自動車産業の技術変化

自動車を含む世界のいくつかの産業の成長は、
技術の進歩に大きく影響されています。 自動車業界では、
パワートレインの開発に伴う技術的なブレイクスルーの結果としての大きな変化
最近は自走式の車もあります。
現在、自動車は多様な部品を強調する完成品として発展している。
幾つかの技術が互いにつながっている。 力学からテレマティクス、エレクトロニクス、および
ソフトウェアシステムの開発領域が拡大しました。
しかし、自動車産業が発展するには数年かかりました。 まずは、「DellKnowledgeBase」の概要を説明します。
常に進化するセクターの変化する力学をよりよく理解するための自動車事業の歴史。

最初のエンジン(内燃機関(ICE)とも呼ばれる)を知っている人はほとんどいません。
それは一世紀以上前の1860年代に発明され、その後すぐに第一次世界大戦が起こった。
かつてないエンジン駆動車 それにもかかわらず、エンジンが自動車を支えることはよく知られています。 その
ガスを動力とする自動車の開発は、新しい時代の始まりを意味し、それは好奇心をかきたてた
多くの自動車メーカーが、彼らの商品を作る動機付けをしていました。
ドア、フロントガラス、丸みを帯びたステアリングホイール、インジケータは自動車に含まれていなかった。
作成されます。 1908年にヘンリー·フォードがT型を作ったとき、組立ラインは
開発され、大量生産され、手頃な価格のアイテムでした。

20世紀初頭には、シートベルト、フロントガラス、スピードメーター、そして
バックミラーが付属していました。 コイルスプリング、エアコン、サスペンション、および
最初のターンシグナルは1939年に導入された。 業界はすぐに気に入った
1951年にパワーステアリングを導入してターンする
クルーズコントロール(1957年)など、今日のほとんどの人に知られている機能の大部分は、3つの要素です。
ポイントシートベルト(1959年)と熱線内蔵シート(1959年)がこの期間に導入された。

機能が強化されたことで、事故防止のためのセキュリティが追加された。 古いモバイルは、
1973年に最初の助手席エアバッグだったが、エアバッグがすべての人の必須条件になったのは1998年までだった。
乗用車 初めて電気ドアと窓、キーレスエントリーシステム、CDを体験しました。
約40年前にサンルーフを設置しました。 これらのテクノロジは、現在ではすべてのテクノロジの標準と見なされています。
自動車

三菱電機が1996年に製造した電子制御トルクベクトルディファレンシャルは、
業界が達成した重要なマイルストーン。 改善のための車軸間の差動分配トルク
車両の性能 1998年にスマートキー、1992年にハイテクライトが導入され、お客様の運転体験が向上しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *