新しいアウディA8は、ブランド史上最もパワフルなEVとしてポジショニングされています。これは、Audiの新しいPPEプラットフォームを使用する最初のモデルの1つであり、前代未聞の性能と革新的な自動運転能力を備えています。

PPEプラットフォームは、より狭いターンインのために最大5度まで後輪ステアリングに対応できるだけでなく、電子制御の後輪差動装置によるトルクベクタリング特性の向上も可能です。これらの機能が新しいA8にも採用されることが期待されています。

しかし、その性能とダイナミックな性格だけでなく、新しいA8は自動運転能力の向上においても技術的に傑出しています。Grandsphereは、リトラクタブルなステアリングホイールとペダル、個別のサウンドシステムを備えた自動調整座席、多数のジェスチャー制御機能を備え、理論上のレベル4の自動運転能力に基づいて設計されました。一方、A8はより一般的な内装になりますが、最近のActivesphereコンセプトは、Audiが次世代EVの自動運転の飛躍的な進歩をもたらす計画を示しています。

「我々は情報を過負荷にしたくない」とAudiユーザーエクスペリエンス担当のSid OdedraはAutocarに語っています。これは、スフィアコンセプトが物理的なコントロールや伝統的なスクリーンに代わってセンサー制御やホログラフィックプロジェクションを使うということが現実になるのも近いと示唆しています。

「実際には、我々は少なくとも同じ、それどころかもっと大きなデジタル体験を、物理的なアーキテクチャを減らすことで提供するつもりです」とOdedraは新しいアウディのミニマリストなインテリア処理について語りました。

新しいA8の発売はまだ未定ですが、自動運転技術がますます進化する中、注目を集めています。Audiが自動運転に関する目標を達成するために、新しいA8には多数の機能が盛り込まれ、大手自動車メーカーのなかでもトップクラスになることが期待されています。

In Other News Around the World:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です