世界10大産業自動化企業

IndustrialAutomation社は、機械を操作するために制御システムを採用し、特定のプロセスの完了 自動化機器を使用することで、労働消費量を削減します。一方、システムの品質、精度、および精度の向上に役立ちます。 自動化はで使用されます。力学、航空、水力学、コンピューターなどを含む多くの産業。IndustrialAutomationマシンは、作業のシンプル化に役立ち、それら(ロボット)は最も多くの時間で動作可能性があります。人間にはできない危険な状態。 だから彼らは出世したのだ。各部門 シーメンスはヨーロッパの大手エンジニアリング会社の一つだ。 この会社の主な事業内容は以下の通りです。インフラ、エネルギー、自動車、産業。 この会社は革新の代名詞だ。エンジニアリングの卓越性と信頼性。 Siemensはインフラストラクチャとエネルギーのパイオニアです。ソリューションだけでなく、産業オートメーションとソフトウェアも提供します。 ABBは、最先端のデジタルリンクを提供する世界有数の技術および自動化企業です。産業用機器とシステムを有効にした。 この会社はロボット工学の生産でよく知られています。 EmersonProcessManagementは、電気を専門とする米国の多国籍企業です。装備。 エマーソンは、産業、商業、および消費者産業にサービスを提供しています。 この組織は、業界の成長と発展を可能にする自動化サービスを提供しています。 RockwellAutomationは世界有数の産業オートメーション企業だ。 本社があるミルウォーキーには、世界80以上の場所にオフィスがあります。 この会社は…を専門としているアーキテクチャとソフトウェア。 SchneiderElectricはフランスの多国籍企業で、エネルギー管理とソフトウェアとハードウェアの両方を提供する自動化システム。 この会社の従業員数は16万人で、自動化システムを利用する HoneywellProcessSolutionsは、幅広いビジネスおよび消費財を製造しています。 このアメリカに拠点を置く企業は航空工学サービスを提供しています。

クイックプロトタイプからシリアルまで10社のオンライン製造企業
製造業

オンライン製造業が製造業界を変革しています。 確かなことがあったプロトタイプ、部品、または製品のデジタル製造サービスの開発ここ数年で大量から大量になった。これにより、世界中でより多くのデザイナー、エンジニア、クリエイティブが崩壊する可能性があります。これまで克服できなかった生産障壁。 同時に、オンライン製造業は成功を収めています。より多くのメーカーがより多くの消費者にサービスを提供するための道、オープンより多くの企業の新たな機会を増やす もしあなたがこれを読み返しているなら、あなたはあなたのアイデアの一部を製造したり試作したりしようとしている可能性が高い。あなたが既にそうしていること-あなたのプロセスでこの重要なポイントに到達したことをお祝いします!このリストは、サービスを提供する主要なオンライン製造企業を定義するために作成されました。デルのウィキファクトリ目標の一環として、オンデマンドで設計者、エンジニア、およびすべての製品またはアイデアを現実に引き出そうと努力しているハードウェアクリエイター。 ウィキファクトリーWikifactoryは、世界初の共同製造プラットフォームです。 これは一体何をするのですかつまり、提供されるサービスは、最終的なサービスの作成に役立つだけではないということです。品質保証のあるメーカーの製品または部品。 XometryXometryは、サービスが十分に開発された主要なオンデマンド製造システムの1つです。時間の経過とともに顧客の入札を評価することで、迅速な価格を提供することができます。 プロトラボProtolabsは1999年にオンライン射出成形事業と共に設立され、現在はに拡大している。CNCMachiningと3DPrintingが含まれます。 ハブ以前は3D印刷サービスのピアツーピアネットワークとして3Dハブと呼ばれていましたが、その後、Protolabsに買収され、サービスとしての製造プロバイダに変身した特注の部品で。 ジオミックGeomiqは2017年にロンドンでローンチされ、その後個人を支援するプラットフォームを開発している。品質チェックと品質管理を含むことによって、生産要求を満たす製造業者を見つけることにおいて質問が発生した場合にサポートを提供するカスタマーサポートスタッフ。 ストラタシスStratasysは、3D印刷機器の初期のパイオニア企業としてスタートし、30年にわたる知識をもたらしました。大きな顧客基盤を提供しています。 ウェールWeergは、3DプリンティングとCNCでより迅速なサービスを提供するために2016年にイタリアで設立されました。お客様のニーズを満たすために、さまざまな材料と仕上げに関する迅速な見積もりを無料で提供します。プロトタイピングと本番稼働のニーズ。 MFG1999年に設立され、オンデマンド製造業で最も古い組織の1つです。1,000社のサプライヤーのネットワークを持つ、米国市場において大きな存在感を持つ業界。 シェイプウェイ米国とオランダに生産施設を持つシェイプウェイは、高品質の3Dプリンティング製品と部品をB2C注文用に提供します。 プロト&行くプロト&Goはバルセロナに拠点を置くテクニカルセンターであるI-MASグループのプロトタイプ部門です。 イッツ目標は、消費者が24時間以内に見積もりを受け取ることで、応答時間を最小限に短縮することです。オンラインプラットフォームを使用しているかどうかを確認します。

仮想産業訪問: 新しいタイプの”オンサイトエクスペリエンス”

ステイシー·フィリップスは、アルバータ州グランデプレーリーにある天然ガス処理施設の中心部を歩いていた。カナダ、最近の朝。 彼女はSwagelokのフィールドエンジニアリングなどの多くのサイトを訪れていた。アメリカ大陸のマネージャーさんですが、今回の訪問は違ったんです。 普段は、彼女は次のように同行していた。流体システムと分析に関するさらなる視点を提供する他のいくつかのフィールドエンジニア彼女が検査するはずの設備は今日一人で工場に行った。しかし、彼女は安全に固定された拡張現実(AR)コラボレーションヘッドセットを着用しました。ヘルメットをかぶり、向こうから同僚の声がはっきり聞こえるようにした。彼女が見た全てのもののライブ映像を彼らに送っている間、彼女のイヤホンの中の世界。 クライアントのエクスペリエンスを向上させるためにテクノロジーを継続的に統合することは、長い間の基盤となってきました。Swagelokの継続的な改善戦略。 その結果、新型コロナウイルス感染症が流行する前から、社内の他のチームだけでなく、フィールドエンジニアリングチームもリモートの準備をしていました。以前の直接体験の提供 デルの革新的なコラボレーションテクノロジは、フィールドサービスを提供するだけでなく、Swagelokチームは、連携技術を通じて顧客満足度を高めるために努力している。 そのヘッドセットは、次の目的にも使用されます。 流体システムの仮想試運転、および設計とテストに関するアドバイス分析装置。 Swagelokの専門家は、重要な点で監視を行うことができます。お客様がミスを回避できるようにサポートする、流体システムの導入プロセスのフェーズ、長時間持続するアセンブリを統合します。 お客様企業の経営陣も参加しています。通常は観察できない操作をリモートで観察します。 重要な調達手順の仮想監視。 デルのコンプライアンスチームは、通常はオンサイトで作業する必要がある生産および出荷方法を確認するためのクライアントスワジロク工場を見学する お客様は、生産施設とフルフィルメント施設を仮想的に見学することができます。 デルの企業顧客訪問チームは、顧客が人々に会うための新しいアプローチを導入しています。Swagelok製品とサービスの背後にあるプロセスを観察するには、次のように説明します。現場ツアーガイドと一緒にスワジロクの施設を見学する機会。持続的に検索しているため、COVID-19が始まる前に仮想訪問を配置する計画だった。販売およびサービスセンターと、それらのサービスを提供するクライアントをよりアクセスしやすくする方法について。 私たちSwagelok本社を訪問した経験をすべてお客様に提供することができます。必要なビジネスミーティングと共に仮想施設ツアーを開催することで、ここでの完全な旅をスケジュールできます。デルは、より多くのお客様に同時に連絡できるようになり、世界中のお客様に連絡できるようになりました。現代技術。 仮想化によって、お客様との連絡を維持できることは間違いありません。COVID-19が流行している間に、世界中のお客様の基盤の下で、私たちはこれを楽観的に見ています。

の構築を成功させるためのグローバルな複雑さの管理
石油化学プラントメガプロジェクト

主要な石油化学プラント建設プロジェクトは、多くのグローバル企業の協力を必要としています。数年間にわたる厳密な計画、エンジニアリング、および開発の過程におけるサプライヤ。 一度莫大な支出が必要であるため、これらの大規模プロジェクトのリスクは高い所有者は特に安全で信頼性が高く収益性の高い事業に従事していることを暗示するスタート。 ●最近、アジアで270億ドル規模の石油化学大プロジェクトが完了したのもこのような状況だった太平洋地域。 22,000エーカーの複合施設は、この地域のニーズを満たす重要なサプライヤとして機能すると、30万バレルの原油を予定している今後数年間のエネルギー需要の拡大石油化学製品の1日当たりの生産量と年間7.7Mtの予想生産量。 このプロジェクトでは、システムの流動的な管理が重要であり、他のプロジェクトも同様です。 の最初のフェーズから設計から完成まで、製造に適した流体システムコンポーネントを選択し、適切なベンダーとのコラボレーションは重要な問題です。 複合体全体を通して、小さな穴がチューブとチューブの付属品は、基本的なユーティリティから、まで、何百もの化学的操作する危険な流体だけでなく、高圧や高温に関連するアプリケーションも含まれます。 用途バルブ、チューブ、フィッティングのような流体システム構成要素のための単一のソースの所有者が品質、一貫性、および安全性を維持しながら、次の条件を回避できるようにすることができます。サイト全体の複数の製造元のコンポーネントが混在している場合の危険性。 これらの各アプリケーションには、開発とエンジニアリングに特定のスキルが必要であり、いくつかのスキルが必要です。さまざまなエンジニアリング、調達、建設、および試運転(EPCC)ビジネスを対象としています。世間。 それも今の石油化学業界の大きな流れです。 パッケージは次のようになります。特に石油化学と製油所の業務に特化している。

プラントターンアラウンドを成功させるための7つのヒント

ターンアラウンドは、世界中の化学施設や製油所にとって重要な取り組みです。 これらの複雑なイベントには、複数のサプライヤから数百人の技術者が頻繁に参加している1つのシステム全体で、さまざまな重要なメンテナンス、改革、および更新タスクを実行するために一緒に使用します。または施設全体を同時に使用できます。 ターンアラウンドにはプロセスのダウンと出力の停止が含まれるため、最適な状態です。これらのプロジェクトを可能な限り迅速に完了するための所有者/所有者/所有者の利益。 さらに、長期的なターンアラウンドプロジェクトでは、請負業者がより長い期間オンサイトにいる必要があり、費用とリスク。 大規模な施設の場合は、何年も準備をし、大きな成果を上げる必要がある場合があります。オペレータ側の支出:ターンアラウンドが消費することは珍しくありません。組織の年間メンテナンス予算のかなりの額。 これらの理由から、不十分な管理されたターンアラウンドは、企業にとって大きな財政的損失をもたらす可能性があります。 信頼性の高いベンダーと早期に契約。 ターンアラウンドプランニングは、頻繁に行われる長いプロセスです。は、作業が開始される何年も前に開始します。その理由も十分にあります。 できるだけ準備をしておくことができるだけ。予期しないプロジェクトのリスクを回避するための支援。 機会の新しい領域を決定します。 ターンアラウンドの目的は、のすべての部分を返すことです。システムが最適な機能順序になるように、それらはさらにシステムを作る絶好の機会でもある信頼性とパフォーマンスの向上につながる可能性があります。 不測の事態に備えて身構えてください。 他のアプローチオペレータは、プロジェクト全体を維持することができる効率とは、ターンアラウンド中の不確実性と偶発性を可能にすることです。 現地サポートが利用可能であることを確認します。 しかし、予期せぬことが起こることもあるし、そうでない場合もあるかもしれません。必要なときに適切なコンポーネントを手元に用意しておいてください。 タイムリーな配信を確実に行うには、次のことを確認します。お客様のベンダーは、計画外のコンポーネントについて、プロジェクトの近くでローカライズされたサポートを提供できます。発生する可能性があります。 重要なコンポーネントの取り付けに注意してください。 に取り組んでいる技術者の数さまざまな企業から何百人もの労働者が出ている特定のターンアラウンドプロジェクトは驚くべきかもしれない世界中の専門家が参加しています。 その結果、インストールのレベルこれらの多くのプロバイダーの知識は、頻繁に変動します。 プレハブアセンブリを検索します。

オペアンプの基本

オペアンプ、略してop-ampは外部を含む電圧増幅装置である。出力端子と入力端子の間の抵抗やコンデンサなどのフィードバック成分。これらのフィードバックコンポーネントは、結果として得られるアンプの機能または動作を指示します。抵抗性、容量性、または両方を問わず、多数のフィードバック構成の長所であるアンプ“のモニタを生成し、さまざまな操作を実行することができます。動作可能アンプ”。2つの高インピーダンス入力を備えた3端子デバイスがオペアンプです。 そのインプットの反転は、マイナス記号またはマイナス記号で表され、入力の1つです(–)。 もう1つの入力は、Non-invertingInputと呼ばれ、正または”plus”記号(+)で表されます。3番目の端子はオペアンプの出力ポートを表します。オペアンプの出力ポートは、両方とも沈み込むことができます。電源電圧または電流。 線形オペアンプの出力信号は増幅です。増幅器利得(A)として知られており、入力信号の値に乗算され、次の要素があります。これらの入出力の性質に基づく4つの主要な種類のオペアンプゲイン信号。 オペアンプの出力電圧信号は、オペアンプに印加される信号の差である。二つのはっきりした意見 言い換えれば、op-amps出力信号は両者の差である。オペレーショナルアンプの入力段階が差動であるため、次に示すような入力信号アンプ 出力信号は入力信号と同様にバランスがとれており、コレクタ電圧はどちらか一方が振れるため、逆方向(反相)または同方向(同相)、出力電圧信号、2つのコレクタ間から取り出される2つのコレクタ電圧の差はゼロです。完全にバランスのとれた回路を想定しています。 動作アンプのインピーダンス出力も低い(ただし、差動出力を持つものもある)共通のアース端子を参照し、共通モード信号を無視する必要があります。つまり、反転入力と非反転入力の両方に同じ信号が適用される場合、出力は変わらない。 ただし、実際の増幅器には常に多少のばらつきがあり、出力の変化の割合もあります。コモンモード入力電圧の変化に対する電圧はコモンモード拒否として知られている比率、または略してCMRR。オペレーショナルアンプは、それ自体が非常に高いオープンループDCゲインを持ち、何らかの方法を使用することによって、負のフィードバック、精度の高いゲインを持つオペアンプ回路を作成する場合があります。利用されるフィードバックに完全に依存する特性。 注意すべき点は、フレーズ”openloop”は、アンプの周りにフィードバックコンポーネントがないことを意味します。フィードバックチャネルまたはループがオープンであることを確認します。 オペアンプは、2つの入力間の電圧の差に排他的に応答します。共通の電位ではなく、”差動入力電圧”と呼ばれる端子。 いつ両方の端子に同じ電圧電位が供給され、出力はゼロです。 の利点オペアンプはしばしばオープンループ差動利得と呼ばれ、によって表される

MOSFETの概要

世界を変えたイノベーションはトランジスタです これらはいずれも半導体デバイスである。電気的に制御されるスイッチや信号増幅器として機能する。 トランジスタはさまざまな種類に存在する。形式、サイズ、デザインは、常に2つの基本的なグループに分類されます。これらは次のとおりです。電界効果トランジスタ(FET)およびバイポーラ接合トランジスタ(BJT) BJTとFETには大きく2つの違いがあります。 一つ目の違いは、両方とも多数派であるということです。および少数電荷キャリアは、BJTの現在の伝導に責任がありますが、過半数の電荷キャリアはFETに関与しています。もう一つの重要な違いは、BJTは基本的に電流制御装置であるということである。トランジスタのベースの電流が間を流れる電流量に影響を与えることを意味します。コレクタとエミッタ。 ゲートの電圧(BJTのベースと同等のFETの端子)は、FETの場合、他の2つの端末間の電流フローに影響を与えます。 FETはさらに次のように分類されます。接合電界効果トランジスタまたはJFETMOSFET(金属酸化物半導体電界効果トランジスタ FETトランジスタの1つの形態は、MetalOxideSemiconductorFieldEffectTransistor(MOSFET;金属酸化物半導体電界効果トランジスタ)です。これらのトランジスタのゲート端子は電流伝達から電気的に分離されているため、チャネル、これらはInsolatedGateFET(IG-FETされます。 MOSFET入力抵抗は、ゲート端子とソース端子の間の絶縁によって非常に高い(しばしばの範囲で)1014オーム)。 ゲート端子に電流が流れない場合、JFETと同様にMOSFETが電圧として機能します。調節抵抗器 ソース端子とドレイン端子の間のチャネルを流れる電流は、ゲート端子の適度な電圧によって制御されます。 MOSFETトランジスタは大きく置き換えられました。近年の電子回路アプリケーションにおけるJFETトランジスタ。 MOSFETはBJTと比較するとトランスコンダクタンスが非常に低く、これは電圧ゲインを意味します。小さくなります。 その結果、MOSFET(およびそのためのすべてのFET)がアンプに使用されることはほとんどありません。回線。 しかし、Nチャネルエンハンスメントを採用したシングルステージ「クラスA」増幅回路を見てみましょう。MOSFET。 共通の送信元設定を持つNチャネル拡張モードMOSFETは、 最もよく利用される増幅回路タイプ。 JFETアンプはデプレッションモードに非常に似ています。MOSFETアンプ。 MOSFETは、マイクロプロセッサのようなデジタル集積回路によく見られます。 計算機はこの用語を使用します。

サイリスタの基本

サイリスタは、さまざまな電気機械におけるソリッドステートスイッチングデバイスとして重要な役割を果たします。無停電電源装置などの家庭用品から工業用品に至る電気設備電源およびモーター制御装置。従来の電力制御方法には、可変タップ切替変圧器、シャント、および可変電圧を段階的に供給するシリーズレギュレータです。 しかし、これらはいずれもコスト効率に優れ、非効率的な。 その後、磁気増幅器はより信頼性の高い静電力調整を提供するように考案されました。ただし、コントローラのバルク性と低効率性のため、これらは特定のものに限定されます。アプリケーション。 ●電気技術を活用した電力規制は、温熱·ガスの導入から始まった吐出弁 水銀アーク変換器、サイラトロン、イグニトロンがこれらの装置の例です。サイラトロンはガスで満たされた三極体で、特に高電流のスイッチングに役立ちます。半導体技術の急速な進歩により、電子回路の小型化はその結果、多くの産業でパワーダイオードとパワートランジスタを採用したアプリケーション。新しい製造技術の傾向により、ガス管と同様の特性を持つサイリスタが生成されたサイラトロン サイリスタという名前は、サイラトンという2つの単語の組み合わせに由来しています。トランジスタ これらのサイリスタは、さまざまな用途に幅広く採用されています。信頼性の向上、温度性能の向上、および製造コストの削減。ゼネラル·エレクトリック社は1957年に最初のサイリスタ·プロトタイプを発表した。 その時から、一緒に製造の進歩と幅広い産業用途への適合性、その他同等の機能を持つデバイスはサイリスタファミリー内で作成されています。この装置の基本材料はシリコンであるため、シリコン制御整流器として知られている。(SCR)。しかし、SCRはサイリスタファミリーの中で最も古いメンバーであると広く考えられている。 サイリスタは、多くの場合、3端子の4層(交互のP型およびN型材料)デバイスです。調整可能な整流回路に採用されています。 これらの端子は、陽極、陰極、およびゲート。アノードとカソードの2つの端子は負荷と直列に接続され、ゲート端子を介して電流が流れる。サイリスタは、最大1KVの高いエネルギーレベル(電圧および電流)に耐えることを目的としています。100A.定格の高いSCRであっても、低電圧電源で切替または制御可能(約10)Wおよび1A)。 その結果、SCRまたはサイリスタは優れた制御機能を備えています。 サイリスタは、より高い定格の交流制御アプリケーションに一般的に使用されます。スイッチング速度が速く、電力処理能力が優れているため、電圧と電流を節約できます。 そのサイリスタの平均出力電力は、サイリスタの適切なゲート信号によって調整される。 また、サイリスタが順バイアスされると、遅延ゲート信号が出力位相を生成することができる統制する。 この位相制御性によって生成される平均電圧は、非制御整流器によって提供される電圧よりも小さいことがあります。

16種類のコンピュータポートとその用途

コンピュータポートは、コンピュータとその周辺機器との接続ポイントまたはインターフェイスです。デバイスを表示します。 マウス、キーボード、モニタまたはディスプレイユニット、プリンタ、スピーカー、フラッシュドライブなど一般的な周辺機器の例コンピュータポートの主な役割は、接続ポイントとしての役割を果たすことです。接続ポイントでは、Peripheralを接続し、デバイスとの間でデータを送受信できます。コンピュータポートは、通信を容易にするため、通信ポートと呼ばれることもあります。コンピュータとその周辺機器との間で接続します。 接続の女性側の端は、一般的に次のようになります。ポートと呼ばれ、通常はマザーボード上にあります。コンピュータの通信ポートは、タイプまたはプロトコルに基づいて2種類に分類されます。通信に使用されます。 ポートにはシリアルとパラレルの2種類があります。シリアルポートは、シリアルプロトコルを使用して周辺機器を接続できるインターフェイスです。には、単一の通信回線を介して一度に1ビットずつデータを送信する機能があります。 DサブミニチュアまたはDサブRS-232信号を送信する接続は、シリアルポートの最も一般的な形式です。一方、パラレルポートは、でデータが送受信されるインターフェイスです。コンピュータとその周辺機器との間の2つ以上の通信回線またはケーブルを利用する並列device。パラレルポートはその例です。 IBMは、マウスとキーボードを接続するためにPS/2接続を作成しました。 PS/2およびUSB経由の通信はシリアルですが、シリアルポートという名前は、はRS-232標準と互換性があります。 DB-25は、RS-232シリアル通信の初期インターフェイスであったDサブコネクタバリエーションです。 DE-9はプライマリシリアル通信ポートです。 パラレルポートは、コンピュータとプリンタなどの外部デバイス間の通信リンクです。 オーディオポートは、スピーカーまたはその他のオーディオ出力デバイスをコンピュータにリンクします。 ステレオヘッドホンやサラウンドサウンドチャンネルを接続するのに最も人気のあるオーディオポートです。 Sony/PhillipsDigitalInterfaceFormat(S/PDIF)は、ホームメディアオーディオ接続です。 多くのコンピュータ、プロジェクタ、ビデオカード、およびハイデフィニションTVにはVGAポートが搭載されています。 DVIは、コンピュータなどのディスプレイコントローラを接続する高速デジタルインターフェイスです。モニタなどの表示デバイス。 AppleはMini-VGAコネクタの代わりにMini-DVIポートを作成し、物理的には一つと同じ 名前の通り、Micro-DVIポートはMini-DVIコネクタよりも物理的に小さく、デジタル信号しか送らない。 DisplayPortはデジタルディスプレイインターフェイスで、複数のチャネルのオーディオやその他のチャネルを伝送できます。データ。 Appleは、DisplayPort(mDPまたはMiniDP)の小型バージョンであるMiniDisplayPortを作成しました。 RCAコネクタは、3本のワイヤを介してコンポジットビデオおよびステレオオーディオデータを転送できます。

コンピューターは未来の波である。

現代のコンピュータは、家庭、職場、企業、病院や学校などです。 現代文化はコンピュータに非常に依存しているので、多くの人がそれを見つけるそれらが下降するときに操作するのは難しい.。”コンピュータは、にとって不可欠なツールと見なされています。この依存の結果として、航海から娯楽まですべて。 最近のコンピュータは、以前のモデルよりも低価格で高速で小型化されています。 トランプ一組一部のコンピュータに搭載できます。 携帯やノートパソコンが可能な個人データアシスタントコンピューターは、時には”switch-lights”として知られており、ユーザーをモバイルにして、彼らが次の場所で操作できるようにします。設定範囲。 これらのシステムは、さまざまな接続オプションを提供し、有線上のデータにアクセスできます。ワイヤレスネットワークとローカルネットワークをサポートします。 ユーザーは、より便利で時間管理のメリットを享受できます。出来上がる。 将来のコンピュータは、1組のカードよりも小さく、次のカードよりも大幅に高速になると予測されています。現行モデル 彼らはペニー硬貨の大きさに縮小して、スマート”または専門家の知能、神経網パターン認識、または自然言語能力。これらの機能により、システムとのインターフェイスや大量のファックス,電子メール,インターネット,電話を含む多くのソースからのデータ。 ウェアラブルコンピュータ、DNAコンピュータ、仮想現実ガジェット、量子コンピュータ、光学コンピュータは、すでに明らかになっているコンピュータテクノロジーの最先端の用途のほんの一部。 将来、パソコンをつけることは可能ですか? ウェアラブルシステムが使用される可能性は非常に高い。将来的には、小型化、高性能化、および可能性の高いテクノロジによって、広範に拡張されている短時間で計算を完了できます。 がサポートするデータプロセッサを搭載したハンドルレスシステム外部表面に対するユーザーの身体はウェアラブルと呼ばれる。デバイスには、カメラ、タッチパネル、スクリーン、手首に取り付けられたものなど、多数のパーツが含まれる場合があります。キーボード、ヘッド摩耗ディスプレイなど、環境や状況を解決するために機能する技術の難点。 DNAを基にしたコンピューターは、従来のコンピューターとは大きく異なる機能を果たすことに。 DNAコンピューティングは、合成DNA鎖の分子のパターンで発見されたデータに依存するデータをシリコンチップに格納するのではなく、データをバイナリ表記(0と1)に変換し、実行することができます。2進数の計算。各ストランドは、この問題に対する潜在的な解決策を表しています。 可能なすべてのソリューションを組み込むには、ストランドのコレクションが作成されます。 DNAコンピューターは一連の化学プロセスを実行し、解を得るために全ての鎖の数学的計算を一度に模倣する