プロトタイプ

プロトタイプとは、アイデアまたはアイデアをテストするために設計された製品の試作サンプル、モデル、またはリリースのことです。
これは意味論、デザイン、電子工学、電子工学などいくつかの分野で使われるフレーズです。
ソフトウェア開発 プロトタイプは通常、システムアナリストとユーザーが新しい製品を評価するために使用します。
精度を上げるためにデザインする
プロトタイピングは、理論的なシステムではなく、実際の機能的なシステムの要件を提供します。
特定の設計ワークフローモデルでは、プロトタイプ(マテリアライズドとも呼ばれる)を作成することが、
概念の形式化と評価の間の段階。
プロトタイプは、「プロトタイプ」の導出のように、あらゆるものの典型的な例を参照することもできます。 これはですね
受け入れられていると見なされる項目、行動、考えを認識するのに役立つフレーズ
標準的で、ステレオタイプや原型のような用語に似ています。

種類
概念実証プロトタイプは、提案された機能の特定の機能を検証するのに役立ちます。
設計は、通常は最終製品のすべての機能を欠いていますが、
実用的なプロトタイプは、最終的な製品の能力のすべてまたはほぼすべてを表します。
ビジュアルプロトタイプは、提案されたデザインのサイズと外観を示しますが、機能していません。 Aフォーム
研究プロトタイプは、デザインの幾何学的要素を強調する一種の視覚的プロトタイプである
色や質感などの最終的な外観にはあまり関心がありませんでした。
ユーザーエクスペリエンスのプロトタイプは、製品の外観と機能を十分に活用できるように表現しています。
ユーザー調査。
紙のプロトタイプは、ソフトウェア製品のユーザインタフェースを印刷または手描きで描画したものである。 そのような
プロトタイプは、初期のソフトウェア設計テストに広く使用されており、の一部として使用できます。
ソフトウェアは、よりコストのかかる設計作業を行う前に、設計の決定を確認するために実地検証を行います。 

プロトタイプは、定義上、最終的な製品との妥協点を反映していることを理解することが重要です。
プロダクション·デザイン これは、”map-territoryリンクによるプロトタイプの固有の制限によるものです。
デザイナーの才能と選択だけでなく、 プロトタイプは、正確ではなく制限された表現です。
地図が非常に多くを反映する単純な抽象化であるように、”本物”最終製品の
包括的な実際の領域、またはメニューは食事を描写しますが、すべての詳細をキャプチャすることはできません。
実際に配達された食べ物
さらに、プロトタイプの作成者は、次のような目的を達成するための意思決定と妥協を行います。
コスト/時間の節約から、”Essential”と”vs”に対する設計の注意と実行に集中するまで
“拡張”機能。 材料、方法、設計精度の変化により、プロトタイプが
生産設計が健全であるにもかかわらず、正常に動作しない。
逆に、むしろ直感に反して、プロトタイプは本番稼働中に十分に機能する可能性があります。
プロトタイピングの材料と手順が生産を上回る可能性があるため、設計と結果が失敗する
等価物。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *