製造企業の将来性の再構築

KaeserKompressorenと同じように、工業製造業者が通常の生産物-納品物-修理業者のポジションをどれだけ早く超えているかを理解するために、それを参照してください。 長年にわたって行われてきたように、Kaeserは国際市場向けのコンプレッサーの設計と製造を続けています。 SigmaAirUtilityのようなサービスでは、クライアントの代わりにコンプレッサーの設置、設置、稼働、保守を行い、ユーザーが消費する空気に固定料金を支払うことで、レパートリーや商業的視野の拡大も模索している。これが起きている間、KaeserはInternetofThings(IoT)に接続された機器から提供されたデータを受け取り、予測メンテナンスを評価し、その中でも製品の改良や改良に影響を与える情報を含むエンジニアリング設計を行います。 この戦略的な焦点は、スマートでコネクテッド、オーダーメイド型の商品に基づいて構築された結果ベースのサービスにある。Kaeserのようなメーカーにとって、2つの要因が動機となっている。 まず第一に、より多くの消費者がそれを気に入っています。第二に、うまくやれば非常に持続的に利益が出るかもしれない。 ある研究によると、スマートデバイス/インテリジェンスが組み込まれた商品の産業生産者の平均利益率は34%であり、その他の商品の平均利益率は29%である。業界4.0の機能は、製造業者がスマート製品を基盤とした成果物基盤サービスに転換する際に、現場の実際の製品の実際の使用データにアクセスできるようにすることで、エンジニアリングに必須の新しい次元を追加します。 これにより、寸法超過と寸法不足の両方を防止し、現場のパフォーマンス要件により適した製品を作成することができます。 生産者は結果ベースのサービスにおいてリスクの増加を想定しているため、これは重要です。 さらに、Industry4.0の機能により、エンジニアリング設計の協力と統合が強化され、センサーデータとインサイトが組織内だけでなく、サプライヤや消費者を含むバリューチェーン全体に簡単に流れるようになります。 ここで実際にお話ししているのは、エンドツーエンドのエンタープライズ規模のインテリジェンスです。ここでは、接続された資産、製品、および工場からのリアルタイムデータと洞察がシームレスに流れ、今日の産業のお客様が必要としている種類の商品とサービスを提供しながら、バリューチェーン全体が収益性の目標に向かって作業できるようにします。 1.エンジニアリング設計をエンドユーザーの近くに配置し、製品の使用方法やエンドユーザーが製品に期待するものをよりよく理解できるようにします。今日のエンドユーザーは、従量課金制と使用ベースのサービスを備えた、スマートで構成可能な製品を求めています。 製造元は、実際の使用データに基づいてクライアント要件を特定し、設計と製造を適切な規模で適応させることができる場合に、エンドユーザーの期待に応えるための設備が整っています。 2.製造性を考慮した設計プロセスを簡略化します。 Industry4.0デジタルツールの可能性により、ビジネスのエンジニアリング側と生産側の間、および運用全体の間の摩擦を最小限に抑えることができ、製造企業にとって非常に魅力的です。組織とその顧客の成果は、通常、手順、ワークフロー、および目標について、ビジネスのさまざまな側面の間でより大きな連携と理解がある場合に、はるかに優れています。

プロトタイプ

プロトタイプとは、アイデアまたはアイデアをテストするために設計された製品の試作サンプル、モデル、またはリリースのことです。これは意味論、デザイン、電子工学、電子工学などいくつかの分野で使われるフレーズです。ソフトウェア開発 プロトタイプは通常、システムアナリストとユーザーが新しい製品を評価するために使用します。精度を上げるためにデザインするプロトタイピングは、理論的なシステムではなく、実際の機能的なシステムの要件を提供します。特定の設計ワークフローモデルでは、プロトタイプ(マテリアライズドとも呼ばれる)を作成することが、概念の形式化と評価の間の段階。プロトタイプは、「プロトタイプ」の導出のように、あらゆるものの典型的な例を参照することもできます。 これはですね受け入れられていると見なされる項目、行動、考えを認識するのに役立つフレーズ標準的で、ステレオタイプや原型のような用語に似ています。 種類概念実証プロトタイプは、提案された機能の特定の機能を検証するのに役立ちます。設計は、通常は最終製品のすべての機能を欠いていますが、実用的なプロトタイプは、最終的な製品の能力のすべてまたはほぼすべてを表します。ビジュアルプロトタイプは、提案されたデザインのサイズと外観を示しますが、機能していません。 Aフォーム研究プロトタイプは、デザインの幾何学的要素を強調する一種の視覚的プロトタイプである色や質感などの最終的な外観にはあまり関心がありませんでした。ユーザーエクスペリエンスのプロトタイプは、製品の外観と機能を十分に活用できるように表現しています。ユーザー調査。紙のプロトタイプは、ソフトウェア製品のユーザインタフェースを印刷または手描きで描画したものである。 そのようなプロトタイプは、初期のソフトウェア設計テストに広く使用されており、の一部として使用できます。ソフトウェアは、よりコストのかかる設計作業を行う前に、設計の決定を確認するために実地検証を行います。  プロトタイプは、定義上、最終的な製品との妥協点を反映していることを理解することが重要です。プロダクション·デザイン これは、”map-territoryリンクによるプロトタイプの固有の制限によるものです。デザイナーの才能と選択だけでなく、 プロトタイプは、正確ではなく制限された表現です。地図が非常に多くを反映する単純な抽象化であるように、”本物”最終製品の包括的な実際の領域、またはメニューは食事を描写しますが、すべての詳細をキャプチャすることはできません。実際に配達された食べ物さらに、プロトタイプの作成者は、次のような目的を達成するための意思決定と妥協を行います。コスト/時間の節約から、”Essential”と”vs”に対する設計の注意と実行に集中するまで“拡張”機能。 材料、方法、設計精度の変化により、プロトタイプが生産設計が健全であるにもかかわらず、正常に動作しない。逆に、むしろ直感に反して、プロトタイプは本番稼働中に十分に機能する可能性があります。プロトタイピングの材料と手順が生産を上回る可能性があるため、設計と結果が失敗する等価物。

世界10大産業自動化企業

IndustrialAutomation社は、機械を操作するために制御システムを採用し、特定のプロセスの完了 自動化機器を使用することで、労働消費量を削減します。一方、システムの品質、精度、および精度の向上に役立ちます。 自動化はで使用されます。力学、航空、水力学、コンピューターなどを含む多くの産業。IndustrialAutomationマシンは、作業のシンプル化に役立ち、それら(ロボット)は最も多くの時間で動作可能性があります。人間にはできない危険な状態。 だから彼らは出世したのだ。各部門 シーメンスはヨーロッパの大手エンジニアリング会社の一つだ。 この会社の主な事業内容は以下の通りです。インフラ、エネルギー、自動車、産業。 この会社は革新の代名詞だ。エンジニアリングの卓越性と信頼性。 Siemensはインフラストラクチャとエネルギーのパイオニアです。ソリューションだけでなく、産業オートメーションとソフトウェアも提供します。 ABBは、最先端のデジタルリンクを提供する世界有数の技術および自動化企業です。産業用機器とシステムを有効にした。 この会社はロボット工学の生産でよく知られています。 EmersonProcessManagementは、電気を専門とする米国の多国籍企業です。装備。 エマーソンは、産業、商業、および消費者産業にサービスを提供しています。 この組織は、業界の成長と発展を可能にする自動化サービスを提供しています。 RockwellAutomationは世界有数の産業オートメーション企業だ。 本社があるミルウォーキーには、世界80以上の場所にオフィスがあります。 この会社は…を専門としているアーキテクチャとソフトウェア。 SchneiderElectricはフランスの多国籍企業で、エネルギー管理とソフトウェアとハードウェアの両方を提供する自動化システム。 この会社の従業員数は16万人で、自動化システムを利用する HoneywellProcessSolutionsは、幅広いビジネスおよび消費財を製造しています。 このアメリカに拠点を置く企業は航空工学サービスを提供しています。

クイックプロトタイプからシリアルまで10社のオンライン製造企業
製造業

オンライン製造業が製造業界を変革しています。 確かなことがあったプロトタイプ、部品、または製品のデジタル製造サービスの開発ここ数年で大量から大量になった。これにより、世界中でより多くのデザイナー、エンジニア、クリエイティブが崩壊する可能性があります。これまで克服できなかった生産障壁。 同時に、オンライン製造業は成功を収めています。より多くのメーカーがより多くの消費者にサービスを提供するための道、オープンより多くの企業の新たな機会を増やす もしあなたがこれを読み返しているなら、あなたはあなたのアイデアの一部を製造したり試作したりしようとしている可能性が高い。あなたが既にそうしていること-あなたのプロセスでこの重要なポイントに到達したことをお祝いします!このリストは、サービスを提供する主要なオンライン製造企業を定義するために作成されました。デルのウィキファクトリ目標の一環として、オンデマンドで設計者、エンジニア、およびすべての製品またはアイデアを現実に引き出そうと努力しているハードウェアクリエイター。 ウィキファクトリーWikifactoryは、世界初の共同製造プラットフォームです。 これは一体何をするのですかつまり、提供されるサービスは、最終的なサービスの作成に役立つだけではないということです。品質保証のあるメーカーの製品または部品。 XometryXometryは、サービスが十分に開発された主要なオンデマンド製造システムの1つです。時間の経過とともに顧客の入札を評価することで、迅速な価格を提供することができます。 プロトラボProtolabsは1999年にオンライン射出成形事業と共に設立され、現在はに拡大している。CNCMachiningと3DPrintingが含まれます。 ハブ以前は3D印刷サービスのピアツーピアネットワークとして3Dハブと呼ばれていましたが、その後、Protolabsに買収され、サービスとしての製造プロバイダに変身した特注の部品で。 ジオミックGeomiqは2017年にロンドンでローンチされ、その後個人を支援するプラットフォームを開発している。品質チェックと品質管理を含むことによって、生産要求を満たす製造業者を見つけることにおいて質問が発生した場合にサポートを提供するカスタマーサポートスタッフ。 ストラタシスStratasysは、3D印刷機器の初期のパイオニア企業としてスタートし、30年にわたる知識をもたらしました。大きな顧客基盤を提供しています。 ウェールWeergは、3DプリンティングとCNCでより迅速なサービスを提供するために2016年にイタリアで設立されました。お客様のニーズを満たすために、さまざまな材料と仕上げに関する迅速な見積もりを無料で提供します。プロトタイピングと本番稼働のニーズ。 MFG1999年に設立され、オンデマンド製造業で最も古い組織の1つです。1,000社のサプライヤーのネットワークを持つ、米国市場において大きな存在感を持つ業界。 シェイプウェイ米国とオランダに生産施設を持つシェイプウェイは、高品質の3Dプリンティング製品と部品をB2C注文用に提供します。 プロト&行くプロト&Goはバルセロナに拠点を置くテクニカルセンターであるI-MASグループのプロトタイプ部門です。 イッツ目標は、消費者が24時間以内に見積もりを受け取ることで、応答時間を最小限に短縮することです。オンラインプラットフォームを使用しているかどうかを確認します。

コンピューターは未来の波である。

現代のコンピュータは、家庭、職場、企業、病院や学校などです。 現代文化はコンピュータに非常に依存しているので、多くの人がそれを見つけるそれらが下降するときに操作するのは難しい.。”コンピュータは、にとって不可欠なツールと見なされています。この依存の結果として、航海から娯楽まですべて。 最近のコンピュータは、以前のモデルよりも低価格で高速で小型化されています。 トランプ一組一部のコンピュータに搭載できます。 携帯やノートパソコンが可能な個人データアシスタントコンピューターは、時には”switch-lights”として知られており、ユーザーをモバイルにして、彼らが次の場所で操作できるようにします。設定範囲。 これらのシステムは、さまざまな接続オプションを提供し、有線上のデータにアクセスできます。ワイヤレスネットワークとローカルネットワークをサポートします。 ユーザーは、より便利で時間管理のメリットを享受できます。出来上がる。 将来のコンピュータは、1組のカードよりも小さく、次のカードよりも大幅に高速になると予測されています。現行モデル 彼らはペニー硬貨の大きさに縮小して、スマート”または専門家の知能、神経網パターン認識、または自然言語能力。これらの機能により、システムとのインターフェイスや大量のファックス,電子メール,インターネット,電話を含む多くのソースからのデータ。 ウェアラブルコンピュータ、DNAコンピュータ、仮想現実ガジェット、量子コンピュータ、光学コンピュータは、すでに明らかになっているコンピュータテクノロジーの最先端の用途のほんの一部。 将来、パソコンをつけることは可能ですか? ウェアラブルシステムが使用される可能性は非常に高い。将来的には、小型化、高性能化、および可能性の高いテクノロジによって、広範に拡張されている短時間で計算を完了できます。 がサポートするデータプロセッサを搭載したハンドルレスシステム外部表面に対するユーザーの身体はウェアラブルと呼ばれる。デバイスには、カメラ、タッチパネル、スクリーン、手首に取り付けられたものなど、多数のパーツが含まれる場合があります。キーボード、ヘッド摩耗ディスプレイなど、環境や状況を解決するために機能する技術の難点。 DNAを基にしたコンピューターは、従来のコンピューターとは大きく異なる機能を果たすことに。 DNAコンピューティングは、合成DNA鎖の分子のパターンで発見されたデータに依存するデータをシリコンチップに格納するのではなく、データをバイナリ表記(0と1)に変換し、実行することができます。2進数の計算。各ストランドは、この問題に対する潜在的な解決策を表しています。 可能なすべてのソリューションを組み込むには、ストランドのコレクションが作成されます。 DNAコンピューターは一連の化学プロセスを実行し、解を得るために全ての鎖の数学的計算を一度に模倣する

エリクソンが無限の宇宙でどのように価値を付加するか

近日中にすべてがワイヤレスになるという、途方もない動きの最前線で未来はエリクソンだ。 この点において、デルはモバイルネットワークのパイオニアとして頻繁に認識されています。デルは、国際標準およびオープンソースを使用するというコミットメントに揺るぎはありません。クラウド、エッジ、AI技術の導入を加速するエコシステム。NetZeroとより持続可能な未来への取り組みは、デルのあらゆる側面に深く浸透しています。第一次事業デルは、パフォーマンスとコストのリーダーシップのために、テクノロジーへの投資を続けています。 デルのポートフォリオは、改善·向上し、研究開発を強化しています。クラウドソフトウェアの戦略的なビジネスにより、お客様のネットワークは将来のニーズに対応できるようになりますが、デルが提供するサービス。しかし、市場や技術面でのリーダーシップは不十分だ。 私たちは倫理的にもリードしなければならない。我々は、我々の文化を強化し、より厳格かつ効果的なリスク管理を実施するための措置を講じてきた。そして会社全体に私たちの原則を深く浸透させています。 第一の優先順位はこれです。私たちの計画は、中核的なリーダーシップを維持しながら、エンタープライズ部門に拡大することです。 最初の企業や企業にプラスの影響を与えるワイヤレステクノロジの世代、5Gは現実のものです。社会のデジタル化のためのプラットフォーム これは、業界全体のパラダイムをリードする数十億ドルのチャンスです。価値を生み出す変化。 ワイヤレスエンタープライズソリューションを最初に導入します。 このような状況で、5Gの潜在的な機能が急浮上している。製造業、輸送業、物流業など多様な業種のユースケース。 市場をリードするCradlepointのワイヤレスWANとPrivateNetworksの堅牢な無線ポートフォリオの両方を使用します。ワイヤレスエンタープライズソリューションに含まれています。 Vonageの購入によって推進される第二の戦線は、新しいエコシステムと事業者に新たな重要な収益化の機会を提供する。 デルの目標は、シンプルなソリューションを活用することです。速度やレイテンシなどの5G機能を公開、消費、収益化するネットワークAPI。 この市場は、モバイルネットワークの商業化方法を根本的に変える可能性がある。お客様としての業界リーダーとのコラボレーションによって形作られています。オペレータは、次のようなネットワークAPIに加えて、かなりの潜在的な収益源から利益を得ることができます。購読料 デルの目標は、Ericssonのネットワークビジネスを変革することです。5Gをプラットフォームビジネスとして活用するワイヤレス技術の開発の最前線今までで最も強力な革新プラットフォーム。 エリクソンが想像している世界は、自由な接続性が生活の質を高める世界だ。ビジネスを再想像し、持続可能な未来を創造します。 全てのことの核心は私たちの驚くべきことです。個人。 彼らは我々の計画を実行し、長期的な利害関係者の価値を提供するだろう。 デルが改革を進めるにつれて、ビジネスと私たちの部門、チームの能力、関与、献身が私たちの成功の鍵となるでしょう。

