未分類

美顔器で気になるシミ取りにチャレンジ!本当に効果はあるのか?

投稿日:

昨今、シミ取りにおいても美顔器を使う人が増えているようです。

シミはとにかく予防が第一なのですが、歳をとればとるほどシミができる可能性は高くなってしまうのが現実です。

そこで今回はシミ取りを目的とした美顔器を使ったケアについてご紹介したいと思います。

 

●●シミができる理由

◆シミとは?
シミというのはメラニンが肌に蓄積されたもので、他の部分より色濃く見えるのが特徴です。

シミには色々な種類があるのですが、多くのシミの生成には次に説明する紫外線が関係しています。

◆紫外線により活性酸素が作られる
紫外線が肌に当たると肌中に活性酸素が生じます。

活性酸素自体には病原菌などから身を守ってくれる働きもあるのですが、過剰な活性酸素は害となります。

これを防ぐためにメラニン色素が作られます。

◆活性酸素がメラニンを生み出す
肌の中に生じた活性酸素に対処するため、メラノサイトという色素細胞からメラニン色素が作り出されます。

こうして作られたメラニンは紫外線が肌の真皮層に届くのを防ぎ、肌を守る役割を果たします。

メラニンは通常、肌のターンオーバーによって自然に外へ押し出される形で排出され消えていきます。

◆過剰なメラニンが蓄積しシミとなる
本来なら自然に排出されるメラニンですが、あまりに多く作られたりターンオーバーがうまくいかない状態だと排出されずに肌の中にとどまってしまいます。

こうしてメラニンが蓄積・沈着してしまったのがシミというわけです。

このようにシミは紫外線と密接な関係があり、シミの治療や予防に際して紫外線対策はとても大切なものとなります。

 

●●シミの種類

シミにも色々な種類があります。

ここではその中から主な種類のシミについてご紹介します。

◆そばかす
そばかすは遺伝により発生する小さなシミです。

幼い頃から発生し思春期をピークに増えていき、その後徐々に薄くなる傾向があります。

◆炎症性色素沈着
肌への刺激により色素が沈着してできるシミの一種です。

除毛やニキビなどで肌を傷つけたりするとできるシミですが、肌のターンオーバーが正常であれば自然になくなります。

◆肝斑
黄体ホルモンなどの女性ホルモンの影響によりできるシミです。

主に女性の頬や目の下などに現れ、左右対称の形をしているのが特徴です。

妊娠中などホルモンバランスが崩れやすい期間にできやすいのですが、ホルモンバランスが元に戻ると消えていくのが普通です。

◆脂濡性角化症
またの名を「老人性イボ」と呼ばれ、加齢によってシミが角化し盛り上がったシミです。

盛り上がっていますがイボとは異なるため、イボ用の軟膏などでは治らず、治療には炭酸ガスレーザーなどを用いる必要があります。

◆老人性色素斑
長年紫外線を浴び続けてきたことにより、皮膚のメラニン色素がリポフスチン色素に変質してしまったシミです。

主に30~40代以降になると見られる症状で、「日光黒子」とも呼ばれます。

 

●●シミを消すためには


◆シミは薬で消える?
医療機関で肝斑などのシミの治療を受けると、ビタミンCやトラネキサム酸といった内服薬やビタミンC誘導体の外用薬などが処方されます。

ビタミンCが肌に良い成分ということは知られていますが、トラネキサム酸もまた肝斑や炎症性色素班、老人性色素班などに有効な成分です。

メラニンを排出しやすい肌の状態を整え、こうした薬を用いることはシミに対して効果的と言えます。

◆美白化粧品でシミは消える?
世の中にはたくさんの美白化粧品が存在しています。

簡単に説明すると、美白化粧品はメラニンの生成を妨げる成分が配合された化粧品です。

メラニンの生成を抑えることによりメラニンが増えるのを防ぐことはできますが、肌の中のメラニンを減らしたり肌の色を変えたりする作用はなく、美白化粧品だけでシミが消えるわけではないので、そこは注意が必要です。

化粧品やスキンケアで大切なのは肌の状態を正常に保ち、ターンオーバーによる肌の代謝を正常化し肌の中に作られたメラニンを排出しやすい環境を整えることにあります。

◆自宅でもシミ対策ができる
シミを消したいと思ったら医療機関でシミの治療をしてもらうのが一番の方法であることは言うまでもありませんが、治療代が高くついてしまうのは痛いところです。

しかし今は医療機関に通わずとも、シミ取りに有効な洗顔料や化粧水、そして美顔器を用意することで、自宅である程度シミ取りのケアができるようになりました。

もちろん自分の肌に合ったものを選ぶことが重要なのは言うまでもありません。

 

●●シミ取り効果を発揮する美顔器

美顔器と言っても色々な種類のものがあります。

ここではシミに効果を発揮する美顔器の種類についてご紹介します。

◆美白成分を浸透させるイオン導入タイプの美顔器
メラニンの生成や沈着を防ぐ美白成分を肌の奥まで浸透させるのにおすすめなのがイオン導入タイプの美顔器です。

美白用の美容液や化粧水などは、手でつけるよりも美顔器を用いた方が何十倍も効果的と言われています。

◆レーザーやLEDライトのついた美顔器
レーザー美顔器はレーザーを照射することでメラニン色素を破壊しシミ取り効果を発揮します。

LED美顔器の赤色LEDには肌の血行を促進させ新陳代謝を良くする効果があり、黄色LEDには肌のターンオーバーを良くする効果があります。

これらの機能、効果はシミ取りにとても効果的です。

ただ、さすがに短期間で効果を発揮するのは難しいので、数か月は続ける必要があります。

◆超音波機能のついた美顔器
超音波美顔器は超音波のマッサージ効果により肌の血行を高めターンオーバーを促進させてくれます。

ターンオーバーが正常に行なわれるようになると、シミの元であるメラニンが排出しやすくなります。

また血行が良くなることで肌色も良くなり、シミが目立たなくなるメリットもあります。

 

●●美顔器でシミを取るメリットやデメリット

美顔器はシミを取るのに有効なツールであることは間違いありません。

それでは美顔器でシミのケアをするのにどのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

◆美顔器でシミのケアをするメリット
美顔器を使うと自宅でシミを消すことができるという点が最も大きなメリットではないでしょうか?

自宅にいながらエステと同様のケアをすることができ、医療機関でかかるような高額な費用も必要ありません。

とても経済的にシミのケアをすることができて、病院やエステなどに通う必要もなくプライベートにシミ消しに取り組むことができます。

また化粧水や美容液などの美白・シミ消し成分についても、美顔器を使ったほうが非常に効果的に肌に浸透させる点も見逃せないメリットと言えそうです。

◆美顔器でシミのケアをするデメリット
美顔器は病院での治療費に比べれば安く済みますが、初期費用やランニングコストを考えると数万円レベルの費用は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

また自分のシミの症状に合ったものを選ばないと、治すどころか悪化させる恐れもあるので選ぶ際には十分に注意する必要があります。

 

●●美顔器によるシミ対策のまとめ


美顔器を使うと効率的にシミ取りのケアを行うことができます。

自宅にいながら誰の目も気にせずケアができる点、病院などに通うことに比べると安上がりである点、美容液などに含まれる美白成分など桁違いの効果が期待できる点においても美顔器は非常に役立ちます。

シミができて悩んでいる方やシミを予防したい方は、ぜひともこれから美顔器によるケアを検討してみてはいかがでしょうか?

-未分類

Copyright© セラミドという美容成分の肌と保湿関係についての口コミ , 2018 AllRights Reserved.