未分類

気になるシミを洗顔で落とす方法をご紹介

投稿日:

誰しもシミができたらイヤなものです。

一番いいのはシミを作らないことですが、気をつけてはいても知らず知らずのうちにシミはできてしまうものです。

そんなとき大事なのはやはり日頃のスキンケア。

今回はシミができてしまった場合に効果的な洗顔の方法についてご紹介します。

そもそもシミの原因は何?

紫外線による色素沈着

歳と共に気になるシミですが、その正体はメラニン色素が沈着したものです。

メラニン色素は紫外線を浴びると形成され、浴びるほどに濃くなっていきます。

そばかすもメラニン色素によるものですが、その大きさは5mmより小さく、大半は遺伝的な要素によって発生すると言われており、シミとは区別されます。

ターンオーバーの乱れ

シミは肌のターンオーバーとつながりがあります。

シミの原因となるメラニン色素は通常、ターンオーバーによって肌の外に押し出され無くなってしまいますが、何らかの理由でターンオーバーがうまく機能しなくなると肌の内部に取り残され蓄積されてしまいます。

こうしたターンオーバーの乱れの原因としては、加齢による機能の衰えを筆頭に睡眠や食生活などの生活習慣の乱れやストレスなどが挙げられます。

きちんと洗顔できていない

きちんと洗顔ができておらず、肌に皮脂やメイクなどの汚れが残っていることもシミの原因となります。

これらの汚れは酸化することで肌をくすませ、シミとなってしまうためきちんと洗顔して落とす必要があります。

ただしやり過ぎは何事も禁物です。

洗顔のし過ぎは肌に過剰な刺激を与え、肌トラブルの原因となり、かえってシミを増やすことにもなりかねないので注意が必要です。

シミ取りに効果的な洗顔料

洗顔だけではシミは落ちない

洗顔だけでシミを落とすことはできません。

シミは色素沈着なので、洗って落ちるような代物ではありません。

しかしきちんと洗顔をしてスキンケアをしっかり行うことにより、肌のターンオーバーを促し、肌の新陳代謝を活発にすることは、シミを改善する上で大いに大事なことです。

シミに限らずきれいな肌を保つための基本は、まず洗顔ということになります。

シミ取りにはホワイトニング効果のある洗顔料が有効

シミ取りに効果的な手段のひとつに、ホワイトニング効果のある洗顔料を使うということが挙げられます。

ホワイトニング効果のある洗顔料を使うと、一般的な洗顔料より早くシミ取りの効果が現れることが期待できます。

ホワイトニングに使用される成分で代表的なものとしては、不要なメラニンや角質を除去するビタミンC、皮脂やたんぱく質を分解するパパイン酵素、汚れを吸着して取り除く天然泥や炭などがあります。

いずれ、こうした洗顔料は数多く販売されているので、ホワイトニングの効果はもちろんですが、それ以外の美容効果にも着目しつつ、サンプルなどを活用しながら自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

