未分類

ニキビ跡が消える方法とは?

投稿日:

ニキビが治ったと思いきや、その場所にいつまでも残り続ける赤や茶色の凹凸。ニキビ跡はなかなか治しにくく、ひどい場合はメイクでも隠しきれないほど頑固なことも。そんなニキビ跡は、一体何が原因で残ってしまい、一体どのように対処すれば消えるのでしょうか。この記事では、ニキビ跡が消える方法について紹介していきます。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には3つの種類がある

・赤みニキビ跡

ニキビ跡の中でもメジャーと言える、赤みのあるタイプのニキビ跡。その原因は毛細血管で、炎症が起こってしまったお肌を修復するために血液が集まっているために、皮膚から透けて赤く見えているのです。

また、炎症がひどくなると肌の奥にダメージが進んでしまい、色素沈着が起こりシミになる可能性もあるので、お肌への刺激を避けながらスキンケアをしてください。

・シミニキビ跡(色素沈着)

ニキビ跡が茶色くシミのようになってしまったシミニキビ跡。何らかの原因でメラニンの大量発生が起こってしまい、色素沈着に繋がります。メイクでも隠しにくいニキビ跡です。

・クレーターニキビ跡(凸凹)

ニキビ跡の中で一番治しにくいのがこのクレーターニキビ跡。出来てしまったニキビのケアをさぼってしまうと、最終段階としてこの形態にたどり着きます。このニキビ跡は、医療の力を借りないと治すのは難しいでしょう。

ニキビ跡の原因は?

・赤みニキビ跡

ニキビの炎症が起こってしまっている状態なので、化粧品の成分が合っていないなどのアレルギー反応が考えられます。また、睡眠不足やターンオーバーの乱れも、肌の生まれ変わりが妨げられている状態なので赤みニキビ跡の原因となります。

・シミニキビ跡(色素沈着)

メラニンによる色素沈着が原因で茶色くなる、シミタイプのニキビ跡。この原因は、紫外線や接触による肌への刺激、髪の毛についた汚れなどが考えられます。しっかり日焼けケアをして、肌を丁寧に清潔に保つことが解決の糸口です。

・クレーターニキビ跡(凸凹)

ニキビ跡を放置した結果、皮膚の奥深く真皮層という部分までに炎症が到達してしまったのがこのクレーター跡。自力で治すことは出来ないと言われています。

ニキビ跡を消す方法

タイプに合わせた改善策

・赤みニキビ跡

赤みタイプを消す策としては2点あり、まずは、「炎症をおさえること」が大切です。抗炎症効果と保湿効果を両方兼ね備えたスキンケアをしてあげてください。素早く治せば、ニキビ跡にはなりにくいです。

次に、「ターンオーバーを促進すること」も効果的です。炎症が起きてしまっているお肌を新しく美しいお肌に生まれ変わらせることが、ニキビ跡が消える近道になります。

・シミニキビ跡(色素沈着)

シミニキビ跡の対策には、保湿と美白、そしてターンオーバーを整えるという3点が効果的です。保湿とターンオーバーはセットのようなもので、ターンオーバーを整えるために必要なのが保湿になります。美白は、メラニン抑制効果のある成分やシミを薄くする成分を補給すると良いでしょう。

・クレーターニキビ跡(凸凹)

このタイプのセルフケアに関しては、治すというよりは目立たなくさせるという意味合いが強くなります。必要なケアは主に3点で、保湿、ハリを与える、美白する、となります。保湿には後述する保湿成分でお肌に潤いを与えることにより、お肌にハリを与えることになります。また、ハリを与えるにはコラーゲンやポリフェノールが効果的。肌を伸ばすことにより、クレーターを目立ちにくくします。最後に、クレーターで出来てしまう陰を和らげるための美白成分。ハイドロキノンやプラセンタなどが効果的です。

ニキビ跡を作らないための対策

まずはニキビを出来にくくする

ニキビ跡を作らないためにも、まずはニキビ自体が出来にくくなる対策を練る必要があります。ニキビができなければ、当然ニキビ跡も出来ませんよね。

それでは、ニキビが出来にくくなるためには何が必要なのでしょうか。

生活習慣を整える

睡眠不足や食生活の偏りはニキビの原因になります。人は寝ている間にお肌の再生をおこなっているので、睡眠が不足していればお肌のコンディションは当然悪化します。食生活も偏ってしまうと、お肌の水分バランスが乱れたりホルモンバランスに影響し、ニキビなどの肌トラブルに繋がってしまいます。

お肌のターンオーバーを正常化する

ニキビ跡の原因の一つに、お肌の生まれ変わりのリズムが狂ってしまい、跡が治りにくくなっている場合があります。ターンオーバーは28日周期が正常と言われていますが、これが乱れてしまうことによりお肌の修復が出来なかったり、古い角質が溜まってニキビになってしまいます。

お肌に必要な成分を補給する

・保湿成分

ニキビやニキビ跡が出来てしまう人のお肌は乾燥していることが多いです。

お肌のバリア機能を高めてくれるセラミド、肌の保湿をしてくれるヒアルロン酸などの保湿成分をサプリメントで摂取したり、化粧品から補ってあげましょう。

・肌のキメを均一にする成分

お肌の凸凹を整えるビタミンC誘導体や、お肌のピーリング効果を持つAHAやフルーツ酸をスキンケアに取り入れると、クレーターや色素沈着の改善が期待できます。ただし、お肌が炎症を起こしているときはピーリングは悪化の原因になりますので控えてください。

・抗炎症成分

甘草エキス(グリチルリチル酸ジカリウム)やビタミンC誘導体などは抗炎症作用があるため、赤みニキビなどの炎症に効果的です。

また、すぐに治したい場合は、医師の処方する抗炎症剤や抗生物質を服用するのも一つの手でしょう。

・美白成分

メラニンの抑制には、トラネキサム酸、カモミラエキス、プラセンタエキスなどがあります。また、出来てしまった茶ニキビを薄くするのはビタミンC誘導体やハイドロキノンになります。

まとめ

気が付いたら出来てしまっているニキビと、どうやっても消える気配のないニキビ跡。

一つ出来てしまっただけでも顔の印象に影響してしまうので、出来れば早く治したいですよね。今回ご紹介した通り、ニキビやニキビ跡が消える方法の第一歩としては、生活習慣の見直しが大切です。スキンケアなどに頼るよりも効果的かつ経済的な方法ですので、ご自身の睡眠や食生活などについても改善策としてとらえれば、より早くお肌悩みが改善するかもしれませんよ。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2017 AllRights Reserved.