産業用ロボットの種類は何が多く、用途は何がありますか。
彼らのために?

産業用ロボットは、プロセスの自動化、作業者の安全性の向上、および推進のために多くの企業によって使用されています。
廃棄物と運用コストを削減しながら、全体的な生産性を向上させます。 が増加している。
産業として多様な用途や分野に適した多様な産業用ロボットの需要
ロボットは生産環境でますます一般的になる。
本稿では、市販されている産業用ロボットの多くの種類とその仕組みについて見ていく。
動作し、どのセクターまたはアプリケーションで最も頻繁に使用されているかを確認します。

3つの線形軸とデカルト座標系(X、Y、Z)を使用する産業用ロボット
3つの軸で直線的に動くことはデカルトロボットとして知られており、時には線形として知られている
ロボットまたはガントリーロボット(上下、内外、左右)。

選択的コンプライアンスアセンブリロボットアームまたは選択的コンプライアンス関節型ロボットアーム
SCARAという略称で呼ばれる。 SCARAロボットの3軸(X、Y、Z)運動は、
回転運動と組み合わされている。 デカルトロボットに比べてSCARAロボットは
通常、より速く動き、より簡単に統合されます。

関節ロボットの機械的な動きと配置は、人間の腕をよく模倣する。 a
ねじり継手は、アームをベースに取り付けるために使用されます。 を構成する回転ジョイントの数
アーム自体は2~10の範囲にあり、それぞれが軸として機能し、範囲を増加させる
動き。関節ロボットの大部分は4つか6つの軸を使っています。

円筒形ロボットの底部には回転節理があり、連結部は角柱節理で連結されている。 その
ロボットは動く回転軸と延長アームによって円形の作業封筒を作ることができる
垂直に、そして滑りやすく。 サイズが小さいため、円筒形のロボットは狭い場所で頻繁に使用されます。
塗装、機械の手入れ、および小規模な組み立て作業のための場所。

パラレルロボットとしても知られるデルタロボットの3つのアームが、1つのベースに取り付けられています。
作業スペースの上に位置しています。 エンドエフェクタの各関節は、すべての人によって直接制御されるため、
ドーム型の作業台を持つデルタロボットは、3つのアームが柔らかく作動し、
正確に高速で。

球形ロボットとしても知られている極ロボットは、2つのアームを持つベースを特徴としている。
回転関節と1本の直線関節。 ロボットの軸が結合して極座標を生成し、
を使用すると、球形のワークエンベロープを持つことができます。 業界初の産業用ロボットカテゴリの1つ
作成されたのは極性ロボットです。

Cobotsは、Cobotsの中にいる人々と直接かつ安全に関わることができるロボットです。
共有オフィス ピックアンドプレイス、パレット化、品質管理、機械の傾向が共通

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *