オペアンプの基本

オペアンプ、略してop-ampは外部を含む電圧増幅装置である。
出力端子と入力端子の間の抵抗やコンデンサなどのフィードバック成分。
これらのフィードバックコンポーネントは、結果として得られるアンプの機能または動作を指示します。
抵抗性、容量性、または両方を問わず、多数のフィードバック構成の長所であるアンプ
“のモニタを生成し、さまざまな操作を実行することができます。動作可能
アンプ”。
2つの高インピーダンス入力を備えた3端子デバイスがオペアンプです。 その
インプットの反転は、マイナス記号またはマイナス記号で表され、入力の1つです(–)。 もう1つの入力は、
Non-invertingInputと呼ばれ、正または”plus”記号(+)で表されます。
3番目の端子はオペアンプの出力ポートを表します。オペアンプの出力ポートは、両方とも沈み込むことができます。
電源電圧または電流。 線形オペアンプの出力信号は増幅です。
増幅器利得(A)として知られており、入力信号の値に乗算され、次の要素があります。
これらの入出力の性質に基づく4つの主要な種類のオペアンプゲイン
信号。

オペアンプの出力電圧信号は、オペアンプに印加される信号の差である。
二つのはっきりした意見 言い換えれば、op-amps出力信号は両者の差である。
オペレーショナルアンプの入力段階が差動であるため、次に示すような入力信号
アンプ

出力信号は入力信号と同様にバランスがとれており、コレクタ電圧はどちらか一方が振れるため、
逆方向(反相)または同方向(同相)、出力電圧信号、
2つのコレクタ間から取り出される2つのコレクタ電圧の差はゼロです。
完全にバランスのとれた回路を想定しています。

動作アンプのインピーダンス出力も低い(ただし、差動出力を持つものもある)
共通のアース端子を参照し、共通モード信号を無視する必要があります。
つまり、反転入力と非反転入力の両方に同じ信号が適用される場合、出力は
変わらない。

ただし、実際の増幅器には常に多少のばらつきがあり、出力の変化の割合もあります。
コモンモード入力電圧の変化に対する電圧はコモンモード拒否として知られている
比率、または略してCMRR。
オペレーショナルアンプは、それ自体が非常に高いオープンループDCゲインを持ち、何らかの方法を使用することによって、
負のフィードバック、精度の高いゲインを持つオペアンプ回路を作成する場合があります。
利用されるフィードバックに完全に依存する特性。 注意すべき点は、
フレーズ”openloop”は、アンプの周りにフィードバックコンポーネントがないことを意味します。
フィードバックチャネルまたはループがオープンであることを確認します。

オペアンプは、2つの入力間の電圧の差に排他的に応答します。
共通の電位ではなく、”差動入力電圧”と呼ばれる端子。 いつ
両方の端子に同じ電圧電位が供給され、出力はゼロです。 の利点
オペアンプはしばしばオープンループ差動利得と呼ばれ、によって表される

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *