タカタエアバッグのリコールが大規模

タカタエアバッグのリコールが大規模

自動車業界やその他の業界では、米国の数百万台の自動車に影響を与える大型エアバッグリコールについて、24社近くの製造会社が大騒ぎになっています。 日本のサプライヤーであるタカタ社の破片発射インフレーター部品が故障している可能性がある車両や、その中にあなたの部品が入っている場合の対応など、この問題に関してあなたが知るべきことは全てここにあります。

道路交通安全庁の最近の報告書によると、1590万個のエアバッグの故障が道路に残っているため、約5600万個のインフレータの交換作業は困難であることが明らかになりました。 研究によると、リコールされたエアバッグの70%以上が交換された反面、残りのインフレーターの半分近くが旧式または「本質的により接近しにくい」車両に設置されている。

2013年4月に高田さんが欠陥を発表したときには、6社しか関与していなかったが、今年6月にトヨタのリコールが行われ、欠陥のあるインフレータをどの車が使用したのか、さらには根本的な原因が何なのかさえほとんど分かっていないという高田さんからの新たな承認とともに、より多くの自動車メーカーが同一のリコールを行うようになった。 NHTSAは7月、フロリダ、ハワイ、アメリカ領バージン諸島などの高湿度地域で、除去された部品を回収し、高田に提出して評価を依頼した。

高田氏はまず、製造過程で推進薬の管理ミスや保管不足が原因で、金属製エアバッグのインフレータが内圧で破裂したと主張した。 事業は7月の湿度の高い気温のせいにし、その後のリコールを引き起こしました。

ロイター通信が調査した論文によると、高田氏は、腐食、溶接不良、さらには少なくとも1つのインフレータにこぼれたガムも原因だと主張しています。 同じ記録によると、タカタのメキシコ施設は2002年に許容基準の「6倍から8倍」の故障率、つまりエアバッグインフレータ100万台につき約6080個の故障部品を許可した。 同社の研究結果はまだ結論が出ておらず、NHTSAに公表されていない。

アメリカのホンダは、2021年1月9日に事故で死亡した2002年ホンダ合意のドライバーの死因は、タカタエアバッグインフレータの破裂によるものだとする声明を発表しました。 ホンダによると、米国のホンダ車の高田インフレーター破裂に関連した死亡は、これで16人目となる。 また、高田インフレーターの結果、ホンダの乗客に200人以上のけががありました。
ホンダは2011年4月からリコールされており、衝突事故で死亡したのは同協定の登録所有者ではないと述べた。 ホンダはまた、2001年から2003年にかけての旧型ホンダとアキュラの車の所有者に対し、エアバッグの故障の可能性があるため、車を店に持っていくように求めていると述べました。 この発表は、NHTSAとアメリカのホンダの共同調査の後に行われました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *