効果的な製造文化:7つの習慣

産業界では男性専用エグゼクティブスイートのように、従来のトップダウン文化が消えなければならない時だという共感が高まっている。 製造業者は、硬直性の低い環境への移行を、人材の誘致と維持、問題解決能力の向上、競争力の強化、およびビジネスの成長を促進する方法と見なしています。 彼らはスタートアップの機敏さとミレニアル世代の考え方、そしてより賢くより速く仕事をするための継続的なニーズによって動機付けられている。

あらゆる規模の企業が変化の影響を受けています。 三星電子は3月、売上不振と業績悪化を挽回するという目標で、「文化的変化」に乗り出した。 変化が生産現場にまで広がることを期待する。 同社は声明の中でロイター通信に対し、「当社は、当社の企業文化を変え、スタートアップ企業と同じように迅速に実行し、オープンなコミュニケーションを推進し、継続的なイノベーションを目指すことを目指している」と述べた。

三星(サムスン)のような伝統的で階層性の高い韓国企業が、柔軟で協業的な生産文化を育てることができるかどうかは未知数だが、他の企業はそのようにして補償を受けているという分析が出ている。

このような状況に陥った企業の1つは、MBXSystemsです。MBXSystemsは、ソフトウェア開発者が世界中のエンドユーザーにパフォーマンス最適化されたビジネスアプリケーションを送信できるようにする専門的なコンピュータサーバのプロバイダです。

多くの企業が相当な人材流出を経験している状況で、人員を4倍に増やし、生産現場の面積を8倍に増やし、94%の従業員定着率を記録した。 Fortune500の競合他社からビジネスを奪取し、混在の多い生産環境を最適化する同社の能力の大部分は、従業員がさまざまな革新を生み出してきたオープンで積極的な職場文化に起因する可能性があります。

生産現場のさまざまな場所から個人を集めることは、革新とコラボレーションを促進する可能性があります。 そのため、製造部門は隔月で問題解決ゲームのために機能横断チームを構成する。 最近のあるゲームでは、構成、QC、ドキュメント、アセンブリ、およびRMAの技術者がランダムにチームに分けられ、スパゲッティとテープで最大のスタンディングタワーを建設することに挑戦しました。

勧告を受け入れるというだけでは十分ではありません。 毎週、隔週、および毎月、さまざまな生産チームとのミーティングで、運用強化のための提案を積極的に検討する。 この継続的でオープンな議論は、従業員の仕事の満足度と収益の両方を高めることができるテクノロジーの進歩の扉を開きます。

ちょっとした機知で新鮮な考えを刺激することができる。 それが数年前に始まった利益創出構想で、予算削減の方法を職員に求めた状況だった。
経営陣が見返りを求めなければ、従業員の関与は困難です。 解決策は、利用可能なすべてのコミュニケーションチャネルを活用して、情報の発信、懸念事項の表明、作業努力の認定、およびビジネスエグゼクティブとのオープンなディスカッションを実現することです。

結局、各産業企業が文化を変えるためには、上から強力な推進力が必要だ。 伝統文化がしっかりと根付いている企業としては、変えるのは難しいかもしれない。

しかし、市場競争力の向上、雇用満足度の向上、現在の転職ブームの沈静化、さらにはよりダイナミックな職場環境を求める若い求職者の魅力を高めるのに役立つかもしれない。 これらは多くのメーカーが文化的改造を始める十分な理由です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *