製造元のEコマース: オンライン操作をセットアップするためのクイックスタートガイド

ヘンリー·フォードによって発明されたコンベヤーベルトは、自動車産業に革命をもたらしました。 ジェイコブ·デイビスとレヴィ·シュトラウスによって、世界はウールや繊維よりもタフなデニムを選ぶよう促されました。 Nike、Audi、Siemensは今、完全に自動化されたスマート産業ソリューションを改良している。

これらの大胆な経営陣は、従来の常識を覆し、産業界に真の革命をもたらした。

しかし、今日のB2B(Business-to-Business)クライアントは、B2Ceコマースに似たオンライン体験を期待しているため、製造業の急速な変化にもかかわらず、特にB2B分野の一部の製造業者はデジタルトランスフォーメーションの必要性に気付いていない可能性があります。

製造業者は消費者、卸売業者、流通業者が購買するために原材料で製品を作る事業だ。 その結果、製造業者のeコマースは製造業者と販売業者のためだけにカスタマイズされ、彼らの固有の要求に対応し、ビジネス手続きの改善を試みます。

2021年のPwCの調査によると、アメリカの製造業者の3分の2は、今後2年間にデジタルマーケティングと販売を展開することが「高い」または「非常に高い」優先事項であると回答しました。 この記事では、新しい消費者の期待からデジタルコマースの運営を管理するための重要なセットアップ手順まで、メーカー向けのeコマースについて詳しく説明しています。 業界のパイオニアの1人になりたい場合。

世界的な流行の結果、産業産業は大きな打撃を受けた。

重大なサプライチェーンの混乱と一般化された不確実性のため、製造業者は、より効率的な運用方法を探し、サードパーティから供給を求め、購入しました。 しかし、そのセクターはデジタルコマースへの大きな転換を経験しました。

実際、デロイトの2022年の調査によると、パンデミック以前のデジタル成熟度が高い企業は、パンデミック中にデジタル化を増やした企業と同様に、デジタル成熟度が低い企業よりも優位にあった。

BigCommerceのように構築済みのB2Beコマースソリューションがさまざまに利用可能な場合、開発プロセスをゼロから開始する必要はありません。 その代わりに、プレハブで必須のeコマース機能、ビジュアルデザインツール、プラグイン、および接続を使用してオンラインストアを作成できます。 これにより、プリローンチ時のコストと時間を節約できます。

最後に、Webサイトのアップグレード、デバッグ、および新しい拡張機能をサポートするスタンバイeコマースエージェントパートナーを必要とする場合があります。 しかし、B2B電子商取引プラットフォーム(BigCommerceなど)を選択すると、すでにそのプラットフォームに精通しており、設計、開発、SEOの要件をサポートできるパートナーや代理店のネットワークがかなりあります。

製造業の幹部の現状は興味深い。 レガシーシステムと「古いやり方」に依存し続けることができますが、その戦略はいつまで続くのでしょうか。

問題を自力で解決し、eコマースの道を歩む製造業者は、将来的にビジネスを証明し、収益性を高め、より良い顧客サービスを提供できるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *