の繁殖を促してしまう恐れもあるので、病院で治療を受けるのが賢明です。

 

黄ニキビは跡の残るリスクが非常に高くなると言われており、自分でつぶすのは自信がない場合は避けた方が無難です。

 

紫ニキビ

膿の他に血も溜って紫色に見える状態が紫ニキビです。

 

ニキビの最終段階と言うべき状態であり、ここまでくると、もはや自然に治ることはほとんど期待できないので、病院で治療を受ける以外に方法はありません。

 

しかしかなりの確率でニキビ跡が残るのと、切開など大掛かりな治療になるケースが多いので、できればこの状態まで悪化させずに、より前の段階で治療することが望ましいと言えます。

 

紫ニキビまで進行してしまった場合には、病院での治療はもちろんですが、肌の保湿や睡眠、食事など、日頃の生活習慣も見直す必要があります。

毛穴が詰まる原因

男性ホルモンの乱れによる皮脂の過剰分泌

毛穴が詰まる原因として多く見られるのが皮脂の過剰分泌です。

 

過剰に分泌される要因として挙げられるのは、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの過剰分泌です。

 

思春期に皮脂が多くてニキビができるのは、ホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンが多く分泌されるためです。

 

女性ホルモンの乱れによる皮脂の過剰分泌

女性の場合、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの過剰分泌も皮脂が増える原因となります。

 

このプロゲステロンは男性ホルモンに似た働きを持ち、生理前になると分泌量が増えるため皮脂の分泌も盛んになります。

 

生理前にニキビができやすくなるのはこのホルモンの影響によります。

 

ストレスや睡眠不足、栄養バランスの悪い食生活

精神的なストレスや睡眠不足、偏った食事などによってもホルモンバランスは乱れ、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

大人ニキビは、このような生活習慣の乱れによって引き起こされる点において、思春期ニキビとは異なっています。

 

肌の乾燥やターンオーバーの乱れ

正常な肌は古い角質層が剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わるサイクルを持っています。

 

しかし、そのターンオーバーがうまくいかなくなると毛穴付近の角質は剥がれることなく残り、毛穴を塞いでしまいます。

 

また肌が乾燥すると、肌内部の水分蒸発を防ぐため角質層が厚くなり、やはり毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

ニキビのできやすい場所

ニキビは身体のどこにでもできますが、特にTゾーンや額、顎・首回り、口周辺など皮脂の分泌が盛んな箇所に多くできます。

 

皮脂分泌は、本来肌を守るための働きなのですが、なんらかの理由により過剰に分泌されるようになると、ニキビができるなどの悪影響が出てきます。

ニキビは毛穴を詰まらせないことが大切!

ニキビは発生する年代によって、思春期ニキビと大人ニキビに大きく分けられます。

 

また、進行状態によって白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビと種類が分けられていて、進めば進むほど症状が悪化していくので、なるべく早い段階でケア・治療することが大切となります。

 

ニキビはホルモンバランスの乱れや生活習慣など様々な要因によって発生しますが、いずれの場合にも共通しているのは、ニキビは毛穴が塞がることで発生するということです。

 

このためニキビの予防やケアに際しては、健康で潤いのある肌を保ち、毛穴を詰まらせないことを意識するよう心がけましょう。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.