産業用ロボットの種類は何が多く、用途は何がありますか。
彼らのために?

産業用ロボットは、プロセスの自動化、作業者の安全性の向上、および推進のために多くの企業によって使用されています。廃棄物と運用コストを削減しながら、全体的な生産性を向上させます。 が増加している。産業として多様な用途や分野に適した多様な産業用ロボットの需要ロボットは生産環境でますます一般的になる。本稿では、市販されている産業用ロボットの多くの種類とその仕組みについて見ていく。動作し、どのセクターまたはアプリケーションで最も頻繁に使用されているかを確認します。 3つの線形軸とデカルト座標系(X、Y、Z)を使用する産業用ロボット3つの軸で直線的に動くことはデカルトロボットとして知られており、時には線形として知られているロボットまたはガントリーロボット(上下、内外、左右)。 選択的コンプライアンスアセンブリロボットアームまたは選択的コンプライアンス関節型ロボットアームSCARAという略称で呼ばれる。 SCARAロボットの3軸(X、Y、Z)運動は、回転運動と組み合わされている。 デカルトロボットに比べてSCARAロボットは通常、より速く動き、より簡単に統合されます。 関節ロボットの機械的な動きと配置は、人間の腕をよく模倣する。 aねじり継手は、アームをベースに取り付けるために使用されます。 を構成する回転ジョイントの数アーム自体は2~10の範囲にあり、それぞれが軸として機能し、範囲を増加させる動き。関節ロボットの大部分は4つか6つの軸を使っています。 円筒形ロボットの底部には回転節理があり、連結部は角柱節理で連結されている。 そのロボットは動く回転軸と延長アームによって円形の作業封筒を作ることができる垂直に、そして滑りやすく。 サイズが小さいため、円筒形のロボットは狭い場所で頻繁に使用されます。塗装、機械の手入れ、および小規模な組み立て作業のための場所。 パラレルロボットとしても知られるデルタロボットの3つのアームが、1つのベースに取り付けられています。作業スペースの上に位置しています。 エンドエフェクタの各関節は、すべての人によって直接制御されるため、ドーム型の作業台を持つデルタロボットは、3つのアームが柔らかく作動し、正確に高速で。 球形ロボットとしても知られている極ロボットは、2つのアームを持つベースを特徴としている。回転関節と1本の直線関節。 ロボットの軸が結合して極座標を生成し、を使用すると、球形のワークエンベロープを持つことができます。 業界初の産業用ロボットカテゴリの1つ作成されたのは極性ロボットです。 Cobotsは、Cobotsの中にいる人々と直接かつ安全に関わることができるロボットです。共有オフィス ピックアンドプレイス、パレット化、品質管理、機械の傾向が共通