インドからの乗用車輸出が前年比で15%増加し、マルチ・スズキ・インディアが2.5万台以上の出荷をリードした。産業団体SIAMの最新のデータによると、パッセンジャー車(PV)の総輸出数は、前年度の577,875台から662,891台に増加した。乗用車の出荷は413,787台で10%増加し、同時期に貨物車の輸出は23%増の247,493台となった。しかし、バンの輸出は前年度の1,853台から1,611台へと減少している。

マルチ・スズキ・インディアは、過去1年間に255,439台のPVを輸出し、前年度の235,670台から8%増加した。同社は、ラテンアメリカ、東南アジア、アフリカ、中東、及び周辺地域など幅広い市場に輸出を行っている。 ヒュンダイ・モーター・インディアは、昨年度の海外出荷台数が153,019台となり、前年度の129,260台から18%増加した。同様に、キア・インディアは、期間中に世界市場に85,756台を輸出し、前年度の50,864台から大幅に増加した。日産自動車インディアは60,637台を、ルノー・インディアは34,956台を、大伏羅自動車は27,137台を、それぞれ昨年度輸出した。ホンダ・カーズ・インディアは22,710台を輸出し、マヒンドラ・アンド・マヒンドラは、昨年度に10,622台を貢献した。

Also Read:

Identity Theft Insurance market research report provides in-depth analysis of Identity Theft Insurance market size, its CAGR rate 12% for 2023 to 2030.

一方、昨年度の全自動車輸出は、前年度の561,735台から4,761,487台へと15%減少している。

インド自動車工業協会(SIAM)の書類によれば、「COVID-19の影響により、総体的に海外市場が減少したため、昨年度の全体的な減少は避けられなかった」と述べている。しかしこの13か月間、自動車業界は新しい輸出市場を探索するために積極的な姿勢を示し、航空輸送や海運の操作上の問題にも対処するため、主な海上物流会社と協力して取り組んだと説明している。

Also Read:

Electric Water Boilers Market Size with an expected CAGR value 11.5% for Period 2023-2030 offers crucial details on the market, including its definition, attributes, and segmentation.

近年、インドは自動車部品輸出の大きなセンターとなっており、海外の自動車メーカーからも注目を浴びている。加えて、同国の自動車市場が急速に成長しており、今後もパッセンジャー車の輸出において大きな成長が期待される。

In Other News Around the World:

Identity Theft Insurance market research report provides in-depth analysis of Identity Theft Insurance market size, its CAGR rate 12% for 2023 to 2030.

Electric Water Boilers Market Size with an expected CAGR value 11.5% for Period 2023-2030 offers crucial details on the market, including its definition, attributes, and segmentation.

By RRR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です