未分類

美容液で健やかな肌作り!その効果をチェック!

投稿日:

普段何気なく使っている美容液。

 

でも「そもそも美容液って何なの?」と考えたことはありませんか?

 

見るまま言われるままに使うばかりで、化粧水や乳液などとの違いも知らない…なんていう人も実のところいるのかもしれませんね。

 

しかし当然ながら美容液には美容液の目的や効果はちゃんとありますし、スキンケアの仕方にも基本があります。

 

せっかく買った美容液、その効果を最大限発揮するためにも、やはりスキンケアの基本を理解することは大切です。

 

そこで今回は今さら人に聞くに聞けない、美容液の効果や使い方などについてご紹介します。

美容液の効果は肌に潤いを与える

美容液を簡単に説明すると、肌の保湿効果や美白効果、アンチエイジング効果を持つ基礎化粧品、ということになります。

 

美容液を使う目的としては保湿や美白、エイジングケアといったことが挙げられ、現在それぞれの効果を謳った美容液が数多く販売されています。

 

実のところ美容液は、健やかな肌を保つための必需品と言っても過言ではありません。

 

化粧水との違いは、化粧水が肌に栄養を与えるものであるのに対し、美容液は肌に潤いや美肌効果をもたらすものとらえればいいかもしれません。

 

また、保湿用の化粧品と聞けば乳液や保湿クリームを思い浮かべる人もいるでしょうが、これらは配合された油分で肌を覆うことにより肌の水分蒸発を防ぎ保湿するのに対し、美容液は保湿成分を肌に浸透させ肌の内部から潤わせる点において、乳液や保湿クリームとは働きが全く異なります。

美容液の主な効果

美容液の最大の効果と言えば、肌に潤いを与えることと言っても過言ではありません。

 

肌が乾燥すると、ニキビをはじめとする様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

このため肌を保湿することはスキンケアの基本中の基本とも言うべきとても大切なことと言えます。

 

事実、肌荒れやニキビ、ターンオーバーの乱れ、肌の老化などは、すべて肌の水分不足が発端となっています。

 

美容液にはこうした肌トラブルを未然に防ぎ改善する効果があるので、健康的で若々しい肌を保つためには欠かせないアイテムとなっています。

 

また美容液にはこうした保湿効果以外にも、美白(美肌)やエイジングケアなど若く健やかな肌作りに効果を発揮する成分も配合されており、色々な効果に重点を置いた美容液が数多く販売されています。

美容液の種類や効果、成分

美容液は保湿作用を基本的な効果として、美白や老化のケアに重点を置いたものなど、種類としては目的・効果によって保湿用、美白用、エイジングケア用の3つに大別することができます。

 

ここでは保湿用、美白用、エイジングケア用の各美容液についてご紹介します。

 

保湿用美容液の効果と成分

肌の乾燥は肌荒れやニキビなど様々な肌トラブルの原因となります。

 

保湿用美容液は肌に潤いを与えて肌内部の水分を保つことにより、肌トラブルを防いだり症状を改善して健やかな肌に導く効果があります。

 

保湿効果を発揮する主な成分としては、角質細胞の内部の水分量を保持する成分、細胞間脂質の水分量を保持する成分の2つに分けることができます。

 

まず角質細胞の内部の水分量を保持する成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸、尿素などの成分が挙げられます。

 

また細胞間脂質の水分量を保持する成分としては、セラミドやレシチンなどがあり、これらの成分は細胞間の潤いを保ちながら角質細胞内の水分が減るのを防ぐ働きもします。

 

 

美白用美容液の効果と成分

美白用美容液は肌そのものを白くする効果とともに、シミ・くすみを防ぎ改善する効果があります。

 

美白用美容液に含まれる主な成分としては、

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

・トラネキサム酸

・アルブチン

・エラグ酸

・コウジ酸

・プラセンタエキス

などがあります。

 

この中でビタミンC誘導体、ハイドロキノンは美白成分としてメラニン色素に働きかけ、メラニンを薄くすることによる美白効果があります。

 

また、その他の成分はメラニンの生成そのものを防ぐ働きがあります。

 

なお美白は効果が現れるまで時間がかかる点と、元々の肌の色以上に白くなるわけではないという点に注意する必要があります。

 

エイジングケア用美容液の効果と成分

エイジングケア用美容液の効果としては、肌の老化によって目立つようになったほうれい線やシワ、毛穴を目立たなくしてくれたり、肌のキメを整えたりハリを取り戻してくれることが挙げられます。

 

エイジングケア用美容液に含まれる主な成分としては、

・コラーゲン

・レチノール

・ビタミンC誘導体

・セラミド

・ヒアルロン酸

などが挙げられます。

 

コラーゲンは肌のハリを保つためには欠かせない成分であり、レチノールはコラーゲンを増やすことでシワを改善する効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体は美白成分として知られていますが、コラーゲンの生成にも一役買っているため、エイジングケアにも有効です。

 

またセラミド、ヒアルロン酸など、肌の水分を保つ成分も若々しい肌作りには欠かせない成分と言えます。

美容液の効果的な使い方

スキンケアの順序

まず、スキンケアの流れとしては

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. 保湿クリーム

の順に行うのが基本的な順序です。

 

洗顔でしっかり汚れを落とし、化粧水で肌に栄養を与え、美容液で保湿・美肌成分を浸透させ、乳液で保湿と油分を補い、保湿クリームで肌にしっかりフタをして保湿・美容成分を閉じ込めるイメージです。

 

それぞれに役割・働きがあり、その効果を最大限発揮させるためにも、この順序はしっかり守ることが大切です。

 

美容液はやさしくつける

美容液は値段もそれなりにするので、ついつい少量に抑えて使いがちですが、必要な量をしっかりとって使うことが大切です。

 

部分的なケアなら手のひらに1cm、顔全体なら2cmくらいが目安となります。

 

つけ方としては、顔の内側から外側へ馴染ませながら、指や手のひらでやさしく押さえるようにつけます。

 

肌を強くこすってしまうと肌組織が傷ついたりメラニン蓄積の原因となったりするので、とにかく美容液はやさしくつけることが鉄則です。

 

複数の美容液を一度につけるのはNG

美容液も種類がいろいろあって、あれもこれもとつけたくなりますが、複数の美容液を一度につけるのはその効果を考えるとあまりよろしくありません。

 

もし複数の美容液を使いたい場合は、朝と夜に分けて使うのがおすすめです。

 

朝は紫外線に効果のあるもの、夜は美白用などといった具合に使い分けるのがいいでしょう。

まとめ

美容液の主な目的として肌を保湿するということが挙げられますが、それ以外にも美白効果やシワ取り効果の期待できるものなど、現在は様々な美容液が販売されています。

 

美容液はその効果によって、保湿用、美白用、エイジングケア用に分けられ、配合成分も異なります。

 

美容液を選ぶ際にはご自身の肌の状態に合ったものを使用することになりますが、スキンケアの順序としては洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームというのが基本となります。

 

美容液をはじめ各化粧品にはそれぞれ役割や効果があり、その効果をしっかり得るためにもこうしたスキンケアの順序は守りましょう。

 

また美容液をつける際には、適量をとること、肌を強くこすらないように優しくつけること、欲張って複数の美容液を一度に使わないことなど、気をつける点があります。

 

ぜひともスキンケアの順序を守り、美容液を正しく使うことによって、健康的で魅力的な肌を手に入れてくださいね。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.