シミを落とす洗顔方法

泡立てネットを使う

洗顔の目的は肌の汚れや古い角質を落とすことです。

この際、必要以上に肌に刺激を与えてしまうと、その刺激に対抗するため角質は益々厚く固くなってしまい、シミを取るどころかかえって濃くなってしまいかねません。

このため洗顔時に肌に刺激を加えるのはご法度なのですが、そのためにおすすめなのが泡立てネットです。

洗顔料を使う場合の基本は、肌につけてから泡立てるのではなく、泡立ててから肌につけることです。

肌につけて泡立てるのは必要以上に肌に負担をかけてしまうので、泡立てネットでしっかり泡立てたのち肌にのせて洗顔するようにしましょう。

基本的な洗顔方法

まず洗顔の頻度としては、1日に1~2回が基本となります。

洗顔のし過ぎは肌の乾燥やバリア機能の低下を招いてしまうので、1日に1~2回に留めるようにしましょう。

洗顔はとにかく優しく、肌に刺激を与えないようにして行ないます。

洗顔は泡で行うのが基本ですから、まずは洗顔料、泡立てネットを用いてたっぷり泡を作ります。

手のひらにたっぷり乗る量の泡を作ったら、皮脂の多いTゾーンから泡をつけて広げていきます。

このとき手が顔に触れないように気をつけながら、泡を顔全体に行き渡らせ、洗顔します。

次に泡を水で洗い流しますが、このとき大切なのが水温です。

冷たいと毛穴が閉じて洗顔料が肌内部に残ってしまいますし、熱いと必要以上に皮脂を落とすことになり、肌トラブルの原因となってしまいます。

このため、冷たすぎず熱すぎない35~40℃程度の水で洗い流すのが理想です。

感覚的にはぬるめのお風呂程度の温度と覚えておけばいいでしょう。

洗顔後は水分を拭き取りますが、決してゴシゴシこすってはいけません。

タオルで押さえるようにして優しく拭き取ります。

ピーリング洗顔

洗顔は古い角質を落とすのに有効ですが、ターンオーバーが乱れていたりすると古い角質を落とし切れない場合もあります。

そこで登場するのがピーリング洗顔です。

ピーリングは古い角質を強制的に取り除く角質ケアの手法なのですが、化学的方法と物理的方法の2種類があります。

化学的手法は化学成分による角質除去の方法で、物理的手法はレーザーなどによる物理的な除去法です。

このうち自分でできるのは、酸を利用した化学的手法である「ピーリング洗顔」です。

ピーリング洗顔は酸の力で古い角質を溶かし除去するため、通常の洗顔に比べると肌に対する刺激が強いので、行う頻度は週1回程度にとどめ、洗顔後はしっかり保湿するいなどのケアが大切です。

肌をきれいにする効果が高い反面、肌荒れを起こすリスクもあるため、頻度や洗顔後のケアは十分気をつけましょう。

シミは日頃の予防が大切

やはりと言うべきか、シミは作ってから何とかするよりも、作る前に何とかする、悪化させないように何とかすることが何より大事となります。

紫外線対策を万全に

シミやそばかすは、紫外線の影響を大きく受けます。

それはひとたび紫外線を浴びると活性酸素の活動が活発となり、シミやそばかすを促進させるためです。

紫外線は他にもシワなどの要因にも挙げられるほど、肌にとっては良くないものと言われており、美肌作りのためには紫外線対策は非常に大切なことです。

シミを作らない、悪化させないためにはとにかく紫外線には気をつけ、季節や天候に関わらず日焼け止め対策を施すことが必要です。

睡眠をたっぷり取る

睡眠不足になってしまうと疲労回復が遅れ、免疫力も低下してしまいます。

さらに美肌を促す成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため、睡眠時間が短いとシミを薄くしてくれる肌のターンオーバーもうまく作用しないことに繋がります。

ストレスを溜めない

ストレスは多かれ少なかれ誰もが抱えているものですが、ストレスは活性酸素を発生させシミの原因となるため、少しでもストレスを抱えないことが大切です。

ストレスは肌だけでなく身体に悪影響を与えることから、日頃からストレスを抱えない、ストレスを解消する習慣を身につけましょう。

バランスの良い食生活

食事は肌の健康だけでなく、身体を健康を保つために極めて重要です。

これだけを摂っていれば大丈夫というわけではなく、ビタミンやミネラル、タンパク質などの様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

肌を健康に保つためには、まず身体そのものの健康に気をつけることです。

まとめ

シミを落とす洗顔について見てきました。

シミはメラニン色素が沈着したものですが、紫外線を浴びると濃くなる性質があるため、シミを増やさない、進行させない対策としては紫外線を極力浴びないようにすることは大切です。

また日頃のケアとして洗顔はシミ対策としても非常に有効で、きちんと肌の汚れや角質を落とすことで、シミを体外に排出する手助けをしてくれます。

シミは発生してから対処することも大切ですが、発生させないことが何よりの対策となります。

そのためには紫外線対策はもちろん、食生活や睡眠など、健康的な生活習慣を心がけることが大切となります。

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.