未分類

シミの予防法ってなに?シミのできる原因と、その予防について

投稿日:

 

シミは、紫外線やお肌のダメージ、ストレスなど目に見えない多くの原因により作られます。シミができてしまったときにはもう遅く、シミの種類によってはセルフケアで消すことが難しい場合も。そうならないためにも、普段からの予防が大切なシミ対策なのですが、一体どのような予防法が効果的なのでしょうか?この記事では、シミのできる原因とその予防法についてお話していきます。

 

シミってなんでできる?

シミの原因

シミの原因は大きく分けて2つあり、

・メラニンの過剰生成

・ターンオーバーの乱れ

 

上記がきっかけでシミは出来てしまいます。メラニンとは、身体が刺激を受けた際の防衛機能で生成される色素のことです。身体は外的・内的刺激など何かしらのストレスを感じると、メラノサイトという細胞が「メラニンを作れ」と支持を出し、メラニンを生成しだします。通常だと、このメラニンは排出され肌には残らないのですが、あまりに過剰に生成されたり、ターンオーバーが乱れると排出がしきれずシミとなって残ってしまうのです。ターンオーバーとは肌の生まれ変わり周期のことで、正常な状態は28日間。加齢や生活習慣などが影響しこれが遅れると、古い角質が除去されずにお肌の上に残ってしまいます。

 

 

シミの種類

シミと紫外線には深い関係があることが事実ですが、厳密にはその原因は様々。一言シミと言っても、いくつかの種類がありそれぞれ原因が違います。

 

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

主に紫外線が原因で出来るシミのタイプ。外出の多い人、ノーメイクの人に出来やすい傾向があります。日焼け止めなど紫外線対策アイテムを使いましょう。

 

・肝斑(かんぱん)

20~40代女性に多く、妊娠中や婦人科系の病気で出てくることが多いため、女性ホルモンが原因と言われています。頬骨や鼻の下などに左右対称に出来る不規則な斑点です。紫外線により悪化することがあるため、紫外線ケアは必須。

 

・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビ、虫刺され、化粧品かぶれなどの炎症後に残る褐色のシミ。時間経過により薄くなる場合が多いです。保湿と紫外線対策が効果的。

 

・雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすと言われる、遺伝性のシミです。遺伝のためセルフケアでの改善は難しいです。紫外線で悪化するため、紫外線を避けるのが得策。

 

一番多くみられるのは老人性色素斑で、日焼けが主な原因になりますので対策はシンプルですが、遺伝性のシミやホルモンバランスのシミについては紫外線さえ避ければ薄くなる、出来なくなるといったことがないので難しいところ。ですが全てのタイプに共通して言えるのは、紫外線に当たると間違いなく悪化すること。今後のシミの予防にもなりますし、紫外線対策をしておいて損はないでしょう。

 

シミの効果的な予防法

シミの予防にあたり、避けるべきこと

シミは下記の事柄がきっかけで出来ることがあります。これらは出来るだけ避けるように心がけましょう。

 

日焼け

紫外線にはA波とB波というものがあり、A波はすぐには日焼けにはならずに肌の奥深くに浸透し、B波は肌表面にとどまるといった性質があります。シミの原因としてはA波が強いので、A波をカットできる指数である「PA値」のある日焼け止めを選ぶようにしましょう。ここで注意したいのが、日焼け止めは基本的には肌にとって負担になるということ。強すぎるものを使った結果肌のダメージになり、かえってシミになりやすくなることもあるため適切な強さのものを使用しましょう。

もし、うっかり日焼けしてしまった場合は患部を冷やし、肌に優しいスキンケア化粧品で炎症を鎮めましょう。炎症が治まった段階で美白化粧品でのケアをとり入れることにより、シミに繋がりにくくなります。

 

乾燥

肌は乾燥するとバリア機能が奪われ、シミの原因を作りやすくなります。毎日のスキンケアで保湿をしっかりとしてあげましょう。保湿をしてあげることで乾燥を防げるだけでなく、お肌の新陳代謝も活性化するのでシミが出来にくくなります。

 

間違ったスキンケア

洗顔時に顔をゴシゴシ洗って刺激を与えたり、肌に合わない化粧品を使い続けたりなどの間違ったスキンケアによりお肌は日々ダメージを受けます。その肌負担が蓄積されていって乾燥や炎症などの肌トラブルに繋がり、シミのきっかけを作る原因となるのです。スキンケアは優しく、あなたのお肌に相性の良いものを選びましょう。

 

乱れた食生活

必要な栄養素が足りなくなると、お肌を作る力が弱まります。また、偏った食生活を送ることにより、肌の糖化が起こりシミに繋がります。糖化とは、身体のいわば「コゲ」のことで、肌は糖化すると固くなり色素沈着を起こします。主な原因は過剰な糖分がタンパク質と繋がることなので、糖分の摂りすぎに注意しましょう。

下記、シミ予防に効果的な成分になりますので、食事やサプリメントで補うようにしましょう。

・ポリフェノール

・ビタミンC

・ビタミンE

・コラーゲン

・コエンザイムQ10

 

ストレス

ストレスは活性酸素を発生させて、お肌を老化させます。シミの例にもれず老化現象の一つですので、ストレスを溜め込むことのないように日ごろから発散を心がけましょう。

 

睡眠不足

お肌の新陳代謝にとって睡眠は欠かせないもの。特に、夜10~午前2時はお肌のゴールデンタイムとも呼ばれ細胞の修復が活発になります。この時間に睡眠をとれているだけでもお肌の調子は変わってきますので、時間帯を意識しながら睡眠をしっかりとるようにしましょう。

 

喫煙

タバコを吸うと体内の活性酸素が増え、血管が収縮して新陳代謝が悪化します。百害あって一利なし、とはまさにこのことですので、出来るだけ喫煙はやめるか減らすのがシミ予防には効果的です。

 

まとめ

 

いざ出来てしまうと、今すぐに消すことがなかなか難しいシミ。出来てしまったものを治すのは時間もコストもかかりますので、できてしまう前の予防が肝になります。また、シミの予防法として最も効果的なのは、健康的な生活を送ること。しっかり食べてしっかり寝て、丁寧にスキンケアをしてあげればお肌はそれに応えてくれます。普段の生活を見直しながらシミ予防をし、白くて美しいお肌の維持を目指しましょう。

 

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.