ミシュランは、インドで乗用車用タイヤの現地生産を検討しているとの報道がある。2020年に導入された輸入制限により、同社のインドにおける業務は低迷しているため、この動きは同社にとって助けになる可能性がある。現在、ミシュランはパフォーマンス志向のモデル向けに、プレミアムで数量限定の大型タイヤのみを販売している。ミシュランの最高経営責任者であるフロラン・メナゴーは、「インフラが急速に発展する素晴らしい発展途上市場」としてインドを見ていると述べた。

ミシュランは現在、トラックやバス用ラジアルタイヤでインドに進出している。クレルモン・フェランを拠点とする同社は、インドではパフォーマンス志向のモデル向けに限定的な数のプレミアム大型タイヤのみを販売している。2020年、政府は新しい自動車、バス、トラック、オートバイ用タイヤの一部の輸入制限を導入し、国内生産を促進する措置を取った。現在、タイヤメーカーは限定輸入許可書の下で、わずかなタイヤしか輸入できない。それ以前はできたが、2020年以降はできなくなった。

Also Read:

Reusable Straws Market Forecasted from 2023 – 2030 Growing at a CAGR of 10.4% with Cumulative Impact of Russia Ukraine war and Covid 19 Pandemic

メナゴーCEOは、グループがインドの現地生産に投資することを熱望していると語り、「旅客車両の製造能力に投資する意味が出てきた時点で、投資する意味がある」と話した。「世界中に拠点があるため、地域別の投資オプションを慎重に評価する必要がある」とも付け加えた。新しい投資の時間枠について尋ねられたとき、メナゴーCEOは「現在、進行中の段階です」と述べた。

メナゴーCEOは、インフラが急速に発展している発展途上市場としてインドを見ており、適切なインフラが整備されることで、車両の速度が向上し、同社の技術の有用性がさらに高まると述べた。ミシュランは現在、チェンナイに生産施設を持ち、年間30,000トン以上の生産能力をもつラジアルトラック/バスタイヤおよび国防タイヤを製造している。同社はまた、パートナーを通じて二輪車用タイヤを製造している。政府がインドの輸入タイヤに制限を課したことについて、メナゴーCEOは、同社が事業を拡大する過程にあったため、少し失望していると述べた。同CEOは、「輸入を出発点にしてある程度のボリュームに達するまで、いたるところでビジネスを行う伝

Also Read:

The projected CAGR value of 11.1% for the Painting Software market from 2023 to 2030 is highlighted in the report, which also includes company profiles and market share analysis to determine its scope and size.

In Other News Around the World:

Reusable Straws Market Forecasted from 2023 – 2030 Growing at a CAGR of 10.4% with Cumulative Impact of Russia Ukraine war and Covid 19 Pandemic

The projected CAGR value of 11.1% for the Painting Software market from 2023 to 2030 is highlighted in the report, which also includes company profiles and market share analysis to determine its scope and size.

By RRR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です