ディーラーの懐疑的な見方がバイデンEVのプッシュに出会う

ジョー・バイデン大統領が米国で電気自動車 (EV) の生産を増やすという野心的な計画を発表したとき、多くの自動車ディーラーは懐疑的な見方を示しました。結局のところ、EV はより高価になる可能性があり、従来のガソリン車にはない特別なメンテナンスが必要になります。しかし、当初は疑問があったものの、ほとんどのディーラーは EV 革命に向けて準備を進めているようです。彼らは充電ネットワークに投資し、EV のサービス方法についてスタッフをトレーニングしています。さらに、ディーラーは現在、電気自動車に乗り換えた顧客にインセンティブを提供しています。これには、ローンの低金利やキャッシュバックの提供も含まれます。ディーラーが大統領の EV 推進を真剣に受け止めており、電気自動車への移行が現実のものとなるよう支援することを約束していることは明らかです。

ここ数週間、ジョー・バイデン大統領は、すべてのアメリカ人が気候変動との戦いに参加するよう行動を呼びかけてきました。これには、アメリカ人に電気自動車 (EV) への乗り換えを促すことも含まれます。大統領の計画は、全国の自動車ディーラーから懐疑的な見方をされていますが、多くはまだ EV を販売する準備をしています。

自動車ディーラーは、EV の推進について懸念を抱いています。場合によっては、ほとんどのドライバーにとって EV のコストが依然として高すぎ、EV が従来の自動車ほど信頼性に欠ける可能性があるという懸念があります。さらに、多くのディーラーは、従来の車と同じように値上げの可能性がないため、EV でどのように利益を上げることができるか確信が持てません。

ただし、多くのディーラーはまだ在庫にEVを提供する準備をしています。彼らは、競争力を維持したいのであれば、EV を提供する必要があることを理解しており、EV の技術と保守に関するスタッフのトレーニングに投資しています。また、EV の需要が期待どおりに増加すれば、それが彼らにとって良いビジネス チャンスになる可能性があることも理解しています。

EV に関するトレーニングや情報を提供するだけでなく、EV を購入した人にインセンティブを提供しているディーラーもあります。これらのインセンティブには、無料の充電ステーションや、サービスや部品の割引などがあります。さらに、一部の自動車メーカーは、ディーラーから EV を購入した人にリベートやその他のインセンティブを提供しています。

全体として、自動車ディーラーの間ではバイデン大統領の EV 推進に対して懐疑的な見方もあるが、その多くはまだ在庫に電気自動車を提供し、購入者にインセンティブを提供する準備をしている。このプッシュが、全国で電気自動車の採用を増やすという目標に成功するかどうかは、まだわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です